× CLOSE

釣りにルーツを持つ新ブランド「D-VEC」のウェアがかっこいい件

アウトドアファションのニューカマー「D-VEC(ディーベック)」

「D-VEC」とは、2017年に釣り用品でおなじみの「ダイワ(DAIWA)」がスタートさせた日本発のアウトドアファッションブランドだ。

ダイワが長い間、フィッシングのフィールドで積み重ねてきた技術力や機能性をベースに、ファッショントレンドを融合させ、日常生活でも着られる高機能なファッションレーベルとして立ち上がった。

山系のアウトドアブランドが、”ファッション”としてデイリーユースのウェアに受け入れられているが、釣りから派生したブランドは珍しい。

しかも、イタリアで開かれるメンズファッションの世界的見本市「PITTI UOMO」にも出展するなど、ファッション性もかなり高く、アウトドアファンだけでなく、アパレル業界でも注目のブランドとなっている。

2019年、表参道ヒルズにオープンした旗艦店「D-VEC TOKYO EXCLUSIVE」の様子

注目ブランドのシャツをチェック!

今シーズン、トレンドになっているオープンカラーシャツを入手できたので、さっそくレビューしてみよう。

オープンカラーシャツ 画像出典:D-VEC公式サイト

まずはデザインを見ていく。

大ぶりで深めの開襟デザインが多いなか、「D-VEC」のシャツは小ぶりな開襟デザインを採用。これにより、大人で上品な雰囲気に仕上がっている。

着用イメージ。モデル162cm、着用サイズM、カラー:ホワイト

インナーにクルーネックのTシャツを着て、あえて首元から見えるようなコーディネートをしてみた。首元の素肌が見えるとカジュアル感が強くなるが、首元をしめることで少し上品な雰囲気になる。

着た印象としては、ボックスシルエットで胴回りがストンと落ちている。僕自身が小柄というのもあるが、ビッグシルエットな着こなしとなった。公式サイトにはジャストサイズで着こなしている着用カットがあるが、また違った雰囲気だ。

COOLMAX素材でドライな着心地をキープ

はおりもの感覚で前開きスタイルで着るのもおすすめ

素材にはCOOLMAXを採用。体から汗を吸い上げ素早く蒸散させてくれるので、涼しくドライな着心地を提供してくれる素材だ。汗をかいても乾きやすいので、この時期でもわりあいサラサラとした触感をキープできた。またシャツ自体も軽く、通気性もよいので、非常に着心地が軽い。綿のTシャツでは、汗を吸った生地自体が重くなりペタついて不快ということもあるが、このシャツはそれがなかった。

さらに、この生地、よく見るとわかるがリップストップ生地となっている。リップストップとは元々軍用で多く使用されている生地で、その耐久性の高さから、現在では実用性のあるものに改良され、さまざまなアウトドアやスポーツシーンで展開されている素材だ。

コードホール付きメッシュポケットも!

胸の裏側にはメッシュポケットがあり、イヤフォンなどを通せるコードホールもついている。

今後のラインナップが楽しみな「D-VEC」

「D-VEC」はアウトドアで長年培ってきたファンクションに、ファッションブランドとしての高いデザイン性も加わり、非常に”いま”らしいブランドと言える。

機能性の高い服がほしい人、街着できるアウトドアウェアがほしい人におすすめだが、純粋にデザインがよいので、シンプルにファッション好きにも手に取ってもらいたブランドだ。

日常的に使える高機能なデイリーウェアを標榜する「D-VEC」は、まだブランドがスタートして間もないが、アウトドアファンやファッション好きからの注目を集めることだろう。今後の展開から目が離せない。

アイテム詳細

オープンカラーシャツ

価格:17,000円+税
カラー:カーキ、ネイビー、ホワイト
サイズ;M、L、XL
素材;綿61%、ポリエステル39%
原産国:日本
詳細はこちら>>D-VEC公式サイト


  • この記事が気に入ったらcazual(カズアル)に いいね! / フォロー しよう

  • L.L.Bean公式ショップ

  • 登山グッズといえば好日山荘

  • キャンプアウドドアグッズ特集

  • アルペンでキャンプグッズを探そう

クラウドファンディングサイト「Fannova」

クラウドファンディングサイト「Fannova」

L-Breath

新着記事





PAGE TOP
COPYRIGHT © SHUFU TO SEIKATSU SHA CO.,LTD. All rights reserved.