× CLOSE

アウトドア旅が大変革! バックパックに入っちゃうバイク「smacircle S1」登場!

ナンバー取得で日本の公道走行にも対応!

いよいよ県境をまたいで出かけらるようになりましたね。

アウトドア好きな方は、「どこへキャンプに行こうか」「どんなアクティビティ旅をしようか」なんて迷っているのでは。

そこでご紹介したいのが、重さわずか8.6kgでバックパックに入っちゃう電動バイク、「smacircle (スマサークル)S1」です。

スタイリッシュで近未来的なデザインをまとい、パワフルなモーターを搭載しているのでスポーツモードでは最高速度19.9km/hで走行可能。

さらにナンバーを取得すれば公道を走行可能な折りたたみ式のバイクなのです。

アウトドア 旅だけでなく、普段の通勤通学にも使えちゃいそう!

アフターコロナで電車やバスなど公共交通機関の利用をちょっとためらいがちな昨今、新しい交通手段としても大注目のプロダクトとなっています。

スタイリッシュなデザインに隠された6つのポイント

ポイント1:コンパクトで簡単に折りたためる

乗車時の本体サイズが長さ95×高さ87cm。

折りたためば長さ29×高さ49×幅19cmまで小さくなります。

ポイント2:カーボンファイバーフレームにより軽量で持ち運び可能

軽量なカーボンファイバー製で重さわずか8.6kg。

数十秒で簡単に折りたため、持ち運びが可能です。

 

ポイント3:電子制御スロットル&ブレーキシステム

E-バイクと違ってペダルを漕ぐ必要がありません。

スロットルとブレーキは直感的な電子制御システムで、アクセルを握ればバイクのように進むことができるんです。

 

ポイント4:充電式リチウムバッテリー搭載

取り外し可能なシート本体がバッテリーユニットになっている隙のないデザイン。

バッテリーは充電式リチウムイオン電池で、フル充電は3時間程度で完了。

最大20kmの走行が可能です。

 

ポイント5:ソリッドダンピングタイヤを採用

収納時はタイヤがフレーム内に折り込まれるので、バッグなどが汚れる心配がありません。

しかもソリッドダンピングタイヤを履いているので、走行時は耐パンク性に優れているのです。

 

ポイント6:専用アプリでスマートに走行管理

スマホにアプリをダウンロードすれば、バッテリー残量やスピードも簡単にチェックできるんです。

しかも 鍵は専用のアプリでロック!

製品詳細

smacircle (スマサークル)S1

本体サイズ 長さ95×高さ87cm

収納サイズ 長さ29×高さ49×幅19cm

重量 8.6kg

ノーマルモード 最高速度15km/h

スポーツモード 最高速度19.9km/h

バッテリー 充電式リチウムイオン電池

走行距離 最大20km

別売りアクセサリー S1専用バックパック、トローリー、交換用バッテリー

smacircle って、どこで買えるの?

強度に優れ、高い耐摩耗性、耐熱性、熱伸縮性、耐酸性を実現している近未来デザインの電動バイク「smacircle S1」ですが、2020年6月24日現在、正規販売に向けたプロジェクトをクラファンにて近日中公開となる予定です。

すでに「smacircle S1」公式ページはオープンしていますので、新しい情報を待ちたいところ。

クラウドファンディングのプロジェクトは「Kibidango(きびだんご)」にて開催予定となっています。

以下への「事前登録」でプロジェクト開始情報を最速でゲット!

smacircle S1」公式ページ https://kibi.co/smacircle


  • この記事が気に入ったらcazual(カズアル)に いいね! / フォロー しよう

  • L.L.Bean公式ショップ

  • 登山グッズといえば好日山荘

  • キャンプアウドドアグッズ特集

  • アルペンでキャンプグッズを探そう

クラウドファンディングサイト「Fannova」

クラウドファンディングサイト「Fannova」

L-Breath

新着記事





PAGE TOP
COPYRIGHT © SHUFU TO SEIKATSU SHA CO.,LTD. All rights reserved.