× CLOSE

【冬キャンプ対策】底冷えから体を守る足元ポカポカ防寒グッズおすすめ

冬キャンプに備えて足元防寒グッズをチェック!

冬はもちろん、朝晩の冷えこみが激しいときは年中あるもの。足元から冷えやすい末端冷え性さんには特にツラいものですよね。

そこで今回は、アウトドアでも安心、寒さを吹き飛ばしてくれる足元防寒グッズの素材や種類をご紹介します。

素材いろいろ! 靴下の選び方

防寒グッズの要、靴下。その素材はさまざまで、肌触り、速乾性、吸湿性など特徴もそれぞれ異なります。

靴下の多くは素材の長所を生かし、短所を無くすため、いろいろな素材を組み合わせて作られています。そのため、組み合わせによって暖かさや乾きやすさが大きく異なります。

「蒸れない素材がいい」「断熱性の高さを重視したい」など、自分の好みを考えたうえで素材を選んでいきましょう。

ここでは主流の素材をご紹介するので、靴下探しで材質タグを見るときにぜひ参考にしてみてください。

・ウール

暖かく肌触りが良い、保温性の高い素材です。吸湿性があるため蒸れにくいうえ、天然の抗菌&防臭効果もあり、メリットだらけ。

特に「メリノウール」と呼ばれる高級ウールは暖かさはもちろん、クッション性がすぐれており履き心地抜群でオススメです。厚手タイプが多いので靴を履く際にはご注意を。

・綿

肌触り、通気性の良さはみなさんもうご存じかと思います。保温性も申しぶんありませんが、一度、湿ると乾きにくいデメリットもあります。

・ポリエステル

速乾性にすぐれているため、汗をかいても肌にまとわりつかない素材です。とても丈夫で、型崩れ防止のため、よく綿と組み合わせて使用されます。

・アクリル

羊毛に似た柔らかさと質感で、フリースなどによく使われます。丈夫で保温性もすぐれており、冬に適した素材です。

・ナイロン

冬用スポーツウェアによく使用される、耐水性にすぐれた素材です。伸縮性があまりなく、薄くて肌触りが良いのが特徴です。

靴下の重ね履きをする際は、1枚目に蒸れにくいウールやポリエステル、2枚目にアクリル、3枚目もナイロンなど、肌に近いほうから保温吸水→保温防寒→防水を心掛けると、よりしっかりと防寒できますよ。

しかし、重ね履きをしすぎると通気性が悪くなり、汗冷えにもつながるので、自分の体質や気候に合わせて上手く調節しましょう。

定番の足元防寒グッズ5選!

靴下の重ね履き程度ではどうにもならない寒さもあります。そんなときに試してみたい足元防寒グッズを5種ご紹介します。

1 レッグウォーマー

体のうち「首」がつく部分を温めると体が冷えにくいとされています。そこで注目したいのが「足首」を温めてくれるレッグウォーマーです。

長さや材質などはさまざまで、なかには足首周りにカイロを入れるポケットがついたものや、靴を履いたまま脱着ができるようにファスナーがついているものなど、便利なものばかりです。

2 裏起毛タイツ

一般的なタイツと比べ、厚手で裏地がフカフカしており体感温度アップ間違いなし。つま先からお腹まで脚全体を温めてくれます。

最近では薄手に見える裏起毛タイツもあり、さりげないオシャレにも役立ちます。脱着が手間ではありますが、アウトドアでもしっかり温めてくれる心強い1枚です。

3 ルームシューズ(スリッパ)

屋外では防水ブーツ、屋内ではルームシューズで下からの冷気を防ぎましょう。なかには足首までカバーしてくれるものも。

ボアなどの断熱素材だけでなく、裏に滑り止め加工があるかもチェックしておきましょう。

4 ブランケット

1枚あれば安心のブランケット。膝にかけるもよし、腰に巻くのもよしです。持ち運びがラクなので重宝されるグッズです。

最近では、防水加工のものや、モバイルバッテリーとつないで使える電気ブランケットなど、たくさんの種類が出ています。

5 マットヒーター

マットのように床に敷き、足をポケットに入れるタイプのヒーターです。直接足を温めてくれるので、動けないほど寒いときには心強いです。

充電式のものであれば、コンセントの心配も必要ありません。

さらにポカポカ! ちょい足し防寒グッズ

いつもの防寒グッズにひと手間加えて、足元の冷えを一掃しましょう。

・防水スプレー

足元が濡れるだけで、そこからどんどん冷えていきます。足が冷えると筋肉が硬直して思うように体を動かせず、ケガにつながる恐れがあります。

雪や雨に備えるためにも、長靴のようなレインシューズを履きたいところですが、いつもの履きなれた靴がよい人はせめて防水スプレーをかけておきましょう。

・カイロ

貼るカイロと貼らないカイロ、たくさん用意しておきましょう。

足を温めるだけで体感温度が大きく変わります。貼るカイロは靴下の裏に貼ったり、貼らないカイロは足首のあたりの靴と足の間に挟んだり、どちらも重宝します。

長時間屋外で作業する場合は予備も持っていくと安心です。

・温感クリーム

末端冷え性さんの中には愛用している方もいる、温感クリーム。名前のとおり、塗るだけで温かさを感じられるもので、外出先で簡単に塗れて便利です。

これを塗ってから靴下を履くと、より温かさアップです。いろいろな種類があるので、塗る部位や肌質に合わせて選びましょう。

・インソールヒーター

カイロを貼りつけて靴のなかがモゾモゾするのが嫌な方には、インソールヒーターがオススメです。

電池やバッテリーで温まる中敷きで、自分の足のサイズに合わせてカットできます。最近ではスマホを使って温度調節できる便利なものもあり、まさに歩く床暖房です。

貼るカイロと違い、暑くなったら電源を切れるのも使い勝手の面で高ポイント。

まとめ

家でも外でも使える便利な防寒グッズはたくさんあります。自分の好みや体質に合わせて素材や機能をうまく選びましょう。

この記事を参考に、寒い時期を楽しく快適に乗り越えるためにも、足元の防寒を心掛けてみてくださいね。


  • この記事が気に入ったらcazual(カズアル)に いいね! / フォロー しよう

  • キャンプアウドドアグッズ特集

  • アルペンでキャンプグッズを探そう

クラウドファンディングサイト「Fannova」

クラウドファンディングサイト「Fannova」

L-Breath

新着記事





PAGE TOP
COPYRIGHT © SHUFU TO SEIKATSU SHA CO.,LTD. All rights reserved.