× CLOSE

害獣として駆除されたニホンジカの毛皮を使った純国産カーミットチェアカバー

ニホンジカの毛皮を使ったカーミットチェアカバー

アウトドアギアメーカ「野良道具製作所」は、害獣駆除で狩られた動物の有効利用を考える狩猟者団体「物語」と協力して、二ホンジカの毛皮を使ったカーミットチェアカバー「OCHIBA」をクラウドファンディング・プラットフォーム「CAMPFIRE」で先行リリース。

いま農山村地域で深刻な問題となっているのが、鹿やイノシシのよる獣害だ。被害は深刻で、農業や林業にに携わる人にとってはまさに死活問題。そして、その獣害による被害が拡大するにつれ、害獣駆除もまた広く行われるようになっている。

「”増えすぎた”鹿が”減らされ”て、獲れた肉はジビエになり、尻尾はお金になり。そして、あとは”捨てられる”。我々は、その現状だけは何とかしたい」という製作元の思いが、今回のプロジェクトの原動力だ。

鹿の毛皮は95%が廃棄されているという。それをアウトドアギアに生まれ変わらせることをミッションに掲げ、アウトドア好きの間で愛用者が多いカーミットチェアに着目し、鹿皮でそのカバーを作ったのだ。

「いわば人間の勝手で駆除され”いのち”を、捨てずに活かしてあげたい。今回のカーミットチェアカバー『OCHIBA』は、そんな想いで作った製品」だという。

鹿皮が持つ良さを最大限に活用!

資源の有効活用ということも大事だが、そもそも鹿の毛皮という素材自体が非常に魅力的で、ポテンシャルが高いとも言える。手触り、あたたかさ、座ったときに包まれるやさしさは、鹿の毛皮特有の魅力だろう。

このチェアカバーをキャンプに持ち出して、野の中でイスに腰かけて、ひと息つく瞬間、どんなにほっとすることだろう。背中のぬくもりには、”いのち”のあたたかさも混ざっている。

ニホンジカの毛皮で作って純国産カーミットチェアカバー「OSHIBA」製品仕様・素材

ニホンジカの毛皮(チェアカバー用に上42cm/下45cmのテーパード長さ80センチに裁断)
取り付けベルト:シートベルト(廃材を利用・物語ブランドロゴ刺繍入り)
バックル(プラスチック素材)
本チェアカバーは天然素材のため、ひとつとして同じものはありません。また、全く同じものは今後作れません。

◆販売ページ(4/19 18:00~5/30  23:59限定)https://camp-fire.jp/projects/view/147729


  • この記事が気に入ったらcazual(カズアル)に いいね! / フォロー しよう

  • キャンプアウドドアグッズ特集

  • アルペンでキャンプグッズを探そう

クラウドファンディングサイト「Fannova」

クラウドファンディングサイト「Fannova」

L-Breath

新着記事





PAGE TOP
COPYRIGHT © SHUFU TO SEIKATSU SHA CO.,LTD. All rights reserved.