× CLOSE

人とかぶらないロゴTシャツが欲しいなら「KARHU(カルフ)」がイチオシです!

「カルフ」がロゴを使ったTシャツコレクションをリリース

北欧はフィンランドのシューズブランド「KARHU(カルフ)」。100年以上の歴史を誇る老舗ブランドで、ここ数年、日本でも取り扱いが増え、注目度が高まっているブランドだ。

cazualでも何度か記事にしているが、今回は新たに登場するアパレルコレクションを紹介する。

「KARHU(カルフ)」の過去記事はこちら

1916年に設立して以来、長い歴史のなかでプロダクトには多くのロゴが使用されてきた。新たに登場するアパレルコレクションは、TシャツとロングスリーブTシャツをボディに使用し、カルフの異なる時代のユニークなロゴがグラフィックとしてプリントされている。

ブランドのシンボルとなるカルフのロゴ。「KARHU」とはフィンランド語で「クマ」を意味し、ブランドロゴもクマを象っている。

80年代中盤に使用していたロゴ。当時はカラフルで派手な柄のスポーツウエアが流行していた時代だった。今見ると、一周回って新鮮な印象。

70年代前半人気を博したスニーカー「Trampas(トランパス)」シリーズで使われていたロゴ。ダイナミックな動きをするクマが目を引くグラフィックだ。

レトロランニングスタイルのスニーカー「Albatrnss(アルバトロス)」は1982年にデビューし、瞬く間に人気モデルとなった。二羽のアホウドリのロゴは当時のテレビCMでも使われた。

カルフは、常に革新的なテクノロジーを追求しているブランドで、ランニングシューズ用の”エアークッション”ミッドソールを1976年に開発し、特許も登録している。ロゴデザインは、90年代前半にアップデートされたものだ。おもて面の胸元には、ブランドロゴの”クマ”が配されている。

カルフは、80年代にフィンランドのユヴァスキラ大学と協業し、ランニングシューズに使う”フルクラム”テクノロジーを開発。このテクノロジーはカルフのランニングシューズのコアテクノロジーで、現代のモデルにも採用されている。

KARHU APPAREL COLLETCION

サイズ:XS – XL(5サイズ展開)ポルトガル製
Tシャツ:4,500円+税
ロングスリーブT:5,000円+税

詳細はこちら>> http://japan.karhu.com/blog/karhulogo/


  • この記事が気に入ったらcazual(カズアル)に いいね! / フォロー しよう

  • キャンプアウドドアグッズ特集

  • アルペンでキャンプグッズを探そう

クラウドファンディングサイト「Fannova」

クラウドファンディングサイト「Fannova」

L-Breath

新着記事



PAGE TOP
COPYRIGHT © SHUFU TO SEIKATSU SHA CO.,LTD. All rights reserved.