× CLOSE

白馬岩岳スノーフィールドで持続可能なスノーリゾート実現を考える3日間!

「スノーリゾートから気候変動を考える3日間」を実施!

2019-2020年のウインターは、ご存知の通り雪不足。

スノーリゾートからは悲鳴が聞こえてきそうです。

これも気候変動のひとつと捉えていいのでしょう。

白馬岩岳スノーフィールドでは、「スノーリゾートから気候変動を考える3日間」を実施します。

開催期間は202022日(土)〜4日(月)の3日間。

3日目となる202024日には、パタゴニア×POW「Snow Activism フィルム上映&トークイベント」を開催。

スノーフィールドの現場から、環境について考えてみるのはいかがでしょうか。

地球の悲鳴を肌で感じる

深刻な雪不足の問題を抱えている日本のスノーフィールド。

「スノーリゾートから気候変動を考える3日間」を実施する白馬岩岳スノーフィールドにおいても例外ではありません。

実際に白馬岩岳スノーフィールドでは、年末年始を過ぎても山麓部まで滑走ができる状況ではなかったのです。

今シーズンのオープンは、前年より8日遅れ。

上質なパウダースノーを誇る白馬エリアでも小雪による影響が出はじめ、地球の悲鳴を肌で感じる状況になっているのです。

そこで「スノーリゾートから気候変動を考える3日間」では、ゴンドラやリフトなど「白馬岩岳スノーフィールド」の使用電力を100%再生可能エネルギーで賄うという取り組みを実施。

100%再生可能な電力エネルギーとは、太陽光、風力、バイオマス(生物資源)、水力、地熱など。

降雪機稼働に必要な電力、各施設の電力などを再生可能エネルギーに切り替えます。

22日(土)〜4日(月)の3日間で、CO2排出量を14,255Kg- CO2から0Kg- CO2に減らすことを目指しています。

グローバル気候マーチ at 白馬岩岳スノーフィールド

22日には「グローバル気候マーチ」を開始。

当日は、参加者と共に作成したプラカードを持って一斉に滑走。

またSNSを活用した「プラカードコンテスト」も同時開催

グローバル気候マーチ at 白馬岩岳スノーフィールド
開催日時 202022日 11:0014:00
集合場所 白馬岩岳スノーフィールド 山頂エリア スカイアークデッキカフェ前
お問い合わせ先メール doitnowsdgs@gmail.com

 

Snow Activism フィルム上映&トークイベント

上映作品は、スコットランド、コロラドなど世界各地で気候危機と戦う活動家2名のストーリーに加え、日本でも2019年の2月にスノーコミュニティを代表して立ち上がったPOW Japan代表の小松吾郎さんにフォーカスを当てたストーリーの計3本を予定。

上映後には、小松吾郎さんとパタゴニア社のスノーボード・アンバサダーの玉井太朗さんによる、トークセッションを開催。

Snow Activism フィルム上映&トークイベント
開催日時 202024 19:3021:3019:00開場)
会場 白馬岩岳スノーフィールド ホワイトプラザ(長野県北安曇郡白馬村北城12056
参加費 無料(要予約)
お問い合わせ先 パタゴニア 白馬/アウトレット
電話 0261-72-7570

 

 


  • この記事が気に入ったらcazual(カズアル)に いいね! / フォロー しよう

  • キャンプアウドドアグッズ特集

  • アルペンでキャンプグッズを探そう

クラウドファンディングサイト「Fannova」

クラウドファンディングサイト「Fannova」

L-Breath

新着記事





PAGE TOP
COPYRIGHT © SHUFU TO SEIKATSU SHA CO.,LTD. All rights reserved.