× CLOSE

【実食レビュー】キャンプにおすすめのコンビニ鍋!ローソン・セブン・ファミマを食べ比べ!

直火で加熱するだけ!超お手軽なコンビニの鍋

弁当のおかずから晩酌のおつまみまで、幅広く活躍するコンビニの冷凍食品。

そのなかには、アルミのトレーに入った鍋もあります。

具材とスープが冷凍された状態で入っており、直火で加熱するだけで完成するお手軽な商品です。

そしてこの鍋、キャンプでの食事にもおすすめです。

具材を切ったりスープを水で割ったりする必要がないので、食事のための荷物を最低限に抑えられます。

そして準備に時間がかからないため、メインの料理に添えるサイドメニューとしてもおすすめです。

このように、いくつものメリットを持つコンビニの鍋。

今回はコンビニ各社のなかでもとくに店舗数が多い3社、ローソン・セブン-イレブン・ファミリーマートの商品をレビューします。

【ローソン】チゲ鍋 うどん入り

まずはローソンのチゲ鍋。

パッケージに描かれているチゲ鍋は、スープの赤みが強く、なかなか辛そうな印象を受けます。

パッケージをはがすと餃子と肉団子が2個ずつ、そのほか白菜・もやし・ニラ・豚肉などの具材、そしてうどんが入っているのが確認できます。

これをそのまま、キャンプ用のシングルバーナーで加熱。

家庭用のコンロにくらべ、シングルバーナーの多くは狭い範囲を集中的に加熱する特徴があります。

そのためスープが溶けるまでは、弱火で加熱するのが大切。

最初から強火で加熱すると、底に穴があく可能性があるからです。

完成したチゲ鍋は、赤みがかったスープのなかに具材がたっぷり。

パッケージの写真に偽りなしです。

食べてみると、見た目どおりけっこう辛め。

白菜や玉ねぎからは野菜ならではの甘味が感じられ、トロトロ食感の餃子をひと噛みすると、味噌ベースの濃いスープがあふれ出します。

そして辛いスープには、やはりうどんがよくあいます。

商品名には「うどん入り」とまるでおまけのように書かれていますが、実際の量は意外と多めです。

熱さと辛さの相乗効果で、汗ばむほど体が温まっているのがわかります。夜はまだ肌寒い、今の時期にちょうど良い鍋です。

内容量は648g、価格は税込み538円。

【ローソン】コク旨仕立てちゃんぽん

同じくローソンから、冷凍のちゃんぽんも販売されています。

辛いのが苦手な方は、こちらがおすすめです。

栄養成分表示を見てみると、エネルギー418kcal・たんぱく質16.4g・脂質9.4g・炭水化物68.7gと表記されています。

いっぽうのチゲ鍋は、エネルギー493kcal・たんぱく質20.1g・脂質13.6g・炭水化物75.2g。

ちゃんぽんのほうが、よりヘルシーであることがわかります。

それでも味はなかなか濃厚。鶏ガラと豚骨ベースのスープは、まろやかでやさしい味わいです。

具材はキャベツ・もやし・玉ねぎ・にんじん・きぬさやなどの野菜がたくさん入っています。

さらにイカにエビにきくらげと、歯応えがある具材も。

麺は本場のちゃんぽんらしく、黄色みがかった太麺。こちらもまた歯応えがあり、食べ応え十分です。

具材の種類が多いので、いろどりが豊かな点も印象的でした。

内容量は587g、価格は税込み430円。

【セブン-イレブン】関西風だし香る 鍋焼うどん

最初に気づく特徴は、パッケージが透明であるため、入っている具材がひと目で確認できること。

消費者の立場からすると、とてもありがたく感じられます。

具材の並べ方も、今回取り上げている商品のなかでもっともきれいでした。

食べてみると魚のだしの風味がしっかり効いており、香りもよく立っています。

原材料名の表示を見ると、いわし削りぶし・さば削りぶし・かつお削りぶしの文字。

さらに昆布も入れて、旨味や風味をより豊かにしているようです。

そしてこの昆布は、北海道産の真昆布を使っているとのこと。

うどん以外の具材が豊富で、ほうれん草や卵焼きなど、さまざまな食感と味わいを楽しめます。

意外だったのが、焼いた餅が入っていたこと。この餅が満足感をさらに高めてくれます。

そして鍋焼うどんといえば、やはりしいたけは欠かせません。

しいたけの旨味を加えたスープが、噛むたびにジュワッとしみだしてきます。

内容量は588g、価格は税込み451円。

【ファミリーマート】お母さん食堂 だしが自慢の鍋焼うどん

見た目はセブン-イレブンの鍋焼うどんと似ているものの、スープの配合や具材の内容が異なっています。

こちらのスープのだしには、さば削りぶし・いわし削りぶし・そうだかつお削りぶし・かつお削りぶし、そして昆布が使用されているようです。

具材に餅は入っておらず、かわりに鶏肉が多く入っていました。

スープを口にしてみると、だしの風味はセブン-イレブンよりマイルド気味に感じます。

気のせい、あるいは加熱時間のちがいのせいかもしれませんが、むしろこちらのほうが好みの方もいるはずです。

食べた感想としては、尖った個性を持っているわけではなく、良い意味で「普通」の鍋焼うどんといった印象。

まさに「お母さん食堂」の名前にピッタリの商品だと感じます。

実家に帰らずとも、ほっとするようなやさしい味わいを堪能できる鍋です。

内容量は591g、価格は税込み450円。

シメはコンビニおにぎりを入れた「おじや」がおすすめ!

シングルバーナーやコンロで加熱するだけで食べられる、キャンプにおすすめの鍋。

これ1つだけでも十分満足できますが、残ったスープにコンビニのおにぎりを入れると、シメのおじやが楽しめます。

おすすめのおにぎりは、昆布入りのもの。どんな鍋にもマッチして、とろとろに溶けたのりと昆布の風味が最高です。

鍋焼うどんには、梅が入ったおにぎりもおすすめ。魚のだしと梅の酸味が、これまた本当によくあいます。

おじやを食べ終わったらスープもなくなるので、アルミのトレーは小さく丸めてゴミ袋へ。後片づけの簡単さも、コンビニの鍋の良いところです。

食材の準備がいらず、発生するゴミもごくわずか。そのためキャンプ以外にも、ツーリングや釣りにおける食事におすすめです。

きれいな景色を見ながら、アツアツの鍋を食べる。

そんな贅沢な時間を、最小限の手間で楽しめます。

写真・文/斎藤純平

【Profile/斎藤純平】

キャンプ、バイクツーリング、スキューバダイビングを趣味とするアウトドアライター。加えてこれから狩猟を始めようかと画策中。何をするのにも基本的にすべて一人で、キャンプもツーリングも思い立ったら即出発。読み手にとって本当に役に立つ情報を発信します。

人気のキャンプ飯系記事はこちら

【話題】アウトドアスパイス「ほりにし」の新作”辛口”を徹底レビュー!

秋田発BBQスパイスが激ウマ!ピリッと辛い「LAMB FIRE」をレビュー

【100均キャンプギア】ダイソーのステーキプレートで極厚ステーキを焼くコツ!

47都道府県のご当地グルメ・B級グルメをシェラカップで作ってみた! ミニマムクッキング全国制覇!


  • この記事が気に入ったらcazual(カズアル)に いいね! / フォロー しよう

  • L.L.Bean公式ショップ

  • 登山グッズといえば好日山荘

  • キャンプアウドドアグッズ特集

  • アルペンでキャンプグッズを探そう

クラウドファンディングサイト「Fannova」

クラウドファンディングサイト「Fannova」

L-Breath

新着記事





PAGE TOP
COPYRIGHT © SHUFU TO SEIKATSU SHA CO.,LTD. All rights reserved.