× CLOSE

「ポータブル冷蔵庫」をプチカスタマイズして楽しむとらさん

ジープラングラーとテントはトレックドーム カペラ120ヒルバーグのUL10によって、真っ赤なキャンプサイトを構築していたとらさんご夫妻。

caz04_OR04_COC_m06_01

キャンプ道具すべてが真っ赤というわけでもなく、要所要所に異なった色のアイテムが登場します。だから知らず知らずに見つめてしまいます。差し色効果ってやつですね。

真っ赤なキャンプサイトに、青い物体が……。スエーデンに本拠を置く ドメティック社 ポータブル冷蔵庫。グレーというか、銀色というか、ドメティックのポータブル冷蔵庫って、その色が定番だと思ってましたが、ブルーも存在してたんですね。そのポータブル冷蔵庫を、とらさんご夫妻はプチカスタマイズして楽しんでいました。

カスタマイズポイントをご紹介する前に、ドメティック社 ポータブル冷蔵庫の簡単なプロファイルを。

caz04_OR04_COC_m06_09

100V家庭用電源、12V車内シガーソケットによって冷蔵機能をもたせるのですが、日本仕様はカセットガスを用いることでも使用可能。

メーカーによると「カセット1本で外気温28°Cにて4時間で1°C、7時間で温度安定、約24時間稼働し続けます」とのこと。

基本機能は冷蔵庫だけど、外気温が26°C以下なら、庫内は 0°C以下に。だから氷を作ることも可能になるのです。

caz04_OR04_COC_m06_12

本体寸法 :W500×D440×H440mm

本体重量 :16kg

庫内寸法 :W410×D220×H340mm

内容量 :33リットルということで、結構な食品の保管が可能です。

キャンプだけでなく、災害時に備え、一家に一台あると安心アイテムかもしれません。

caz04_OR04_COC_m06_10

そしてプチカスタムポイントですが、その1:ボトルオープナーの設置。

コールマンのスチールベルトクーラーとかにもボトルオープナーってついてますもんね。やはり便利なのでしょう。

しかもとらさんの場合、本体色と同じこだわって青に。最初は違う色のボトルオープナーを付けていたけれど、しっくりこなかったのでボトルオープナーを買い直して付け変えたそうです。

caz04_OR04_COC_m06_11a

その2:ボトルオープナーがあるのだから、王冠用のゴミ箱も必要。というわけで、カラーコーディネイトされた王冠入れ。ここにコロナビールのステッカーを貼ってますが、その理由は……。

caz04_OR04_COC_m06_11b

その3:本体色に合わせたコロナビールの看板プレート。王冠入れとともに、コロナビールコーディネイトって表現すればいいんでしょうかね。これで一気にオシャレ度アップです。

色合わせも含めたセットアップは難しそうですが、ドメティック社 ポータブル冷蔵庫にボトルオープナーを取り付けるくらいなら、なんとなくできそうなプチカスタマイズ。キャンプサイトをご訪問すると、いろんなアイデアに溢れているから、とても参考になります。

caz04_OR04_COC_m06_11

photo:ULALA

text:アマキン

【PROFILE/アマキン】

本業はクリエイター。アウトドアアクティビティ、DIY、クッキングを得意とすると豪語しながら、すべてはプロフェッショナルには遠く及ばない「素人にしては、まあ上手だな」程度のレベル。


  • この記事が気に入ったらcazual(カズアル)に いいね! / フォロー しよう

  • キャンプアウドドアグッズ特集

  • アルペンでキャンプグッズを探そう

クラウドファンディングサイト「Fannova」

クラウドファンディングサイト「Fannova」

L-Breath

新着記事





PAGE TOP
COPYRIGHT © SHUFU TO SEIKATSU SHA CO.,LTD. All rights reserved.