× CLOSE

ゲキ早オープン! 白馬八方尾根スキー場が2019-2020 冬季シーズン営業開始!

絶景にダイブできる上級者コースTENBOを開放!

夏のような暑い日が長〜く続き、なんだか秋を感じないまま急に寒くなりました。

ウインターアクティビティ好きなアウトドアマンなら、降雪のニュースを聞くたびウズウズしてるんじゃないですか?

雄大な北アルプスの麓にあり、総滑走距離約23,000m、最長滑走距離約8,000m、高低差1,071mの日本有数の規模を誇る白馬八方尾根スキー場が本日、2019年12月6日(土)より2019-2020 冬季シーズンの営業開始です!

今シーズンは標高1,650mから最大傾度38度のオフピステ(非圧雪)を滑走する、上級者コース「TENBO〜展望コース〜」をスキー場上部南側に開放となってます!

良質なパウダースノーがウリ!

ウインターマウンテンが大好きなアウトドアマンにとって、楽しみなのがパウダースノー!

いままでスノーアクティビティに興味なかったとか、これからはじめてみたいという方にとって「ちょっと待って、パウダースノーって何?」っていう疑問も生まれそう。

そこでちょっと解説するとパウダースノーは水分が少なく、さらさらとした粉状の雪質のこと。

フカフカに積もったパウダースノーを滑ると、まるで宙を飛んでいるかのような錯覚に陥るため、スノーアクティビティに好きとって、もっとも楽しみなキーワードが「パウダースノー」なのです。

そのパウダースノーが溜まっているのが圧雪を行なっていないエリア。

圧雪を行なっていないってことは、雪崩発生の危険性が高まります。

しかし白馬八方尾根スキー場では、今シーズンより含水爆薬(アルテックス)を利用した雪崩発生抑制措置を実施。

より安心・安全な環境の中で、良質なパウダースノーを楽しめるようになっています。

グランピングディナーツアーも開催!

滑走面の営業時間を終了した静かなスキー場内でも、さまざまな楽しみが待っているのが白馬八方尾根スキー場の特徴。

アウトドアブランド・スノーピークの協力のもと、20197月、北尾根高原に誕生した最高級グランピング施設「Snow Peak FIELD SUITE HAKUBA KITAONE KOGEN(スノーピークフィールドスイート 白馬・北尾根高原)」では、グランピングディナーツアー「Après & Dining」(アプレ&ダイニング)を2019年1220日(金)より開催!

白馬の食材を使ったフルコースディナーを長野県産の希少なワインとのペアリングで楽しめます。

そして白馬八方尾根スキー場ではアウトドア好きならたまらない、焚き火もここで味わえます。

「焚き火バー」では、食前酒・食後酒をおともにあたたかな焚き火を囲みながら、美しい夜の雪原の絶景に酔いしれることができるのです。

ディナー後は雪上車に乗車!

スノーキャットと呼ばれる雪上車に乗車し、白馬村の夜景や星空を鑑賞しながら下山する特別なグランピングスタイルのディナーツアーとなっているのです。

スキー場概要

白馬八方尾根スキー場

長野県北安曇郡白馬村北城

営業時間:8:0017:00、ナイター17:0021:00(※)
※ナイター営業は、12月下旬~3月中旬(降雪状況による)

駐車場  3,000
アクセス:東京から約2時間30分、名古屋から約3時間30分、関西から約4時間30分、最寄IC(長野IC、安曇野IC、糸魚川IC)から幅広道路で約60

公式ホームページ  https://www.happo-one.jp/


  • この記事が気に入ったらcazual(カズアル)に いいね! / フォロー しよう

  • キャンプアウドドアグッズ特集

  • アルペンでキャンプグッズを探そう

クラウドファンディングサイト「Fannova」

クラウドファンディングサイト「Fannova」

L-Breath

新着記事



PAGE TOP
COPYRIGHT © SHUFU TO SEIKATSU SHA CO.,LTD. All rights reserved.