× CLOSE

【体験レポ】Ankerの最新ソーラーチャージャーはキャンプで最強の充電器!?

モバイルバッテリーはキャンプでも必須用品に!

最近のキャンプはLEDライトやBluetoothスピーカーなどが急速に普及して、アウトドアで手軽に使えるデジタルガジェットが増えて、より楽しい時間が過ごせるようになった。一方で、これらに給電できる場所は依然として少なく、スマホの充電も必要となると給電方法がとても重要になってくる。

そこで必要なのがモバイルバッテリー。街中でもふだんから使うコンパクトなものから、災害時でも便利な大型バッテリーも登場し、キャンプでも利用者が急増している。

なかでも、モバイルライフ パートナーブランド「Anker(アンカー)」のバッテリーはキャンプでも便利と大人気! 今回は、ソーラーチャージャー「PowerPort Solar 60」がキャンプでどのくらい便利なのか、実際に使って試してみた。

Ankerのソーラーチャージャーを試してみた

Ankerは、現在3製品のソーラーチャージャーを販売しており、「PowerPort Solar 60」は今回で4品目の販売。こちらは約295×170×62mmの収納サイズで、A4サイズに近い大きさ。上部にハンドルが付いているので、持ち運びもしやすい。

展開サイズは約860×700×5mmで、ソーラーパネルは全9枚を搭載。「Anker PowerPort Solar」のソーラーパネルは3枚だったので3倍の数!

1枚のサイズは、同ブランドのポータブル電源「PowerHouse」(写真右上)1台分。同製品がいかに大きいかがわかるだろう。

「PowerHouse」隣にあるケースの中には給電ポートが入っており、ここにコードを接続して充電する。8mmのDC出力、5.5mm のDC出力、Anker独自の急速充電技術であるPowerIQのUSB出力2ポートの計4ポートが使えるようになり、ソーラーパネルを9枚使うことで幅広いアイテムの充電を可能にした。

「PowerPort Solar 60」の、ここがイイ!

充電でもっとも特徴的なのが、先ほど紹介した「PowerHouse」を充電できるようになったこと。

「PowerHouse」はDC出力、USB出力4ポート、そしてAC出力を搭載した最強ポータブル電源として広く知られ、キャンパーにとってはLEDライトの充電や家電も使用可能となりとても便利。今までのソーラーチャージャーではここまで使えなかっただけにうれしい特徴だ。

もちろんスマホも充電することが可能で、最大2台まで同時に利用できる。両ポートともAnkerおなじみの独自技術「PowerIQ」を搭載し、機器ごとに最適なスピードで急速充電してくれる。この有無で充電速度が異なるので、早く充電したい人にとっては心強い!

最先端の太陽光パネルを採用しており、今まで取り込めなかった多少の曇りでも光を取り込める。また、パネルには撥水素材を使っているため、雨で濡れても問題なく使用できる。
※環境によって取り込めない場合もあり

さらに、各四方にはフックに引っかけるリングが付いていて、S字フックなどで木やテントなどに引っかけて使用できる。「地面がぬかるんでいて使いたくない……」という場合でも、これなら安心して使える。まさに、アウトドアにぴったりなソーラーチャージャーなのだ!

「PowerPort Solar 60」の充電時間と注意点

スマホは3分で1メモリの充電スピードで、たとえば20%から満充電するには240分=4時間くらい。

一方で、「PowerHouse」は15分経っても1メモリも充電されなかった。20分以上続ければ充電ができたかもしれないが、今回は15分で切り上げたため、充電は確認できなかった。環境やパネルの状態によるかもしれないが、「PowerHouse」をいち早く充電したいときにはあまり向かないかもしれない。

また、撥水素材を採用しているのはあくまで太陽光パネルのみで、チャージャーポートには撥水性はない。ここが濡れると使えなくなってしまうため、濡れないように注意しよう。

「PowerPort Solar 60」でキャンプをより便利に!

キャンプでも電気を使う昨今。ポータブル電源やモバイルバッテリーを使う人が多いなかで、これらを充電するソーラーパネルはとても便利なアイテム。なかでも「PowerPort Solar 60」は、高機能で使い勝手も良好! ソーラーチャージャーをお探しの人はぜひ使ってみてもらいたい。

PowerPort Solar 60のアイテム情報

価格:18,333円+税
重量:約1.4kg
収納サイズ:約295×170×62mm
展開サイズ:約860×700×5mm
商品の詳細はこちら

撮影・文/小川迪裕(オガワミチヒロ)

【Profile/小川迪裕(オガワミチヒロ)】
フリーランス編集者、ライター。得意ジャンルはキャンプとファッションで、雑誌からWEBまで幅広く寄稿する。最近はタブロイドやイベント冊子の製作、イベントの企画、ブランドPRなどもやる何でも屋に。


  • この記事が気に入ったらcazual(カズアル)に いいね! / フォロー しよう

  • キャンプアウドドアグッズ特集

  • アルペンでキャンプグッズを探そう

クラウドファンディングサイト「Fannova」

クラウドファンディングサイト「Fannova」

L-Breath

新着記事



PAGE TOP
COPYRIGHT © SHUFU TO SEIKATSU SHA CO.,LTD. All rights reserved.