× CLOSE

ホグロフスの新作リュックKATLA35をキャンプで使ってみた

HAGLÖFS(ホグロフス)の新作バッグをインプレッション!

20161014_tokoro_hoglofs_001

先日、朝霧高原で秋キャンプをしてきたので、HAGLÖFS(ホグロフス)の新作バッグを試してきました! 試したバッグはKATLA35だ。

KATLA35のバッグの特徴をおさらい!

まずはKATLA35の特徴をチェック。HPを見ると次のように特徴が書かれている。

柔らかいターポリン素材を使用したKatlaは自然の中でも街中でもぴったりなアイテムです。ふんだんにポケットを配してすっきりと整理でき、雨蓋を開けるとすぐに出し入れできるラップトップスリーブを備えて外出中のビジネスに対応できる優れもの。

機能

・サポート性と着用時の快適性を高めるInteract™サスペンションシステム
・摩耗性に優れてお手入れが簡単なターポリンを使用
・外からアクセスできる15インチラップトップ対応パッド入りインナースリーブ
・リッドにキーホルダー付き
・ファスナー付きサイドポケット2つ
・フロントに追加のギアを取り付けられるギアループ
・サイドコンプレッションストラップ

HAGLÖFS(ホグロフス)HPより引用

初見の印象は、なんといっても見た目がスマートというもの。シンプルで無駄をそぎ落としたデザインは、いかにも北欧っぽさ(ホグロフスはスウェーデンで生まれた)がうかがえる。個人的にはアウトドアのシチュエーションでもブラックやネイビー、モスグリーンといった服が多いので、こういったストイックなカラーのデザインは合わせやすくて好みだ。

それに、「KATLA」シリーズは生地にターポリンを使用していて耐久性と防水性にすぐれているのが特徴。PC収納も備えているので、アウトドアだけでなく街でも使いやすい、全天候、全フィールドに対応している万能バックパックといえる。

山や高原でのキャンプでは雨に強いのは絶対条件(雨男なんで。。。)

僕は、装備を考える際、耐水性や防水性を非常に気にするタイプだ。というのも、自分では認めたくはないけど、雨男だから。普段はそんなことないのに、なぜかキャンプに行くと8割がた雨。そんなわけで、晴れを前提ではなく、雨が降って当然という考えで、いろいろな装備を選ぶようにしているんです。

今回、行ったキャンプはどうだったかって? お分かりかと思いますが、もちろん雨でした。(雨の様子はこの記事を参照ください

その点、KATLAは合格です。ボディに使われているのはターポリンという生地。どんな生地かっていうと、運動会などで見るイベント用大型テントの天幕だったり、デパートの外壁に垂れている幕などに使われている生地といえば、わかりやすいはず。ビニールコーティングされでいるので、多少濡れても水は浸みてこない。とはいえ、完全防水ではないので、ご注意を。

20161014_tokoro_hoglofs_004

どうです? きちんと撥水しているでしょう。黒光りするホグロフスの”デジタルH”のロゴもクールです

20161014_tokoro_hoglofs_007

雨蓋方式なので雨の侵入をシャットアウトしてくれる

ノマドワーカーの必須機能 PCスリーブももちろん装備

雨蓋を開けるとPCスリーブを装備。15インチのノートパソコンを収納できる。アウトドアでも仕事に追われるデジタルノマドワーカーも安心だ!

20161014_tokoro_hoglofs_010

主気室がガバッと開くプルループシステムが気持ちいい!

主気室は、ドローコードで開口部を絞るタイプ。プルループ(Pull Loop)がついていて、引っ張ればズバッと開口する仕組みになっている。初めこそ慣れず開け閉めに手こずったが、コツをつかむとプルループシステムはとっても気持ちが良い。ループを引くとガバッと一気に開くので、荷物の出し入れがラクちんなんです。

20161014_tokoro_hoglofs_008

ギアループ、サイドポケットが使える!

 20161014_tokoro_hoglofs_003

案の定、今回も雨のキャンプとなったわけだが、便利だったのがフロントについたギアループ。雨が降ったらサッと取り出して使えるようにと、ケース入りの折りたたみ傘をカラビナで吊るしていました。

20161014_tokoro_hoglofs_009

両脇にファスナー付きのサイドポケットもあり、これも重宝したもんです。500mlのペットボトルも余裕で入るので、けっこう容量は大きい。虫除けスプレーや日焼け止め、サングラスケースなどをいれるのも良さそうだ。

20161014_tokoro_hoglofs_005

サイドコンプレッションストラップも活用。サイズ的にバッグには入れられないミニテーブルをギュッと締め付けて固定。

ギアループやサイドポケット、コンプレッションストラップなど、使用者のアイデア次第でかなり自由度高く使えるバッグと言える。

容量も35リットルあるので、1泊2日程度のキャンプであれば、秋冬でも服装まわりの装備は十分収まるかと。今回持って持って行った服は、ダウンジャケッド、インナーダウン、レインウェア、ハーフパンツ、Tシャツ、ヒートテックの上下インナー。これにプラスして、タオル、小さめカメラバッグ、ノートパソコン(15インチ)、ノート、モバイルバッテリーや充電コードなどが入ったので、容量は申し分ないかと。タウンユースの場合は、ちょっと持て余すと思います。なので、タウンユースをメインで考えるなら、容量25リットルのKATRA25のほうがオススメですね。

KATLA35の個人的感想まとめ

キャンプに行くときのメインバッグになりそうです。僕は、寝袋、テント、イスは別なギアバッグにまとめているので、バッグパックは主に服やタオル、ヘッドライドなど、身の回りの物を入れている。35リットルの容量はそれらを入れるのにちょうどよいサイズ感だ。雨にも強いし、ラフにガシガシつかえる感じもGood。吊るしたりはさんだり、いろいろな拡張性もあるのも好印象。あとは値段が手頃というのもいいですね。税抜き15,000円なら、手を出しやすい価格だし、多少乱暴に扱っても気にならない価格だと思う。価格も含めて、先にも書いたけど、全天候、全フィールドに対応した万能バッグだと言えると思います。

HAGLÖFS KATLAシリーズの動画もチェック!

【商品概要】
KATLA 25
価格:13,000円+(税)
素材:600D Tarpaulin
カラー:TRUE BLACK、BLUE INK、ACAI BERRY
容量:25L
重量:約950g
KATLA 35
価格:15,000円+(税)
素材:600D Tarpaulin
カラー:TRUE BLACK、BLUE INK、ACAI BERRY
容量:35L
重量:約1.02kg

ホグロフスの公式オンラインストアオープン!

ホグロフスウェブサイトに待望のオンラインストアが加わりました! 11月13日まで、お得なオープニングキャンペーンを実施中だ。8,000円(税抜)以上ご購入の方には、先着300名様に非売品のホグロフスロゴ入りクリーンカンティーンボトルをプレゼント。キャンペーン期間中にオンラインストアでご購入いただいた方全員に、ホグロフスブランドストア・ショップ各店店頭で使える、1,000円分のクーポン券をプレゼント(※ショップインショップ、アウトレットでは行っておりませんので、ご注意ください)。さらに、通常10,000円(税抜)以上の購入で送料無料だが、キャンペーン期間中は5,000円(税抜)以上購入で送料無料! この機会をお見逃しなく!

HAGLÖFS(ホグロフス)のHPはこちら

text:george

【PROFILE/george】
茨城県東海村出身の32歳。インテリア雑誌、週刊誌、書籍、ムックの編集を経て、現在Webディレクター。4年前の朝霧ジャムに行って以来、アウトドアにハマる。テントはMSRのエリクサー3、タープはZEROGRAM。車を持っていないので、キャンプに行くときは知人の車に相乗りが常。なので、基本の装備は「軽くコンパクトに、友人の負担にならないこと」が信条。


  • この記事が気に入ったらcazual(カズアル)に いいね! / フォロー しよう

  • L.L.Bean公式ショップ

  • 登山グッズといえば好日山荘

  • キャンプアウドドアグッズ特集

  • アルペンでキャンプグッズを探そう

クラウドファンディングサイト「Fannova」

クラウドファンディングサイト「Fannova」

L-Breath

新着記事





PAGE TOP
COPYRIGHT © SHUFU TO SEIKATSU SHA CO.,LTD. All rights reserved.