× CLOSE

アウトドアでもコーヒー豆を楽々挽きたて!「 モバイルミル スティック 」登場!

コンパクトで持ち運びもラクラク!

アウトドアで飲むコーヒーって、本当に美味しく感じますよね。

あれって、なんなんでしょうね。

まったく罪作り。

あのコーヒーが飲みたくて、キャンプに行くって方もいるんじゃないでしょうか。

そして前回より、もっと美味しいコーヒーが飲みたいって、向上心バリバリの人もけっこういたりして・・・。

向上心なのか、違う目的は別にして、コーヒーにこだわるキャンパーが多いのは事実。

だから、コーヒー豆を挽き立てにこだわるなんて、もはや普通のこと。

キャンプの朝に「ゴリゴリ」と数分間にわたってコーヒー豆を挽く音が、近隣サイトから聞こえてくるのも日常化してますね。

でも実際、あの「ゴリゴリ」って面倒だったりしません?

美味しいコーヒーを飲みたいとする気持ちの一方、豆を挽くのは煩わしい。

だからといって、挽いてある豆を持ってくるのは、こだわりを捨てたみたいでイヤ!

そこでご紹介したいのが、リチウムイオン電池内蔵のミル用電動モーターHARIO 「 モバイルミル スティック 」なのです。

手挽きミルも電動に!

2020年218日に新発売となるHARIO 「 モバイルミル スティック 」はHARIOのハンディーミル「コーヒーミル・セラミックスリム(MSS)」と「コーヒーミル・スマートGMGS)」専用の電動モーター。

つまりこの「 モバイルミル スティック 」単体ではコーヒー豆を挽けないのです。

必ずコーヒーミル・セラミックスリム(MSS)またはコーヒーミル・ス マートG(MSG)にセットして使用します。

HARIOのハンディーミル「コーヒーミル・セラミックスリム(MSS)」は実は、累計100万台を販売したミリオンセラーのアイテム。

HARIOの社員がキャンプ場で「ゴリゴリ」と数分間にわたってコーヒー豆を挽いてるキャンパーを見て思いついたのか、それとも本人が豆を挽くのを面倒だと思ったのか・・・。

とにかく、手挽きミルにホルダーを付けることで電動ミルにもなる価値を提供したいとHARIOでは考え、開発したそうなのです。

「 モバイルミル スティック 」の操作はとっても簡単。

豆をホッパーに入れたら、フタの代わりにホルダーとスティック本体を取り付けるだけ。

2人分のコーヒー豆20gを手で挽いた場合には中細挽きで2分半ぐらいはかかるけれど、電動ならわずか1分ほど。

「 モバイルミル スティック 」を使えば、手が疲れることもありません!

モバイルミル スティックの特長

コンパクトで場所を取らず、持ち運びもラクラクな「 モバイルミル スティック 」は手動ミルの約半分の時間でコーヒー豆が挽けます。

電源は本体内蔵のリチウムイオン蓄電池。

3時間の充電で、コーヒー豆20gを60秒間挽いたとすると、約25回分挽けるのです。

充電残量をランプで3段階表示してくれ、充電もUSB電源で手軽くできます。

製品詳細

HARIO 「 モバイルミル スティック 」

サイズ 幅36×36×高さ180mm

本体材質 ABS 樹脂

充電ジャックフタ材質 シリコーンゴム

ソケット材質 スチール

シール材質 PET 樹脂

グラインダー専用ホルダー材質 メタクリル樹脂

変換アダプター材質 鉄

原産国 中国

本体価格:9,000円(税別)

お問い合わせ先

HARIO株式会社

東京都中央区日本橋富沢町9-3

フリーダイヤル 0120-398-207

公式サイト http://www.hario.com

アウトドアでもコーヒー豆を楽々挽きたて! 「 モバイルミル スティック 」登場!


  • この記事が気に入ったらcazual(カズアル)に いいね! / フォロー しよう

  • L.L.Bean公式ショップ

  • 登山グッズといえば好日山荘

  • キャンプアウドドアグッズ特集

  • アルペンでキャンプグッズを探そう

クラウドファンディングサイト「Fannova」

クラウドファンディングサイト「Fannova」

L-Breath

新着記事





PAGE TOP
COPYRIGHT © SHUFU TO SEIKATSU SHA CO.,LTD. All rights reserved.