× CLOSE

冬キャンプはエアーベッドで快適!選び方やおすすめベッドをご紹介

エアーベッドはキャンプ快眠のお供

冬キャンプの寝床を快適に整えるため、おすすめのアイテムといえばエアーベッドです。

冷えや寝心地の悪さをなんとかしたい! と思ったときには、心強いパートナーとなってくれることでしょう。

エアーベッドの特徴や、アウトドアで活躍するアイテム選びのポイントを紹介します。

エアーベッドは冬キャンプの必需品! 快適にするためのアイテム

エアーベッドとは、内部に空気を入れて、膨らませて使うタイプのベッドを指します。

持ち運ぶときには、空気を抜いてコンパクトに収納可能。非常に軽いので、女性であっても負担になりません。

使用する際には空気を入れて膨らませますが、どのくらい空気を入れるかによって、好みの寝心地に調整できます。

しっかりと空気を入れれば普通のベッドマットのように使えるので、アウトドア以外でも家庭で自分用ベッドやお客様用のベッドとして利用している方も少なくありません。

エアーベッドを使うと、硬い地面との接触がありません。

空気を入れたマットは柔らかく、人の身体を包み込んでくれるので、朝起きたときの腰や背中の痛みを和らげてくれるでしょう。

エアーベッドを冬キャンプで利用するメリットは多い!

持ち運びがラクで、テント内部でも手軽に使えるエアーベッド。冬キャンプには、特におすすめのアイテムです。

以下のようなメリットを、ぜひ実際に体感してみてください。

・分厚いので寝心地が良い
・地面からの冷気や湿気をシャットアウトできる
・空気の層ができて、保温性が高まる

特に冬場のキャンプでは、地面から伝わってくる冷気に悩まされるケースは少なくありません。

さまざまな対策がありますが、エアーベッドもオススメ対策のひとつ。一度、導入してみれば、すぐにその差がわかるはずです。

エアーベッドの選び方

エアーベッドをキャンプで使用する場合、選び方にもいくつかのポイントがあります。

以下の項目を参考にしながら、失敗のないエアーベッド選びを実践してみてください。

・テント内で使えるサイズかどうか
・空気の入れ方について
・収納時の大きさや重さ
・耐久性
・肌触りについて

キャンプ中に使用する場合、テント内部に入ることが絶対条件となります。

家族で複数のエアーベッドを使用したい場合も、希望する形で使用できるサイズかどうか、購入前にしっかりとチェックしておきましょう。

エアーベッドには空気を入れて使いますが、この空気の入れ方にも「電動」と「手動」の2タイプがあります。

手軽に素早く空気を入れられるのは電動ポンプ内臓タイプですが、使用するためには、当然電源を確保しなければいけません。

電源がないサイトでキャンプをする可能性もある場合は、手動タイプを選択し、電池で動く別売り電動ポンプと組み合わせて使用するのがおすすめです。

また忘れてはいけないのが、エアーベッドの耐久性についてです。

キャンプ中の使用では、常に平らな場所で使用できるとは限りません。底面に汚れが付着することもあるでしょう。

耐久性が高く、また普段のメンテナンスも行いやすいアイテムであれば、長い間、愛用できます。

表面の素材に肌触りの良いものが使われていれば、眠っているときにも快適です。

おすすめのエアーベッド3選!

最後に紹介するのは、キャンパーにおすすめのエアーベッド3つです。購入時には、ぜひ参考にしてみてください。

キャンパーズコレクション/ポンプインエアベッド

基本的には、手動で空気を入れるタイプのエアーベッドですが、別売りの電動ポンプの使用も可能です。

内部にはクリアコイルを採用していて、通常のエアーベッドよりも耐久性を高めています。

本体の上には、ポリシェルという素材を採用。体重をかけた際に自然に分散するようになっているので、より快適な寝心地を実現できます。

FIELDOOR(フィールドア)/エアベッド ダブルサイズ

ダブルサイズで広々設計であるにも関わらず、3000円程度と非常にリーズナブルに購入できるエアーベッドです。

気軽に購入できるので、「まずは寝心地を試してみたい!」と思う方にもぴったりのアイテムだと言えるでしょう。

空気を抜くと非常にコンパクトに収納できる点も、人気の秘密です。

EXPED(エクスペド)/メガマット デュオ 10 M

テント内で高級ホテルのベッド並みの寝心地を味わえるアイテムです。高額ですが、とにかく寝心地にこだわりたいという方にオススメのラグジュアリーなエアマットです。

サイズは、183cm×104cmで2人用のダブルワイドサイズ。

厚みはなんと10cmもあります。しかも、端が直角に立ち上がっているため、183cm×104cmのすべての面で水平な睡眠面を確保できます。

厚みがあるおかげで冷気もシャットアウトでき、対応温度は-40度です。

冬キャンプの寒さと寝心地は、エアーベッドで解決しよう

冬キャンプをより快適に楽しむためには、就寝中の寒さについて、どう対策するのかが非常に重要なポイントとなります。

地面との間に空気の層を作り出してくれるエアーベッドは、防寒対策としても役立つアイテム。またもちろん、就寝中の身体への負担も和らげてくれることでしょう。

冬キャンプだけではなく、夏キャンプや車中泊にも活躍してくれますし、また自宅でお客様用に使用するのもおすすめです。

キャンプ用品としてだけではなく、ぜひオールマイティに使える便利グッズとして、購入を検討してみてはいかがでしょうか。


  • この記事が気に入ったらcazual(カズアル)に いいね! / フォロー しよう

  • キャンプアウドドアグッズ特集

  • アルペンでキャンプグッズを探そう

クラウドファンディングサイト「Fannova」

クラウドファンディングサイト「Fannova」

L-Breath

新着記事





PAGE TOP
COPYRIGHT © SHUFU TO SEIKATSU SHA CO.,LTD. All rights reserved.