× CLOSE

スノーピーク「ギガパワーストーブ“地”」をレビュー!20年以上支持され続ける超軽量シングルバーナー

世界中のバックパッカーを魅了したスノピの傑作バーナー

世界で一番小さい。
世界で一番軽い。
世界で一番コンパクト。

このキャッチコピーとともに1998年に誕生した、スノーピークのギガパワーストーブ“地”。同年のグッドデザイン賞受賞をはじめ、翌年1999年にはアメリカの権威ある賞EDITOR’S CHOICEを受賞。

そして2015年にはさらに名誉ある賞EDITORS’ CHOICE GOLDをあらためて受賞するなど、輝かしい経歴を持つシングルバーナーです。

常識破りなほどのコンパクトさが世界中のバックパッカーを中心に大きな話題を呼び、2021年現在も多くの人の心をとらえて離しません。そんなスノーピークの傑作、ギガパワーストーブ“地”の魅力をお伝えします。

低重心がもたらす抜群の安定感

ガスカートリッジの上部に接続する「一体型」のシングルバーナーとしては、重心がきわめて低いことも大きな特徴です。内容量110gの小さなガスカートリッジに接続した場合でも、見た目以上にどっしりと安定しています。

そしてゴトクの高さはわずか13cmほど。以前ご紹介したことがある、プリムスの「エッセンシャルトレイルストーブ」とほぼ同じ高さです。
【関連記事】プリムス待望の新作バーナー「エッセンシャルトレイルストーブ」を徹底レビュー!

低重心を可能としているのが、極端に短い混合菅。混合菅とは、空気とガスを混ぜあわせる管のこと。通常、混合菅はある程度長く作る必要があります。ガスと空気が十分に混ざらないと、まともに燃焼しないからです。

それにも関わらずギガパワーストーブ“地”の混合菅がこれほどまでに短いのは、バーナーヘッドの内部にも、ガスと空気を混ぜる空間を確保しているため。バーナーヘッド内部で複雑な流れを生み出すことにより、混合菅のショート化に成功しています。

そしてこれこそが、ギガパワーストーブ“地”の開発陣が苦心した部分とのこと。類まれなコンパクトさとすぐれた安定性の裏には、すさまじい挑戦のストーリーが刻まれているのです。

軽量かつ高強度な4本のゴトク

ギガパワーストーブ“地”のすぐれた安定性に貢献しているのは、重心の低さだけではありません。ゴトクの作りも大きく影響しています。

軽さと収納時のコンパクトさを考えると、ゴトクは3本のほうが有利です。しかしギガパワーストーブ“地” のゴトクは4本。3本のゴトクと比べ、4本のゴトクは安定性においてはるかに上です。水がたくさん入ったクッカーやケトルを置いても、不安感はありません。

かといって軽さが犠牲になっているかというと、それはちがいます。ゴトクは曲げ加工がほどこされた、直径3mmほどのステンレス棒。十分な強度を確保しながら、軽さと安定性を両立できています。ゴトクを開閉するときの操作が簡単な点も長所です。

バーナーヘッドから立ち上がる青い炎が美しい

ギガパワーストーブ“地”が持つ魅力のひとつとして、燃焼時の美しさも挙げられます。バーナーヘッドから青い炎が立ち上がる姿は、まるで小さな花のよう。18個設けられたスリットの1つ1つから、花びらが伸びているように見えます。

バルブを開くほど炎が広がり、それとともに燃焼音は「ゴォー」とたくましい音へと変化。山頂などの静かで肌寒い環境においては、この音がなんともいえない風情を感じさせます。

そして最高出力は2500kcal/h。手のひらサイズのシングルバーナーとしては、十分すぎる火力です。

点火装置は「あり」と「なし」が選べる

ギガパワーストーブ“地”は、点火装置ありと、点火装置なしの2パターンが用意されています。点火装置ありのモデルは「ギガパワーストーブ“地” オート」とモデル名が異なるのが特徴です。

点火装置ありのメリットは、いうまでもなく点火が簡単なこと。ライターを忘れたとき、あるいはライターのガスが切れたときでも安心です。点火装置が破損した場合でも、部品単体で購入できるためそれほど手間なく交換できます。

いっぽうで点火装置なしのメリットは、よりコンパクトで軽いこと。そして見た目がスマートなことです。

点火装置ありのモデルとくらべ、収納時の幅が2〜3mmほど小さく、重量は15gの差があります。そのかわり、点火用のライターやイグナイターを持ち忘れないように気をつけなければなりません。

機能性をとるか、シンプルさをとるか。どちらを選ぶかは、やはりそれぞれの好み次第です。

一切ムダのない完成されたフォルム

手のひらにおさまるコンパクトさ、卵1個分に匹敵する軽さ、4本のゴトクがもたらす安定感、そして十分な火力。ギガパワーストーブ“地”の使い勝手や性能について良いところを挙げようとすれば、いくらでも挙げられます。

しかし2021年現在、それと同じ特徴を持つシングルバーナーは、めずらしくはありません。ギガパワーストーブ“地”よりもコンパクトに収納できる製品も、はるかに高出力な製品もたくさんあります。

しかし今もなお絶大な支持を得ている理由のひとつに、その完成されたフォルムが含まれていることは間違いありません。ただカッコ良くまとまっているだけでなく、小さく折りたたむための仕組みの導入やパーツ選びに対し、余念がないことがよくわかります。

いくつもの画期的な工夫を取り入れ、計算し尽くされたそのフォルムは、一見すると「簡素」に感じられるかもしれません。しかしそう思わせてしまうことこそ、ギガパワーストーブ“地”のすごいところ。そしてスノーピークが持つ、工業デザインにおける卓逸したセンスそのものです。

ただ眺めるだけでもその美しさを感じることはできますが、もっとも輝くのはやはり自然のなか。たった1杯のコーヒーを淹れる短い時間のなかでさえ、その魅力を堪能できます。

もしも今、コンパクトなシングルバーナーを欲しているのであれば、ギガパワーストーブ“地”はぜひ選択肢に入れてほしいアイテムです。長年の人気に裏打ちされた信頼性や、いまだ比類がないキャラクターは、一生のうちに1度試してみる価値があります。

スノーピーク(snow peak)ギガパワーストーブ“地” 詳細

使用時サイズ:106×67.5mm
収納時サイズ:44×35×82mm
重量:75g
最高出力:2500kcal/h
素材:ステンレス、アルミニウム合金、ブラス
価格:4950円(税込)

楽天市場で商品詳細を見る

スノーピーク(snow peak)ギガパワーストーブ“地”オート 詳細

使用時サイズ:106×67.5mm
収納時サイズ:45×37×82mm
重量:90g
最高出力:2500kcal/h
素材:ステンレス、アルミニウム合金、ブラス
価格:6490円(税込)

楽天市場で商品詳細を見る

写真・文/斎藤純平

【Profile/斎藤純平】

キャンプ、バイクツーリング、スキューバダイビングを趣味とするアウトドアライター。加えてこれから狩猟を始めようかと画策中。何をするのにも基本的にすべて一人で、キャンプもツーリングも思い立ったら即出発。読み手にとって本当に役に立つ情報を発信します。

最新キャンプギアのレビュー記事はこちら

焼きあがり極上のキャンプ鉄板をレビュー!シーズニング不要で手入れラクすぎ

MSRの隠れた名作テント「FRONTRANGE」って知ってる?ソロキャンで使ってみた

【キャンプギアレビュー】理想のジャグをついに発見。おしゃれで機能的で一軍ギア決定!


  • この記事が気に入ったらcazual(カズアル)に いいね! / フォロー しよう

  • キャンプアウドドアグッズ特集

  • アルペンでキャンプグッズを探そう

クラウドファンディングサイト「Fannova」

クラウドファンディングサイト「Fannova」

L-Breath

新着記事





PAGE TOP
COPYRIGHT © SHUFU TO SEIKATSU SHA CO.,LTD. All rights reserved.