× CLOSE

【佐賀・有明海】佐賀直送の”潟泥”に浸かって佐賀名産を楽しめる「GATA-BAR」が青山に出現!

有明海の干潟はなんと日本の干潟の4割を誇る広さ

20160719_tokoro_gatabar_004

佐賀県の名所の1つとしてあげられる「有明海」。有明海は日本一の干満の差を誇り、干潮時には、なんと全国の干潟面積の約4割(!)を占める広大な干潟が現れます。佐賀県の有明海沿岸部における干潟は「泥質干潟」という「ソフトクリーム」のようなきめ細かい泥が広がり、日本ではここだけの特徴ある干潟になっています。

地元では干潟を「ガタ」と呼んでおり、毎年初夏には、干潟でいろいろな競技を行う恒例イベント「ガタリンピック」が開かれます。ガタリンピックはテレビニュースで泥だらけの映像をよく見ますね(笑)。地域の方たちにとって干潟はとても身近な存在です。

有明海の干潟から直送した”潟泥”で佐賀の大自然を満喫!?

20160719_tokoro_gatabar_003

佐賀県が誇る有明海の干潟の泥を東京のど真ん中・青山に直送して作った”潟泥のプール”に浸かれるBAR「GATA-BAR(ガタバー)from SAGA」が期間限定でオープン! 有明海の干潟といえば、ムツゴロウが有名ですが、青山で泥だらけになってムツゴロウ気分になれる珍体験ができそうですね。

今回の「GATA-BAR」は、佐賀県の情報発信による地方創生プロジェクト「サガプライズ!」の事業の一環として、泡パやSlide the Cityなどの話題のイベントを仕掛けるパーティークリエイター「アフロマンス」とコラボして生まれました。干潟を体感しながら、佐賀の地酒や名産も楽しめ、まさに体全体で佐賀を満喫できるバーなのです。期間限定ということで、東京・南青山において、7⽉22日(⾦曜日) 〜7月31日(⽇曜日)の10日間限定でオープンします。

真夏日が続くこの夏、ひんやりと冷たい「ガタ」に浸かって、おいしい地酒や名産を楽しむ非日常体験がいかがでしょうか?

「GATA-BAR from SAGA」 のメニューは佐賀の名産ばかり!

有明海で育まれた、ムツゴロウ・ワラスボといった珍味や佐賀海苔をはじめ、佐賀県産品や地酒が豊富にラインナップされています。

【ドリンク】

20160719_tokoro_gatabar_005

佐賀酒 The SAGA 認定酒( 120ml ) 各種500円

佐賀県は、九州において日本酒県と言われているほど酒造りが盛んな土地です。今回は、有明海に近い蔵元の、純米吟醸酒に絞りセレクト。

20160719_tokoro_gatabar_006

こどもびいる(330ml) 250円 <友桝飲料>

ジョッキに注ぐとビールのような泡が! お酒の飲めないお子様から大人まで楽しめる炭酸風味のソフトドリンク。

みかん100 (200ml) 150円 <JAビバレッジ佐賀>

みかん100 (200ml) 150円 <JAビバレッジ佐賀>

佐賀県産温州みかん100%使用のジュース。

【フード】

20160719_tokoro_gatabar_008

佐賀海苔 100円 <佐賀県有明海漁業協同組合>

有明海で採れる佐賀海苔®は生産量・販売金額ともに日本一! 柔らかくとろけるような甘さと、口どけは絶品。

20160719_tokoro_gatabar_009

むつごろう ドライフード 250円 <川田食品>

佐賀県は有明海に生息するムツゴロウ。手軽に食べられるドライフードでご提供。お酒のつまみにピッタリ。

わらすぼ ドライフード  250円 <川田食品>

わらすぼ ドライフード  250円 <川田食品>

佐賀県は有明海に生息する珍怪魚わらすぼ。手軽に食べられるドライフードでご提供。こちらもお酒のつまみに!

ドライみかん 250円 <佐藤農場>

ドライみかん 250円 <佐藤農場>

佐賀県産有機みかんを使用した無添加のドライフルーツ

つまめる粒ジャム  250円 <香月さんちのいちご畑>

つまめる粒ジャム  250円 <香月さんちのいちご畑>

佐賀県産のブランドいちご”さがほのか”を半ドライにしたつまんで食べるいちごジャム。

※価格は全て税込みです。

【ショップ詳細】
GATA-BAR(ガタバー)from SAGA
20160719_tokoro_gatabar_001
開催日:2016年7⽉22日(⾦)~7月31日(⽇)※10⽇間限定(期間中定休日なし)
営業時間:17時00分~22時00分
場所:〒107-0062 東京都港区南青山3-13 COMMUNE 246 エリア「TOBACCO STAND」
当⽇現地受付・参加費無料
※先着順で受付を行います。混雑した際には整理券を配布。
※汚れてもいい服装、タオル・着替えを持参すること。
※詳細は「GATA-BAR from SAGA」公式サイト( http://gatabar.com )をご参照ください。

 

有明海の干潟とは

干潟とは、潮が引いたときにあらわれる遠浅の浜で、波のおだやかな湾や河口などに川から流されてきた砂や泥が、長い年月をかけてゆっくりと積っていったもの。 有明海の潟泥は、約9万年前の「阿蘇四噴火」によって阿蘇山周辺に発生した大量の「黒ボク層」(4ミクロンの火砕物)による堆積物が、筑後川等の河川によって有明海へ運ばれたものと考えられている。
有明海の干潟にはたくさんの生き物が棲息し、毎年秋~春頃にはたくさんの渡り鳥が渡来することから、2015年5月、有明海にある2つの干潟、「東よか干潟」(佐賀市)と「肥前鹿島(ひぜんかしま)干潟」(鹿島市)が、「ラムサール条約(特に水鳥の生息地として国際的に重要な湿地に関する条約)湿地」に登録されました。

 

佐賀の新しい魅力を発信!「サガプライズ!」とは

20160719_tokoro_gatabar_014
2015年7月にスタートした、情報発信による地方創生プロジェクト「サガプライズ!」は、企業・ブランドとのコラボレーションにより生まれた情報や商品等を通して、佐賀県の魅力を首都圏を中心とした多くの人に届けていきます。また、そこで得た知見や成功事例等を県内にフィードバックすることで、地域資源のさらなる磨き上げや地域活性に繋げていくことを目的としています。
サガプライズ!公式サイト:https://sagaprise.jp/

 


  • この記事が気に入ったらcazual(カズアル)に いいね! / フォロー しよう

  • L.L.Bean公式ショップ

  • 登山グッズといえば好日山荘

  • キャンプアウドドアグッズ特集

  • アルペンでキャンプグッズを探そう

クラウドファンディングサイト「Fannova」

クラウドファンディングサイト「Fannova」

L-Breath

新着記事





PAGE TOP
COPYRIGHT © SHUFU TO SEIKATSU SHA CO.,LTD. All rights reserved.