× CLOSE

【青森県弘前】GWにおすすめ!ここ日本!? 見学可能な歴史的“洋館”をご紹介

漫画・アニメにも登場する弘前市の見どころ

青森県の弘前市といえば「りんごの生産が盛んな街」「弘前城の桜祭りで有名な場所」といった具合に、県内ではとくに知名度が高い場所です。

しかし弘前市が「洋館の街」としての顔をもっていることは、地元に住む人のなかでさえ、それほど広く認知されていません。それはおそらく、市民の暮らしのなかにすっかりなじんでいるから。あるいは、興味がある人だけに響く魅力があるからでしょう。

まるでフィクション映画のセットのような洋館の数々は、事実、弘前市を舞台とする漫画・アニメのなかでしばしば描かれます。弘前市のグルメを楽しみながら、ついでに訪れるもよし。漫画やアニメの聖地巡礼として、洋館を目当てに旅行するもよし。

貴重な体験になること間違いなしの、見学が可能な洋館をご紹介します。

旧弘前市立図書館

弘前市に点在する洋館のなかで、とりわけ華やかな外観をもつのが「旧弘前市立図書館」。

図書館という、大量の知識が集約される場所であったかつての役割も手伝い、まるで魔法の世界の存在のよう。左右にそびえる八角形の塔と、白・緑・赤茶色からなる彩色から、日本離れした雰囲気を強く感じさせる建物です。

昭和6年まで図書館として使われていましたが、現在は当時の姿を保存するとともに、資料の展示をおこなっています。内部の空間は、華やかな外観とは対称的。古い校舎を思わせる、やさしげで落ち着きのある雰囲気で満たされています。

【旧弘前市立図書館 基本情報】

住所:青森県弘前市下白銀町2-1
開館時間:9:00〜17:00
入館料:無料
お問い合わせ:0172-82-1642(弘前市文化財課)

青森銀行記念館

華やかでファンタジックな外観をもつ旧弘前市立図書館とはちがい、ひときわ荘厳な雰囲気をまとっているのが「青森銀行記念館」。弘前市にある洋館のなかでも、代表的な建築の1つです。

正面から見ても横から見ても、骨太でどっしりとした佇まいが印象的。すべての窓に張られた鉄柵や、手の込んだ造形の柱などからも、只者ならぬ存在感を放っています。かつて青森県内初の国立銀行として運営していた、この青森銀行記念館。現在は国指定の重要文化財として保護されつつ、古い資料や貨幣などの展示をおこなっています。

【青森銀行記念館 基本情報】

住所:青森県弘前市元長町26
開館時間:9:30〜16:30
入館料:高校生以上 200円、小・中学生 100円
お問い合わせ:0172-36-6350

旧東奥義塾外人教師館

旧弘前市立図書館とほぼ同じ場所にある「旧東奥義塾外人教師館」は、どこまでも直線的なデザインが特徴。“下見板張り”の技法が用いられた壁、随所に取り入れられたレンガなど、今となってはなじみ深い洋風建築の姿がそこにあります。

明治時代に建てられた洋館であり、もともとはキリスト教系の私立学校「東奥義塾」に招かれた外国人宣教師が居住するために使われていたもの。現在は1階で喫茶店を営業しており、味わい深い内装に囲まれてのコーヒーブレイクを楽しめます。

【旧東奥義塾外人教師館 基本情報】

住所:青森県弘前市下白銀町2-1
開館時間:9:00〜18:00(喫茶室は9:30〜18:00、ラストオーダー17:30)
入館料:無料
お問い合わせ:0172-37-5501

ミニチュア建造物

旧東奥義塾外人教師館のすぐ隣にある「ミニチュア建造物」は、10分の1スケールで作られた、建物の模型が並ぶ場所。現在も弘前市内にある建物と、かつて存在した建物が、あわせて10個以上展示されています。高さ1mから3mほどの模型は、窓の奥に人の動きが見えそうなほど精巧です。

冬季は雪から守るためにベニヤ板で囲われるため、最大限楽しめるのは冬以外の期間。囲いが撤去されると、リアルな模型を周囲の風景と一緒に見ることができます。

【ミニチュア建造物 基本情報】

住所:青森県弘前市下白銀町2-1
開館時間:ー
入館料:無料
お問い合わせ:0172-37-5501

三上ビル

弘前公園近くの交差点の一角にある「三上ビル」は、昭和2年に建築された洋館。有形文化財に指定されている建造物で、年季を感じさせるその外観が、周囲の風景にほどよく溶け込んでいます。

建物内には店舗が入っており、なかでも1階にある「煮干結社 弘前店」は、若者を中心に高い人気を誇るラーメン店。煮干しをふんだんに使った、弘前名物の煮干しラーメンを味わえます。以前はバーが入っていた場所でもあり、メロウな空気感も特徴的です。

ラーメン店のすぐ横にある喫茶店「珈琲 時代屋」もまた、レトロな雰囲気たっぷりの名店。煮干しラーメンと並ぶ弘前の名物、アップルパイとコーヒーを、地元客の津軽弁を聞きながら楽しめます。

【三上ビル 基本情報】

住所:青森県弘前市元寺町9
開館時間:ー
入館料:ー
お問い合わせ:ー

旧第八師団長官舎

弘前市役所の敷地内にある「旧第八師団長官舎」は、現在「スターバックス 弘前公園前店」として営業している建物。ガス灯におなじみのマークが吊り下げられている姿が、日本離れした景観をさらに際立たせています。

和と洋がうまく溶けあった外観には、メルヘンな雰囲気のなかに、瓦葺きの建物ならではの重厚感も。弘前市としては初めてスターバックスができた場所で、桜の名所・弘前城に近いこともあり、現在でも花見の時期になると、県内外から多くの観光客が押し寄せる人気店です。

落ち着きのあるレトロモダンな空間では、チェーン店の枠を超えた特別感を味わえます。

【旧第八師団長官舎 基本情報】

住所:青森県弘前市上白銀町1
開館時間:ー
入館料:ー
お問い合わせ:0172-35-1111

カトリック弘前教会

弘前市内には、教会もいくつか存在します。天に伸びるような尖塔がシンボルの「カトリック弘前教会」は、幼稚園と併設する教会。

規模としては決して大きくないものの、近代的で色鮮やかなステンドグラス、畳が敷かれた床など、非常に個性的。内部は明るく綺麗で、神妙な気持ちというよりは、心がスッキリと浄化されるような気分になります。

そして聖堂にある祭壇は、オランダ・アムステルダムの聖トマス教会から譲り受けたものだそう。クリーンな内装とはアンバランスにも感じられるその荘厳な姿は、たとえ信仰自体に興味がなくとも一見の価値あり。見学・撮影ともに自由です。

【カトリック弘前教会 基本情報】

住所:青森県弘前市百石町小路20
開館時間:7:00~19:00(冬期日没まで)
入館料:無料
お問い合わせ:0172-33-0175

これらはあくまで一部!まだまだある弘前市の洋館

歴史的な洋館という、少しニッチな弘前の見どころ。市民の生活のなかに違和感なく溶け込んでいるこれらの洋館は、弘前市を理解するうえでは大切な文化の1つです。

今回ピックアップしたものは、あくまで一部。まだたくさんの魅力的な建物が、徒歩で見てまわれる範囲に残っています。弘前を訪れる際には、ぜひ洋館を巡るための時間も確保しておいてください。

遠い過去を生きた人々、漫画・アニメのキャラクターたちと、時代や次元を超えてつながることができます。

※時期によっては、新型コロナウイルス感染症対策として見学不可となる場合もあります。
(各施設の基本情報 出典:弘前観光コンベンション協会)

写真・文/斎藤純平

【Profile/斎藤純平】

キャンプ、バイクツーリング、スキューバダイビングを趣味とするアウトドアライター。加えてこれから狩猟を始めようかと画策中。何をするのにも基本的にすべて一人で、キャンプもツーリングも思い立ったら即出発。読み手にとって本当に役に立つ情報を発信します。

GWにおすすめ!青森の関連記事はこちら!

【ケンミングルメ】地元民もハマる青森県弘前の名物料理〜煮干しラーメン、貝焼き味噌、イガメンチ 

【青森県黒石市】江戸時代の木造アーケードが残る「中町こみせ通り」の見どころ7選

【青森・八戸市】カオスすぎる朝市「館鼻岸壁朝市」 開催時間は”日の出”から 

 


  • この記事が気に入ったらcazual(カズアル)に いいね! / フォロー しよう

  • キャンプアウドドアグッズ特集

  • アルペンでキャンプグッズを探そう

クラウドファンディングサイト「Fannova」

クラウドファンディングサイト「Fannova」

L-Breath

新着記事



PAGE TOP
COPYRIGHT © SHUFU TO SEIKATSU SHA CO.,LTD. All rights reserved.