× CLOSE

ベルトはどこ? まさか浮いてる? 日本のモノづくりで実現した進化系ウエストバッグ!

10inchタブレットPCも入り、特殊構造のウエストバッグ!

バッグのデザインは、もう出尽くした感がありますよね。

人が持っていないような新たなデザインを望んでも、なかなか見つからない・・・。

なんて思っていたら、あったんですよ!

そんな隙間を狙ったような、「SUKIMA bag(スキマバッグ)」というウエストバッグが!

SUKIMA bagは特殊な構造により、上着の裾が入る隙間を作りだすから、シャツやジャケットのシルエットを崩さず着られるようになっているバッグ。

どの方向から見てもウエストベルトやショルダーベルトが見当たらないから、宙に浮いてるような感じ。

でも実は、しっかりウエストベルトがあるので、肩こりもなく、手ぶら感覚で持ち歩けます!

鞄作りに初挑戦したブランド

SUKIMA bagを開発したのは、国内外のデザイン賞をいくつも受賞しているASTRUCT(アストラクト)です。

代表である石井 基公さんはイタリア製インテリアの輸入会社勤務を経て、2013年にASTRUCTを設立。

料理好きが高じて自分用にエプロンを作り、後に商品化。

料理用エプロン「HASHIRA-JYU(ハシラ ジュウ)」は、世界三大デザイン賞とも称される権威あるドイツの賞、iFデザイン賞を受賞。

さらに、料理だけでなくガーデニング、DIY、アウトドア等、屋外作業まで広い用途に対応したエプロンの「KASANE apron(カサネ エプロン)」と「HASHIRA apron(ハシラ エプロン)」の2点は、2017年度グッドデザイン賞を同時受賞しました。

設立当初から現在にいたるまで、裁断、縫製、仕上げ等の全工程を1人で手作りしているブランドです。

これまでエプロンや鍋掴みを作ってきたASTRUCTですが、今回が初めての鞄作りへの挑戦。

この革新的な構造を持つウエストバッグSUKIMA bagを完成させるためには、特殊なU字金具が必要不可欠でした。

そこで確かな技術を持ち、歴史と実績のある日本のモノづくり企業から協力を得ることで製品化が実現しました。

SUKIMA bagは現在、クラウドファンディングサイトMakuakeにてプロジェクト実施中です。

クラウドファンディング概要

SUKIMA bagは、「バッグの上に上着が載ってシワになる。」「バッグの外側に上着がかぶさり変なシルエットになる。」という従来のウエストバッグ最大の欠点を特殊な金具を組み込んだ構造にすることで解決しました。

問題を解決しつつ、「手ぶらで楽。」「肩に掛けるショルダーバッグやリュックと違って肩こりしない。」「荷重が左右均等なので、身体が歪まない。」「前傾姿勢でもバッグが前に落ちてこないので動きやすい。」「バッグを付けたまま上着の着脱が出来る。」というウエストバッグの長所はそのまま残しています。

目標金額: 2,800,000円

製品のお届け:2019年8月末

販売期間:2019年3月20日23:59まで

Makuakeプロジェクトページ

URL: https://www.makuake.com/project/sukima_bag/

商品概要

SUKIMA bag(スキマバッグ)

概要  : 特殊構造で上着の裾が入る隙間を作ったウエストバッグ

予定価格:48,600円(税抜45,000円)

サイズ :W 340/H 230/D 110mm

(鞄部分のみ:W 280/H 200/D 80mm)

仕様  : ウエストバッグとショルダーバッグの2way仕様

紐長1  : ウエストバッグ腰紐(腰当て含む) :800~1,000mm

紐長2  : ショルダーバッグ肩紐(鞄本体含む):1,200~1,400mm

素材  : コーデュラバリスティックナイロン(裏面PVC加工)

生産国 : 日本

お問い合わせ先

ASTRUCT(アストラクト) 

メール info@astruct.jp

URL  : http://www.astruct.jp


  • この記事が気に入ったらcazual(カズアル)に いいね! / フォロー しよう

  • キャンプアウドドアグッズ特集

  • アルペンでキャンプグッズを探そう

クラウドファンディングサイト「Fannova」

クラウドファンディングサイト「Fannova」

L-Breath

新着記事





PAGE TOP
COPYRIGHT © SHUFU TO SEIKATSU SHA CO.,LTD. All rights reserved.