× CLOSE

焚き火に強いアウトドアリビングで、冬キャンが1000倍楽しくなるサイト作り!

最小限に厳選!

冬キャンで焚き火を楽しむとき、最低限必要なものは?

もちろん燃料となる「薪」でしょうね。

買ってもいいし、流木や倒木を拾ってきてもいいから、とにかく燃料となる薪です。

次に「焚き火台」・・・?

焚き火台があれば便利ですが、直火OKなキャンプ場もあるし、荒野を好むキャンパーもいるので、必ずしも焚き火台が必要とも限らない。

でも確実に「火着けの道具」は必要ですね。

ライターなのか、トーチなのか、マグネシウムのファイヤースターターなのか、摩擦熱を起こす道具なのか、虫眼鏡なのか・・・。

ううむ・・・最小限と見出しで語っときながら、最小限に絞れきれなさそう・・・です。

でもこれがあれば、焚き火を囲んだ冬キャンサイトがカッコよく、楽しくなりそうなアイテムをなんとか3つご紹介!

 

焚き火に強いテーブル

「文化的な暮らしをしたいなら、テーブルとイスが必要だ」と何かの本で読んだことがあります。

荒野においてもテーブルとイスがあれば、十分文化的に暮らせると。

アウトドアリビングを充実させたいなら、まずはテーブルとイス。

しかも冬キャンで、焚き火が必須となるなら、火に強いアイテムを選びます。

そこでオススメしたいのが、ユニフレームの「フィールドラック ブラック」です。

なんとこちらのアイテムは、売り場面積約2,300坪を誇る日本最大級のアウトドアショップ、アルペン アウトドアーズ フラッグシップストア柏店において、2019年にもっとも売れたテーブル!

日本最大級のアウトドアショップで今年はコレが売れた! アウトドアテーブル販売トップ3

本来はラックとして使うアイテムですが、単体で使えばテーブルにもなるスグレモノ。

オプションの天板を加えれば、ウッドテーブルにも早変わり!

さっきまで火にかかっていたダッチオーブンなども直接置け、焚き火のそばで安心して使えるテーブルなのです。

ユニフレーム フィールドラック ブラック

 

焚き火に強いチェア

荒野においても文化的に暮らせるアイテムがテーブルのほかにチェアとなります。

焚き火のそばで使いたいなら、ロースタイルがいいですよね。

しかも爆ぜた火の粉で簡単に穴が開かないような、火の粉に強い帆布生地製のアイテムがやはりオススメ。

そこでご紹介するのが、DODの「タキビチェア」です。

焚き火好き必見!DODの「タキビチェア」をピックアップ

cazualでも発売前にご紹介させていただきましたが、軽量なアルミ製の「タキビチェア」は超ロースタイルで安定感もバツグン!

耐荷重も約100kgと十分すぎるスペック。

背面にポケットがあったりして、使いやすいのが特徴です。

DOD タキビチェア

焚き火に強いタープ

アウトドアリビングというからには、テーブルとチェアがあり、そこには屋根が欲しいですよね。

そこでオススメなのがTent-Mark DESIGNSの「ムササビウィング19ft.グランデ VC焚き火version」です。

こちら、「たぶん日本でイチバン売れたタープなのでは?」と思えるほど人気の「ムササビウィング13ft」の大型版。

ソロキャンパーに向けてデザインされた「ムササビウィング13ft」に対し、「19ft」モデルはグループキャンプを意識。

コットン60%+ポリエステル40%のVC(バリューコットン)製で、TCのコットン35%+ポリエステル65%よりもコットン配合率が高く、より火の粉に強い素材となっています。

とはいえ、難燃加工はしてませんから、火からは十分に距離をとって使用してくださいね。

Tent-Mark DESIGNS ムササビウィング19FT.グランデ VC焚き火version


  • この記事が気に入ったらcazual(カズアル)に いいね! / フォロー しよう

  • キャンプアウドドアグッズ特集

  • アルペンでキャンプグッズを探そう

クラウドファンディングサイト「Fannova」

クラウドファンディングサイト「Fannova」

L-Breath

新着記事





PAGE TOP
COPYRIGHT © SHUFU TO SEIKATSU SHA CO.,LTD. All rights reserved.