× CLOSE

標高差750m スリル&迫力満点の日本初雪上ダウンヒルランニングがおもしろそう!

賞金ゲット! 日本初雪上ダウンヒルランニング 『SNOW VERTICAL DOWN』~NAEBA-RISING~』

2月になり冷え込みもいっそう厳しくなってきましたね。寒い冬だからこそ、家でじっとしていないでソトに出てアクティブに体を動かしたくなる人、けっこういるんじゃないですか?

img_120703_1

今回紹介するイベントは、2017年3月18日(土)・19日(日)に開催される新しいスノースポーツイベント『SNOW VERTICAL DOWN』。新潟・苗場でスキー場のオフシーズンの活性化を目的としたイベント「NAEBA-RISING」の一環として開催されるのですが、なんと国内唯一の雪上トレイルランニングの単独賞金獲得イベントなんです!

大人気につき二次募集 盛り上がりを見せる雪上トレラン!

実はこのレースのエントリー募集は1月10日にすでに終了。前回のエントリー数を大幅に超える応募があったものの、募集終了後にも多数の問い合わせと要望があったことを受けて、特別に追加で予選レース1本分の50名の二次募集されるなど、大人気のイベントなのです。

残念ながら、すでの募集は終了してしまっていますが、迫力のレースは一見の価値あり! 冬ならではのトレランイベントを観戦に行ってみては?

『SNOW VERTICAL DOWN』ってどんなイベント?

img_120703_3

フランスのトレイルランニング専門ブランド「RaidLight(レイドライト)」が2014年に開催したものがモデル。

これを日本版にアップデートし「NAEBA-RISING」の代名詞ともなる国内唯一の賞金を獲得できる雪上5kmのダウンヒルランニングレース、それが『SNOW VERTICAL DOWN』なんです。

標高差750m スリル満点のコース設定がスゴい!

img_120703_2

スタート地点は第1ゴンドラの山頂駅。1,658mから900mのプリンスホテルまでを一気に駆け下りるコースで、スタートしてまもなく緩やかな斜面から始まります。続いて広大な斜面を駆け下りたら、つづら折りのジグザグ状のカーブ。ゲレンデ中腹部1,100mからは「チャレンジコース」なる中級者コースに入り、途中すり鉢状の最大斜度20度の斜面を駆け下りるスリルなコースも。そこを一気に駆け下りると残りは緩やかな斜面が続いてすぐにゴールというコース。

種目はすべてが5kmで累積標高は750mD。 男子under40 (~39歳)と男子over40 (40歳~)、女子under40 (~39歳)と女子 over40 (40歳~)の4つに分かれています。

昨年3月に前回近いが開催されると、国内各所から有力ランナーがエントリー。参加者たちがその過酷さと新感覚スリルを各所で語り、専門誌などにも取り上げられ、ランニング業界で今、最も熱く注目されているイベントの一つとなっています。

イベント詳細

大会名:SNOW VERTICAL DOWN 2017 ~NAEBA-RISING~

開催日時: 2017年3月18日(土)・19日(日)

開催場所: 新潟県湯沢町 苗場スキー場

URL: http://www.naeba-rising.com/

オフィシャルホームページ

http://www.naeba-rising.com/

オフィシャルFacebook

https://www.facebook.com/naebarising2017/

 


  • この記事が気に入ったらcazual(カズアル)に いいね! / フォロー しよう

  • キャンプアウドドアグッズ特集

  • アルペンでキャンプグッズを探そう

クラウドファンディングサイト「Fannova」

クラウドファンディングサイト「Fannova」

L-Breath

新着記事





PAGE TOP
COPYRIGHT © SHUFU TO SEIKATSU SHA CO.,LTD. All rights reserved.