× CLOSE

キャンプに持って行きたいポータブルスマートセンサー「MicroBot Sense」のクラウドファンディング開始!

直径3.8センチ、重さ30gの超小型ポータブルスマートセンサー!

きびだんご株式会社が運営するクラウドファンディングサイト「Kibidango」では、韓国のスタートアップNaran Inc.が開発した超小型ポータブルスマートセンサー「MicroBot Sense(マイクロボット・センス)」の商品化に向けたクラウドファンディングプロジェクトを開始しました。

マイクロボット・センスは、専用のアプリに接続して7つ(温度、湿度、騒音レベル、気圧、照度、動き、CO2濃度)の項目を測定する超小型スマートセンサーです。

アウトドアでは重要となる、温度、湿度、気圧をこのセンサーでチェックすることができます。

また機密性の高い4シーズンテント内にいるとき、気になるCO2濃度も知ることができます。

アウトドアイベント開催者なら、騒音レベルも気になるところです。

空間の7つのデータを測定する、持ち運べる超小型スマートセンサー!

直径わずか3.8センチ、幅約1センチ、重さ30gと小さく軽量で、部屋の壁やクローゼット、家電製品の他、バッグや鍵に取り付けて持ち運ぶこともできます。

また、過度な環境の変化があった場合にアラートを飛ばすことができる他、荷物やドアに付けてセキュリティアラームとして使用することも可能です。

体調管理や家族・ペットの見守り、大切な物の管理など、使い方は無限大。

開発元のNaranは、マイクロボット・センスの様々な活用方法を提案しています。

マイクロボット・センスの活用例

旅行やアウトドア、出先での環境チェック(登山での気圧チェック、家族や友人ともシェア)

常に携帯し、体調不良の予測・原因分析(気圧やCO2濃度の変化チェック)

保管方法に気を使うもの(ワイン、カメラ、革製品、薬など)の管理

スマートホーム化(スマートホームデバイスとの連携により実現)

赤ちゃんやペットの部屋の見守り(室温チェックや泣き声お知らせアラームとして)

遠方で暮らす高齢者のお部屋モニタリング(お部屋環境やドアの開閉チェック)

※Amazon AlexaやGoogle Home、IFTTT、webhooksとも連携が可能になる予定です。

製品仕様

サイズ:直径38mm×厚さ10.80mm

重量:30グラム

バッテリー:内蔵充電バッテリー

※1回の充電で最大1ヶ月使用可能。オプションのバッテリーパック装着で最大2年間使用可能。

充電:マイクロUSB、3.7V

6軸加速度センサー

BLE(Bluetooth Low Energy)

iOS/Android対応

専用アプリは日本語化を予定

マイクロボット・センスは専用アプリと接続して使用します。アプリはiOSとAndroidに対応しており、日本語化も予定しています。分かりやすいデータ表示、アラート設定やログの確認なども直感的に操作できるインターフェースデザインです。また、遠隔からお部屋をモニタリングする場合は、同社の製品「MicroBot Hub M」やご家庭で余っているiOSまたはAndroid端末が必要となります。

クラウドファンディングプロジェクト

価格

Kibidango支援価格(超早割):5,980円(税・送料込)【30個限定】

Kibidango支援価格(早割)    :6,400円(税・送料込)【50個限定】

Kibidango支援価格        :6,800円(税・送料込)

一般販売予定価格       :7,800円(税込)

※その他、バッテリーパックや「MicroBot Hub M」がセットになった特典もご用意しています。

 

お届け時期 2018年7月中にお届け予定

※プロジェクトの目標金額30万円を達成しなかった場合は、プロジェクトは不成立となります。

プロジェクトページURL  http://kibi.co/microbotsense_naran


  • この記事が気に入ったらcazual(カズアル)に いいね! / フォロー しよう

  • キャンプアウドドアグッズ特集

  • アルペンでキャンプグッズを探そう

クラウドファンディングサイト「Fannova」

クラウドファンディングサイト「Fannova」

L-Breath

新着記事



PAGE TOP
COPYRIGHT © SHUFU TO SEIKATSU SHA CO.,LTD. All rights reserved.