× CLOSE

ママキャンパー実践!離乳食完了期の子どもとお手軽気軽なデイキャンプ

ママひとりだって大丈夫! 子どもと一緒にお外に出かけよう!

離乳食も完了期(1歳~1歳半)になってくると、好奇心旺盛な子どもはさらに活発になってきます。

家の中ばかりにいると、どうしても運動量が足りなくなりがち。そんなときにオススメなのが、気軽に出かけられるデイキャンプです。

デイキャンプ、と言っても難しく考えることはありません。特別な用意が必要なわけでもなく、無理に遠いところへ行くこともありません。

テントを建てたり、バーベキューをしたりしなくてもいいんです。野外を満喫して過ごす日帰り旅は、みんな「デイキャンプ」です。

大きな公園、日当たりのいい野原、海に河原。子どもが安全に気持ち良く遊べる野外なら、どこでもOK。

移動手段だってなんでもありです。車、電車、バス。ベビーカーを押して。抱っこひもで。自分と子どもにあったスタイルで、ライトなデイキャンプに出かけてみましょう。

パパッと作れるお弁当を持って行こう

離乳食完了期の子どもはまだ大人と同じものが食べられないので、出かけたときに「何を食べさせよう」と食事に悩みます。

食べられるものがあるお店を探すのもいいですが、出かける場所が野外でしたら、簡単なお弁当を持って行くのがいちばんでしょう。

お弁当箱が荷物になるときは、簡易な使い捨て容器を使えば◎。軽いですし、ゴミを捨てられる場所でしたら、帰りの荷物が減ってラクになります。

今回は子どもとのお手軽デイキャンプに欠かせない、簡単なお弁当レシピをご紹介します。

栄養バランスのとれた、手づかみでも食べられる簡単レシピ

0.事前準備です。冷凍野菜をストックしておこう!

毎食、離乳食の支度をするのは大変です。お弁当に限らず、少しでもラクをするために、冷凍野菜を作っておくことをオススメします。

みじん切りにした野菜をシリコンスチーマーでレンジ加熱し、火を通したものを保存する方法です。

こんな風に種類ごとに小分けにして、フリーザーバッグに入れておきます。使いたい時にさっと使えてとても便利ですよ。

この3つの野菜(カボチャ、タマネギ、ニンジン)をレシピで使いますので、事前に作っておきましょう。

1.野菜たっぷりやわらかハンバーグ

<材料>

牛豚合い挽き肉 大さじ2
豆腐(木綿or絹)  大さじ1
冷凍みじん切りカボチャ 小さじ1
冷凍みじん切りタマネギ 小さじ1
冷凍みじん切りニンジン 小さじ1
塩  少々
ケチャップ 小さじ1

<作り方>

1)材料を全部食品用ポリ袋に入れ、つぶしながら混ぜます。

2)フライパンを熱して油を引き、一度火を止めます。

3)ポリ袋の端をハサミで2~3cmほどカットし、フライパンにハンバーグの生地を絞り出します。形はお好みでどうぞ。

4)中火にかけます。焼き目が付いたらひっくり返し、弱火で3分ほど焼いたらでき上がりです。

2.サツマイモの甘煮

<材料>

サツマイモ 適量
砂糖 少々
塩 ほんの少々
水 少々

<作り方>

1)サツマイモはよく水で洗い、ピーラーで皮を剥いてから(少し残っていてもOK)、食べやすい大きさに切ります。水に10分ほどさらしてアクを抜きます。

2)カットしたサツマイモをシリコンスチーマーに入れて、上から残りの材料(調味料)を加えます。全体的に振りかけるように入れましょう。

3)500Wでレンジ加熱します。柔らかくなったらでき上がりです。

3.まるころおにぎり

<材料>

軟らかいご飯 適量
塩、鮭、青のりなど子どもの好きな具 適量

<作り方>

1)ラップでご飯を包んで小さく丸めます。具を混ぜて丸めてもOK。

2)のりはかみ切りにくいので、刻みのりをまぶすか、写真のようにすると良いでしょう。

4.果物や飲み物など

好きな果物をひと口サイズにカットして、甘味として持って行くのもオススメです。ビタミン補給になりますね。

飲み物はお茶やジュースなど、子どもの好みに合わせて用意しましょう。

デイキャンプの持ち物ワンポイントアドバイス

でき上がったお弁当は、お好きな容器に詰めて持って行けばOKです。

お弁当の前に手を洗えるかどうかなど、現地のことを考えながら、手洗い用の水やウェットティッシュなどを用意するといいですね。

ワンタッチのサンシェードなどがあれば日よけとして役立ちますが、徒歩の場合はひと荷物になってしまいます。

クッション性のある折りたたみ座布団や、小さなレジャーシートは重量がなく、それほど荷物になりません。

地面に直接座れない場所ではとても役に立つアイテムですので、携帯をオススメします。

折りたたみ座布団は、100均でも「折りたたみクッション」「折りたたみシート」などの名前で販売しています。レジャーシートもいろいろなものが置いてあります。

また、汚れたときのために着替えも持って行ったほうがいいですね。

さあ、デイキャンプへ出かけよう!

四季を問わず、外の空気に触れるのは子どもにとって大切なことです。

まだ上手に歩けない赤ちゃんも、不思議なことに「外に出たい」という欲求を持っています。

ですから、家の中でばかり過ごしていると寝付きが悪くなったり、眠っても眠りが浅くなったりすることがあります。

暑い時期の外遊びは熱中症が怖いですね。寒い季節には風邪を引くかもしれません。そう心配するのは親として当たり前のこと。でも子どもは外遊びが大好きなのです。

幸い日本には美しい四季がありますから、春や秋はお出かけにもってこいの季節です。歩きはじめた小さな子どもにも、四季の気温の変化に合わせて、少しずつ外遊びを取り入れていけたらいいですね。

「まだ小さいから」とあきらめず、美しい自然を感じながら、子どもとゆったりと過ごすデイキャンプの時間。ぜひ日常の中に取り入れてみてください。

【PROFILE/天嶺 葵】

アウトドア系フリーライターで、3児の母。海にも山にも出没するママキャンパー。子どもを中心に楽しめる、ファミリーライクなアウトドアライフを提案します。料理、DIYが得意。”ないもの、欲しいものはお金をかけずに作る!”がモットー。


  • この記事が気に入ったらcazual(カズアル)に いいね! / フォロー しよう

  • L.L.Bean公式ショップ

  • 登山グッズといえば好日山荘

  • キャンプアウドドアグッズ特集

  • アルペンでキャンプグッズを探そう

クラウドファンディングサイト「Fannova」

クラウドファンディングサイト「Fannova」

L-Breath

新着記事





PAGE TOP
COPYRIGHT © SHUFU TO SEIKATSU SHA CO.,LTD. All rights reserved.