× CLOSE

初心者でも火起こし失敗ゼロ!LOGOSの成形炭「エコココロゴス」なら一発着火

「1分でバーベキュー開始」がキャッチコピーの成形炭

親しい仲間と集まってにぎやかに、あるいはひとり気ままに楽しむバーベキュー。ふだんの食事では味わえない雰囲気に、おもわず心がおどる時間です。

しかし、その楽しいバーベキューを始めるために必要な「儀式」があります。そう、火起こしです。

「仲間はみんなそろっている。道具はすべてセッティング済み。食材も飲み物も準備OK。でも火おこしが終わらないからバーベキューがなかなか始まらない……」

そのようなよくある状況を回避し、至極スムーズにバーベキューを開始させてくれるアイテムがあります。

それがロゴスの成形炭、「エコココロゴス」です。
※成形炭:木のクズや木炭の粉などを圧縮成形して作った炭

セールスポイントは、マッチやライターで簡単に着火できること。着火後わずか1分でバーベキューを開始できること。

そして「エコ」であること。

バーベキューをより手軽にしてくれるエコココロゴスは、ただ便利なだけでなく、森林の保護に貢献するアイテムでもあるのです。

不要となったヤシガラが原料だからエコロジー

エコココロゴスが「エコ」である理由は、伐採した木ではなく、木から収穫できるヤシの実を原料としていることです。

それも、このエコココロゴスを作るためにヤシの実を収穫しているわけではありません。

ココナッツジュースやココナッツオイルなどを取り出すために収穫されたヤシの実、その不要となった殻の部分を使用しています。

もともと捨てる部分だったものを、燃料として有効活用している製品。

それがエコココロゴスの特徴であり、数ある成形炭のなかから私がこれを選ぶ理由のひとつです。

そんなエコココロゴスには、サイズ・形状が異なるいくつかの種類が存在します。

そのなかでもとくに使いどころが多く、たくさんの人におすすめしたいのが「ラウンドストーブ」と「ミニラウンドストーブ」の2つ。

以下ではラウンドストーブとミニラウンドストーブの2つの製品について、特徴や使い方などを少し詳しく紹介します。

1個でステーキを14枚以上焼ける「ラウンドストーブ」

ラウンドストーブはエコココロゴスのなかでも大型の製品。直径は13cmで、七輪にちょうど収まるサイズ感です。

燃焼効率を高めるために空気穴がたくさんあけられており、ライターで着火したあとわずか1分で使用可能な状態になります。

ロゴス公式の情報によると、1個あたりの燃焼時間は40〜60分。14枚以上のステーキを焼ける能力を持っているとのこと。

ソロキャンプでの料理やバーベキューであれば、ラウンドストーブが1個か2個あれば足りてしまうでしょう。

いっぽうで大人数のバーベキューでは、ラウンドストーブのみでおこなうと燃料代が高くついてしまいます。

そういったシチュエーションでは普通の木炭と一緒に使用し、ラウンドストーブを着火剤として活用するのがおすすめです。

しかし、ただの着火剤と大きくちがうのが、それ自体で食材を焼ける点。

つまり、木炭の火起こしとラウンドストーブの熱を利用したバーベキューを、同時に進行することができます。

ラウンドストーブは燃焼時間が長くかなりの高温になるので、備長炭の火起こしにもうってつけです。

小型の焚き火台と相性がいい「ミニラウンドストーブ」

ミニラウンドストーブは直径7.5cmとラウンドストーブよりひとまわり小さく、小型の焚き火台と相性バッチリ。

小型の焚き火台は火を絶やさないために燃料の追加で忙しくなりがちですが、ミニラウンドストーブは30〜45分間燃焼し続けるので、落ち着いて食事ができます。

【小型焚き火台レビュー記事】
ソロキャンプのおすすめ焚き火台!キャプテンスタッグ「V型スマートグリル」がコンパクトでコスパ抜群

使い方はラウンドストーブと同じく、ライターで着火して1分待つだけ。1個でステーキを4枚焼けるパワーを持っています。

また、ミニラウンドストーブはラウンドストーブよりかなり軽量です。

ラウンドストーブの重量が1個あたり400gであるのに対し、ミニラウンドストーブはほんの150g。

そのため、バックパックを背負って行くキャンプ、キャンプツーリング、日帰りのハイキングなどを楽しんでいる方にもおすすめします。

それらのアクティビティーは持てる荷物の量に限りがあるため、普通の木炭を使用することは困難です。

しかしミニラウンドストーブがあれば、キャンプツーリングでもハイキングでも、炭火を利用したひとりバーベキューが可能となります。

ミニラウンドストーブは入り数がもっとも少ないもので3個入り。

そのなかから必要な個数だけをジップロックなどの袋に入れて持ち出せば、荷物を最小限に抑えることもできます。

仕事終わりのちょっとした楽しみにも

エコココロゴスは瞬時に火おこしが完了するので、限られた時間のなかでもバーベキューを楽しむことができます。

たとえば仕事から帰宅したあとのちょっとした時間。

冷蔵庫のなかから適当に選んだ食材と飲み物を用意して、誰にも邪魔されないひとりバーベキューを満喫すれば、仕事でたまったストレスも解消されます。

とくに日没の時間が遅くなる夏場は明るいうちから始められるので、とても心地よい時間を過ごせることでしょう。

マッチやライターで簡単に着火できるエコココロゴスは、バーベキューをより手軽に楽しませてくれるエコな成形炭。

愛用のキャンプ用品と一緒に常備しておきたい便利なアイテムです。

ロゴス エコココロゴス・ラウンドストーブ 詳細

サイズ:直径13×厚さ3.5cm
入数:2個・44個
重量:400g(1個あたり)
燃焼時間:40~60分
原料:ヤシガラ
価格:660円+税(2個入り)・オープン価格(44個入り)

ロゴス エコココロゴス・ミニラウンドストーブ 詳細

サイズ:直径7.5×厚さ3.5cm
入数:3個・4個・6個
重量:150g(1個あたり)
燃焼時間:30~45分
原料:ヤシガラ
価格:470円+税(3個入り)・620円+税(4個入り)・930円+税(6個入り)

写真・文/斎藤純平

【Profile/斎藤純平】

キャンプ、バイクツーリング、スキューバダイビングを趣味とするアウトドアライター。加えてこれから狩猟を始めようかと画策中。何をするのにも基本的にすべて一人で、キャンプもツーリングも思い立ったら即出発。読み手にとって本当に役に立つ情報を発信します。

【焚き火関連記事】

冬キャンプを快適に過ごす焚き火術 必要な道具と手順をおさらい!

【自腹レビュー】大ヒット!ベルモントの超軽量焚き火台「TABI」はソロキャンプに最適!

【レビュー】快適な焚き火ライフのお供! バンドックの「薪キャリースタンド」はコスパ&使い勝手抜群


  • この記事が気に入ったらcazual(カズアル)に いいね! / フォロー しよう

  • キャンプアウドドアグッズ特集

  • アルペンでキャンプグッズを探そう

クラウドファンディングサイト「Fannova」

クラウドファンディングサイト「Fannova」

L-Breath

新着記事





PAGE TOP
COPYRIGHT © SHUFU TO SEIKATSU SHA CO.,LTD. All rights reserved.