× CLOSE

【レビュー】ホカ オネオネの新作「チャレンジャー ロー GTX ワイド」は最高のハイキングシューズ!

ますます機能が充実してきたホカ オネオネのシューズ

スポーツからファッションまで幅広いメディアでたびたび登場する人気シューズブランド『HOKA ONE ONE(ホカ オネオネ)』。

今期の新作といえば、斬新なトレイルランニング向けのシューズ「テンナイン」で話題を集めたが、その一方でファッショナブルな新作「チャレンジャー ロー GTX ワイド」も登場。

今回は、そのシューズを手に入れることができたので、魅力を余すことなく紹介する。

【関連記事>>限定100足のプレミアシューズ!HOKA ONE ONEの「TenNine」の全貌を大公開

魅力はどこでも使える高機能とデザイン

この「チャレンジャー ロー GTX ワイド」は、ハイキングシューズとして提案する2020年新作アイテム。ハイキングということでアウトドア向けと思うかもしれないが、街中でも使えるようなデザインに仕上げている。

大きな特徴は、同ブランドの真骨頂でもある極厚のEVAミッドソール。存在感あるボリュームが目を引き、武骨な雰囲気を醸し出している。

アッパーには防水加工を施したヌバックレザーを採用。ツヤのない質感がオンオフ問わず幅広いファッションに合わせられる。

重量は片足364g(27.0cm)でレザー&極厚ソールを使用してこの数値は思った以上に軽い。

さらに、ブランド初のゴアテックスファブリックを使用していることも見逃せない。同じく今年発売のステインソンシリーズにも同素材を採用しているが、今までホカ オネオネで使用してこなかった防水透湿性を備えることで快適な履き心地を実現してくれる。

アウトソールには4mmの溝が刻まれ高いグリップ性を実現。街中からキャンプ場といったオフロードまで、どんな場面でも安定した歩行ができる。

履き口も厚みのある生地を採用し、歩行時にありがちなスレを防止してくれる。靴ひもを通している部品は樹脂を板状に加工したモールド成形で作られており、靴が甲にフィットするように設計されている。

さっそくレビュー! 気になる履き心地は?

実際に「チャレンジャー ロー GTX ワイド」を履いてみた。

ワイズ(幅)は2Eと日本人の足に合う広さに設定されているため、窮屈に感じず快適に歩けた。

ミッドソールにはメタロッカーテクノロジーを採用しており、つま先とかかとの高さの差を少なくすることで歩行がスムーズになるようにサポート。まさにそれを感じることができた!

ただ、人によって多少快適性は異なるので、実際にお店に行って試し履きすることをおすすめする。販売しているお店のリストは公式サイトで検索できるので、ぜひチェックしよう。

メンズはブラックとオックスフォードタン/デューンの2色、レディスはメジャーブラウン/ヘザーの1色を展開。街中でもアウトドアでも使えるオシャレなシューズを探している人は必見だ!

ホカ オネオネ「チャレンジャー ロー GTX ワイド」商品詳細

価格:25,000円+税

重量:364g(27.0cm)

商品の詳細はこちら

【文/撮影】小川迪裕

【Profile/小川迪裕(オガワミチヒロ)】

フリーランス編集者、ライター。得意ジャンルはキャンプとファッションで、雑誌からWEBまで幅広く寄稿する。最近はタブロイドやイベント冊子の製作、イベントの企画、ブランドPRなどもやる何でも屋に。


  • この記事が気に入ったらcazual(カズアル)に いいね! / フォロー しよう

  • L.L.Bean公式ショップ

  • 登山グッズといえば好日山荘

  • キャンプアウドドアグッズ特集

  • アルペンでキャンプグッズを探そう

クラウドファンディングサイト「Fannova」

クラウドファンディングサイト「Fannova」

L-Breath

新着記事





PAGE TOP
COPYRIGHT © SHUFU TO SEIKATSU SHA CO.,LTD. All rights reserved.