× CLOSE

絶妙な快適さを追求したフルフラット!ブルー・リッジキャンピングハンモック

絶妙な快適さを追求したフルフラットハンモックテント!

ハンモックでうたた寝って、最高な気分ですよね。

えっ! ハンモックってひっくり返っちゃいそうで怖くて安心してなられないって!?

だったら、ひっくり返らない構造のハンモックならOKってことですよね。

あるんですよ、寝返りをうってもひっくり返ってしまう心配がないハンモックが!

Riml Outdoor Japan(リミ アウトドア ジャパン)から発売となった「Blue Ridge Camping Hammock/ブルー・リッジキャンピングハンモック」が、まさにそれ!

絶妙な快適さと汎用性の高さを誇るフルフラットハンモックテントなんです!

画期的なキャンピングハンモックテント

特許技術を活用した独自構造と特許出願中の高機能サスペンションシステム採用した「ブルー・リッジキャンピングハンモック」は、アウトドア大国アメリカで権威ある50キャンプファイヤーから最も秀逸な商品へ贈られるギア・オブ・ザ・イヤーを受賞したギアなんです。

そのほかに、バックパッカーマガジンやアウトサイドマガジン、ナショナル・ジオグラフィックからも最高評価を受けているフルフラット設計のハンモックテント。

2本のショックコード付きアーチポールをスリーブに通し、サスペンションシステムと接続するだけで簡単に設営可能。

この独自の「サスペンションシステム」は、いままさに特許出願中で、ハンモックの高さや張り具合を自在に調整できる機構なんです。

しかもバックルにステンレス製を採用しているので丈夫そのもの。

それでいてストラップ幅2.4cmの高強度ポリエステルウェビングなので、木を傷めず安心して使用できるんです。

レインフライとネットがひとつに!

ブルー・リッジキャンピングハンモック」のスゴイところは、木がない場所でもグランドテントとして設置可能なところ。

アーチポールを通すと湾曲した構造により、広い居住空間が確保でき、BIVYスタイルのソロテントに早変わり。

またアーチポールを取り外せば、ハンモックチェアーとしても活躍。

ハンモック使用時にはランタンフックが2ヶ所に付いているので、ランタンの吊り下げが可能です。

レインフライタープも簡単に接続できるので、急な雨でも濡れちゃうことはありません。

雨だけでなく、日差しを遮るためにもレインフライタープは必須アイテムですね。

さらにレインフライタープとバグネットがひとつになったオールインワンハンモックなので、不快な虫からも守ってくれるんです。

背中が痛くも寒くもならない!

ハンモックで長時間寝た経験がある方ならご存知でしょうが、ハンモックって確かにリラックスできるんですが、背中が曲がったまま寝るので、背骨の節々が痛くあることも・・・。

ところがこの「ブルー・リッジキャンピングハンモック」はその痛み原因となるハンモックのたわみを調整できるんです。

合計20ヶ所あるスプレッターバーのロープを結び直すことで、たわみを減らし、硬いベッドのような張り具合にもできちゃうから家での寝心地のよさを再現できちゃうかも!?

もちろんフルフラット設計なので、寝返りをうったり、うつ伏せで寝ることも可能なんです。

「でも、風の通る場所でハンモックで寝ると、結構寒いよね・・・」なんていう方は、相当なハンモック事情ツウ!

そうなんですよ。

背中が布切れ1枚のハンモックは、確かに風の通る場所で寝ると寒く感じるんです。

ところがオプションの「ローソンハンモックアンダーキルト」を装着すれば、風どころか冬場でも使用可能となるんです!

製品詳細

Blue Ridge Camping Hammock (ブルー・リッジキャンピングハンモック)

 

お問い合わせ先

Riml Outdoor Japan合同会社

カスタマーサポート電話  042-445-5046

 


  • この記事が気に入ったらcazual(カズアル)に いいね! / フォロー しよう

  • L.L.Bean公式ショップ

  • 登山グッズといえば好日山荘

  • キャンプアウドドアグッズ特集

  • アルペンでキャンプグッズを探そう

クラウドファンディングサイト「Fannova」

クラウドファンディングサイト「Fannova」

L-Breath

新着記事





PAGE TOP
COPYRIGHT © SHUFU TO SEIKATSU SHA CO.,LTD. All rights reserved.