× CLOSE

エコでハイセンス!パラディウムの持続可能な防水ブーツに流行の兆し

リサイクル素材を使用したパラディウムの防水ブーツ

1947年にブーツづくりを始めたフランスの老舗シューズメーカー「PALLADIUM」(パラディウム)。

パラディウムの定番アイテムと言えばハイカーシューズですが、実は1991年にエコシューズの発売をスタートし、フランスでは「環境配慮型シューズのパイオニア」として知られています。

そんなパラディウムがこの春、”リサイクル素材を採用した持続可能な防水ブーツ”を発売するとの情報をキャッチしました!

パラディウム初の環境配慮型防水ブーツ

今回パラディウムから発売されるのは、「EVO LITE+ RCYCL WP+」「PAMPA LITE+ RCYCL WP+」「OX LITE+ RCYCL WP+」など、3モデル7カラーの環境配慮型防水ブーツ。

パラディウムのヘリテージであるパンパシルエットをベースにしたブーツは、アッパーにペットボトルのリサイクルポリエステルを100%、アウトソールとトゥーキャップにはリサイクルラバーを15%使用。

また、インソールの表面は80%、クッション部は85%がリサイクルポリエステルで、防水メンブレンやシューレース、ライニングなどもリサイクルポリエステルを採用しています。

それに加え、靴紐の先端部のシューレースチップは、微生物が分解する素材を使用するなど、徹底的にエコなシューズを作り上げました。

もちろん機能面だって優秀!

機能面では、ガセットタンでサイドからの雨水を防ぎ、水蒸気を透過する防水メンブレンを採用。

シューズの底面には、雨で滑りにくいようにラバーを貼り付けてグリップ力を強化しているので、どんな時も安心して歩けそう。

また、EVO LITE+RCYCL WP+のサイドジッパーは、止水ファスナーを採用しているため、街中だけでなく、雨天での活動を余儀なくされることの多いアウトドアでも活躍する予感。

もともとフェスやアウトドアシーンでの使用率が高いことで有名なパラディウムですが、今後も続々と環境に配慮したラインナップを増やしていく予定だそう。

機能性とおしゃれさ、そして環境配慮まで兼ね備えたパラディウムのシューズは、アウトドア好きなら一足は持っておきたい注目アイテムです。

商品詳細

EVO LITE+ RCYCL WP+
サイズ:25.0-28.0・29.0 cm
価格:16,500円 +税

PAMPA LITE+ RCYCL WP+
サイズ:22.5-28.0・29.0 cm
価格:13,800円 +税

OX LITE+ RCYCL WP+
サイズ:22.5-28.0・29.0 cm
価格:11,800円 +税

製品の詳細はこちらへ
https://www.palladiumboots.jp

文/中山 圭
【Profile / 中山 圭】
東京都立川市出身。広告代理店、出版社2社での広告営業を経て2019年に独立。趣味はルアー釣り、カメラ、音楽(ベース)。学生時代に始めたバス釣りで、2年もの間釣れなかったことから、ルアー釣りにのめり込むことに。ここ数年はバラした70cm以上のGTを追い求めて、南の島遠征を繰り返している。将来の夢は風景写真で入賞を果たすこと。モットーは、“釣果と景色は足で稼ぐべし”。


  • この記事が気に入ったらcazual(カズアル)に いいね! / フォロー しよう

  • L.L.Bean公式ショップ

  • 登山グッズといえば好日山荘

  • キャンプアウドドアグッズ特集

  • アルペンでキャンプグッズを探そう

クラウドファンディングサイト「Fannova」

クラウドファンディングサイト「Fannova」

L-Breath

新着記事





PAGE TOP
COPYRIGHT © SHUFU TO SEIKATSU SHA CO.,LTD. All rights reserved.