× CLOSE

創業50年以上の板金加工会社が開発した「組み立て式焚き火スタンド」がアツイ!

ソロキャンに焚き火台

今回ご紹介するのは、クラウドファンディングサイトMakuakeで絶賛発売中の組み立て式焚き火スタンド「アーバンブッシュクラフト」です。

東京都青梅市にある創業50年以上の板金加工の会社、株式会社小沢製作所が企画販売しています。

都会的で便利・購入調達・手間いらずの手軽さから「アーバン」。

懐古的・現地調達・自然との調和から「ブッシュクラフト」。

手軽に持ち運びができるけれど、様々なものとの掛け合わせで、可能性が広がる…。

そんな便利さと不便さのいいとこ取りをする「オトナの焚き火」が楽しめる焚き火台です。

「アーバンブッシュクラフト」の特徴

<2WAY>

「アーバンブッシュクラフト」は、同じ形のプレートが5枚で1セットとなっています。

4枚で組み立てるとコンパクトで高さのあるタイプ、5枚で組み立てると開口部が広く地面に近いタイプと、シーンに合わせて2通りの使い方が選ぶことができます。

<デザイン>

熱によるプレートの変形を抑えるため、通気孔を規則的な形状にデザイン。

軽量化と強度のバランス、焚き火の熱を脚部に伝わりにくくするためのトラス構造をとっています。

細かな機能設計から導き出された無駄のない洗練された美しさは、道具としての魅力を宿しており、見ているだけでも心が躍ります。

<ケース>

バックパックなどに入れて外へ持ち出せる、ノートPCと見間違えるほどスタイリッシュなアルミケースを採用。

部屋の中やガレージ、車の中などに保管しておくときにも場所を取らないため、荷物を少しでもコンパクトに、軽くしたいソロキャンには嬉しいポイントです。

また、アルミ材にアルマイト処理を施すことで汚れや擦り傷に対しての耐久性を高めました。

<活用>

プレートの上面部分にはU字カットを複数設けており、スキュアー(串)等を活用することで色々な用途を楽しむことができます。

スタンドに立掛けて串刺しのもの作ったり、横にブリッジに組んでケトルやメスティンを火にかけたりするような技も使えます。

<燃焼力>

独自の外気取り込み用の通気孔を設計することより、美しい炎が立つ燃焼性の確保に成功しました。

また、通気孔は灰のセルフクリーニング用も兼ねているため、薪の隙間を確保するだけで空気が循環します。

<設置>

いつも平坦な場所があるとは限らないアウトドア。

そのため、設置場所の地形へフィットしやすいように脚部の可動域がある構造に設計しました。

脚部の可動域があることで地面との接地性を上げ、横転の危険性を出来る限り減らしています。

<安全性>

やけどの危険性をできる限り少なくするため、脚部に穴を開けることで熱伝導性を低減。

同時に強度が保たれるようトラス形状に設計しています。

<素材>

ステンレス鋼の中でも耐熱温度980℃の高い耐熱特性と、耐酸性を有するオーステナイト系ステンレス鋼SUS309Sを採用しています。

<強度>

通気孔の数と配置などを工夫し、加工や強度の見直しを何度も重ねることで歪みの可能性を限りなく抑えました。

また、同じ方向に歪みが発生するように集約し、熱による歪みと組み立て強度の低下を最小限にする工夫も施しています。

アーバンブッシュクラフトは、長年にわたり活躍してきた金属加工業の会社が、金属の特性と真剣に向き合って開発した100% MADE IN JAPANの焚き火台です。

気になった方は、ぜひクラウドファンディングサイトを覗いてみてくださいね。

商品概要

組み立て式焚き火スタンド

・内容物:プレート5枚、ロストル2種(四角形用1枚、五角形用1枚)、専用アルミケース1
・サイズ (高さ×幅×奥行):※組み立て時 4枚組 約195×210×210mm/5枚組 約145×340×323mm/ケース 約25×225×315mm
・重量:本体 (専用プレート5枚+ロストル2種) 約1.21kg/ケース 約0.69kg/合計 約1.9kg
・材質:耐熱オーステナイト系ステンレス鋼 SUS309S
・垂直耐荷重:4枚組 約10kg/5枚組 約7kg
・販売価格:¥27,500(消費税込)

クラウドファンディング概要
【焚き火台|パズルのように変形可能】機能も、デザインも、こだわり尽くした焚き火台

キャンペーン期間:2021年3月15日まで

一般販売予定価格:27,500円(税込) )

クラウドファンディングURL:https://www.makuake.com/project/moss/

文/中山 圭
【Profile / 中山 圭】
東京都立川市出身。広告代理店、出版社2社での広告営業を経て2019年に独立。趣味はルアー釣り、カメラ、音楽(ベース)。学生時代に始めたバス釣りで、2年もの間釣れなかったことから、ルアー釣りにのめり込むことに。ここ数年はバラした70cm以上のGTを追い求めて、南の島遠征を繰り返している。将来の夢は風景写真で入賞を果たすこと。モットーは、“釣果と景色は足で稼ぐべし”。


  • この記事が気に入ったらcazual(カズアル)に いいね! / フォロー しよう

  • L.L.Bean公式ショップ

  • 登山グッズといえば好日山荘

  • キャンプアウドドアグッズ特集

  • アルペンでキャンプグッズを探そう

クラウドファンディングサイト「Fannova」

クラウドファンディングサイト「Fannova」

L-Breath

新着記事





PAGE TOP
COPYRIGHT © SHUFU TO SEIKATSU SHA CO.,LTD. All rights reserved.