× CLOSE

日本一のローカルスキー場「カムイスキーリンクス」が12月8日に、いよいよオープン!

世界中のスキーヤーが称賛するシルキースノー!

いよいよスノーシーズンの到来です。

スノーアクティビティの準備は整っていますか?

日本は山が多く、したがって高山ではわりとどこでも雪が積もるため、それほど雪質にこだわりなく、近場のフィールドでスノーアクティビティを楽しんでいるようです。

ところが北海道の雪は世界中のスキーヤーから高く称賛され、年々、北海道を訪れる外国人が増えているのだとか。

その北海道の中でも特徴ある気候から、旭川には雪玉をつくれないほど「軽く」、サラサラで「乾いた」最高品質のパウダースノー、別名シルキースノーが豊富に降り注ぎ、今や世界中のパウダー愛好家の憧れの地となっています。

意外と近い?! カムイスキーリンクス

北海道のほぼ中心に位置する旭川市にあるスキー場「カムイスキーリンクス」が、1984年の開業以来初となる施設の大規模改修を終え、いよいよオープンします。

いくらシルキースノーが豊富に降り注ぐからといって、北海道に住んでいないと旭川はちょっと遠いイメージですね。

でも羽田空港から最短2時間半で「カムイスキーリンクス」に到着すると考えれば、都内から関越または東北のスキーゲレンデに行くのと対して変わらないですよね。

旭川は四方をぐるりと山に囲まれた盆地特有の豪雪地帯で、年間降雪日も平均143日と全国的に最も多いのが特徴。

また、マイナス41℃の最低気温日本一の記録を持つ、屈指の寒冷地としても知られています。

その寒冷地だからこそ、良質な雪となるんです。

そしてスキー場へのアクセスも充実!

旭川市内のホテルおよびJR旭川駅、旭川空港と圏域の各スキー場を結ぶシャトルバス“SNOW BUS(スノーバス)”をご用意。

2018-2019シーズンは、旭川空港からカムイスキーリンクスへの直行シャトルバスを毎日運行(201933日以降は土日祝日の運行)

朝一の飛行機なら、お昼前にはシルキースノーを満喫!

羽田から最短2時間半でゲレンデに到着できるなら、行ってみてもいいんじゃないですか?

新生カムイ始動!

スキー場「カムイスキーリンクス」は、1984年の開業以来初となる施設の大規模改修を終え、2018年128日にオープンします。

「カムイスキーリンクス」は最高の雪質もさることながら、ファミリーで楽しめるゆったりとしたコースから、FIS(国際スキー連盟)SAJ(全日本スキー連盟)公認のダイナミックなアルペンコースまで合計25本のコースがバランスよく配置されているのも特徴です。

レンタルコーナーは昨年度リニューアルしました。

 

上質なレンタルサービスを提供するベース(BASE=基地)として、世界のトップブランドである『FISCHER(フィッシャー)』のスキーをご用意。

レンタルスキーはスタンダードモデルを中心に、上級者やパウダー好きなお客様向けに最新のハイエンドモデルも用意しています。

またスノーボードについては、限られた店舗でしか展開されていない『THE NORTH FACE GRAVITY』ブランドのスノーボードとブーツを豊富に用意しています。

ウェアやアクセサリー、ヘルメットは『GOLDWIN』、『FISCHER』ブランドを取り揃え、手ぶらでも十分楽しめるラインナップとなっています。

そして、今シーズンからはエリア初の自動ICゲートを導入し、よりスムーズにリフトの搭乗が出来るようになりました。

日中「カムイスキーリンクス」で滑り足りなかった方には、SNOW BUSで「サンタプレゼントパーク」(旭川市神居町富岡555番地の2)や「キャンモアスキービレッジ」(上川郡東川町西5号北44番地)のナイターへGO!

1日中大雪エリアを滑り尽くせます!

スキー場詳細

カムイスキーリンクス

北海道旭川市神居町西丘112

電話 0166-72-2311

営業時間 全日 900分~1700

営業期間 2018128日~2019331(予定)

駐車場 3,000台 無料

公式サイト https://www.kamui-skilinks.com

 

 


  • この記事が気に入ったらcazual(カズアル)に いいね! / フォロー しよう

  • キャンプアウドドアグッズ特集

  • アルペンでキャンプグッズを探そう

クラウドファンディングサイト「Fannova」

クラウドファンディングサイト「Fannova」

L-Breath

新着記事





PAGE TOP
COPYRIGHT © SHUFU TO SEIKATSU SHA CO.,LTD. All rights reserved.