× CLOSE

【レビュー】超お買い得! SOTOマイクロトーチはカセットガスからも充填できアウトドアで大活躍!

超小型なのに強力耐風バーナー!

サルが道具を使うようになってヒトになったとか、学校で教わったような、ただどこかで聞いただけだったのような・・・。

実際にはサルに道具の使い方を教えれば、きちんと使いこなすようで、チンパンジーはスマホも使えるんだとか。

でも火に関しては、なかなかコントロールできそうないそうで・・・。

まあそんな火を使いこなすところからアウトドア活動がはじまりますよね。

その火起こしに摩擦熱やメタルマッチなどを使って、人類の第1歩を楽しむかのようなブッシュクラフトキャンプが流行中。

アウトドアの楽しみ方って色々ですね。

そんな原始的な火起こしを飛び越して、道具に頼るのは人間らしいといえば人間らしい行動。

あっ! 道具を使うのはサルでもできるんだったけかな?

でも火をコントロールする道具は、サルじゃあちょっと無理なんじゃないかと思われます。

しかもここでご紹介するSOTOの2アイテム、マイクロトーチ COMPCT(コンパクト)とマイクロトーチ ACTIVE(アクティブ)は手のひらにすっぽり収まる超小型バーナー。

あまりに小さすぎてサルじゃあ操作が難しいかも。

さらに火力が強力で耐風仕様となっているから、サルじゃあ使いこなせるわけがありません!

 

マイクロトーチ COMPCT開封!

早速ですが、SOTO マイクロトーチのパッケージを開封してみたいと思います。

まずは商品をいじり倒す前に、パッケージに着目。

パッケージの台紙を開くと使用上の注意や使用方法などが書かれた取扱説明書になってるんですよ!

そんで改めて商品に手を伸ばして見ると、ご覧の通り!

マイクロトーチ COMPCT は手のひらにすっぽり収まる超小型サイズ。

マイクロトーチ COMPCT の火口はストレート。

バーナーヘッドがチリやホコリなどで汚れないように火口キャップがついています。

火口キャップの開閉は指先を使って、ちょちょいっとコントロール。

圧電着火式だから点火ボタンを押すだけで着火できるので簡単。

それでいて火炎温度は1300℃、発熱量は0.09kW (80kcal/h)にも達するんです。

ちなみにメーカーによると、ヤケドや器具の破損の原因となるので20秒以上の連続使用はしないでくださいとのこと。

カセットガスの燃料を充填できるので、経済的です。

気温が低い時はライター用ガスを充填すると有効的なんだとか。

ちなみにガス注入口に装着されるつまみでガス調整ができるようになっています。

 

マイクロトーチ ACTIVE もパッケージ開封!

続いてマイクロトーチ ACTIVE も【レビュー】してみたいと思います。

マイクロトーチ COMPCT とマイクロトーチ ACTIVE の違いは火口に角度がついていること。

角度が付いていますが、こちらも手のひらに収まります。

マイクロトーチ ACTIVE にもバーナーヘッドがチリやホコリなどで汚れないように火口キャップがついています。

こちらも指先を使って、ちょちょいって感じに火口キャップを開閉できます。

マイクロトーチ ACTIVE もやはり圧電着火式なので着火ボタンを押し込むだけで点火。

マイクロトーチ ACTIVE もスペックは同じく、火炎温度は1300℃、発熱量は0.09kW (80kcal/h)となっています。

ガスの充填に関しても同様。

カセットガスからの燃料充填が可能!

もちろんライター用ガスを充填ができます。

 

【実践使用】

細引きロープなどを使いやすい長さに切ると解けやすくなりますよね。

パラコードなんかは特に、外皮の内側には何本もの細いロープが入ってますから解けたら厄介。

そこで有効的なのが末端の熱処理。

火口がストレートなマイクロトーチ COMPCT を使って熱処理してみます。

バーナーでジュジュっとあぶってロープの先端が柔らかくなったところを押し潰せば、キレイに溶着できるのです。

こんなふうになってくれれば、先端がバラバラに解ける心配もありませんね。

マイクロトーチ COMPCTと違い、マイクロトーチ ACTIVE は火口に角度がついています。

その特徴を活かすには、圧電点火式でないバーナーの着火に有効かもしれません。

マイクロトーチ COMPCT 、マイクロトーチ ACTIVE ともに火力が強いので、焚き火や炭などの火種への着火、半田付けなどのDIY加工にももってこい。

アイデア次第で、さまざまなシーンで活躍しそう!

それでいて2,000円を切るんですから、コスパも優れています!

 

【商品スペック】

マイクロトーチ COMPCT(コンパクト)
参考価格:1,815円
外形サイズ:幅35 × 奥行19 × 高さ80mm
重量:35g
ガス消費量:7g/h ※SOTO実験室データによる。
ガス充てん量:約1.2g
発熱量:0.09kW (80kcal/h) ※SOTO実験室データによる。
火口径:φ14mm
火炎温度:1300℃
点火方式:圧電着火方式
※20秒以上の連続使用はしないでください。ヤケド、器具の破損の原因となります。

 

マイクロトーチ ACTIVE(アクティブ)
参考価格:1,815円
外形サイズ:幅50 × 奥行19 ×高さ90mm
重量:45 g
ガス消費量:7g/h ※SOTO実験室データによる。
ガス充てん量:約1.2g
発熱量:0.09kW (80kcal/h) ※SOTO実験室データによる。
火口径:φ14mm
火炎温度:1300℃
点火方式:圧電着火方式
※20秒以上の連続使用はしないでください。ヤケド、器具の破損の原因となります。

 

【まとめ】

マイクロトーチ COMPCT(コンパクト) はコンパクトな火口タテ型モデル

マイクロトーチ ACTIVE(アクティブ) は使いやすい火口ヨコ型モデル

燃料は充填式

カセットガスからの充填可能

気温が低い時はライター用ガスを使用すると有効的

2000円を下回るコスパバーナー

 

【関連記事】

【レビュー】世界に認められただけあって、SOTOのMUKAストーブってラスボス感がハンパじゃない!

【レビュー】キャンプで超おすすめ! SOTOのスライドガスマッチを使ってみたら機能がすごかった!

ブッシュクラフトを簡単に気取れる、ファイヤースターター

ファイヤースターターを、溜まってる梱包材でミョグる!

アウトドアクッキングギアを使って、ファイヤースターターをミョグる!

身近なもので焚き火の着火が楽に!

 

photo:ULALA
text:アマキン

【PROFILE/アマキン】
本業はクリエイター。アウトドアアクティビティ、DIY、クッキングを得意とすると豪語しながら、すべてはプロフェッショナルには遠く及ばない「素人にしては、まあ上手だな」程度のレベル。それでも「アマチュア界の王様」と名乗る。

 

 

 


  • この記事が気に入ったらcazual(カズアル)に いいね! / フォロー しよう

  • ツイッターキャンペーン実施中!

  • 登山グッズといえば好日山荘

  • キャンプアウドドアグッズ特集

  • アルペンでキャンプグッズを探そう

クラウドファンディングサイト「Fannova」

クラウドファンディングサイト「Fannova」

L-Breath

新着記事





PAGE TOP
COPYRIGHT © SHUFU TO SEIKATSU SHA CO.,LTD. All rights reserved.