× CLOSE

「自転車で巡る夜明けのバードウォッチング」を軽井沢で 開催!

軽井沢で野鳥との出会いを楽しむ自然観察ツアー!

軽井沢で自然観察ツアーを開催する「ピッキオ」は、「自転車で巡る夜明けのバードウォッチング」を2018年5月7日〜5月21日に開催します。

日本三大野鳥生息地と称される軽井沢で、ベテランガイドが野鳥との出会いをサポート。

自転車で移動することにより、森林と草原、異なる2つの環境をめぐることができ、徒歩でのバードウォッチングよりも多くの種類の野鳥に出会うことができます。

若い世代にバードウォッチングの楽しみを!

軽井沢は、日本野鳥の会の創設者である中西悟堂(なかにし ごどう/1895-1984)が「日本三大野鳥生息地」と呼んだ場所です。

野鳥は最も身近に観察できる野生動物であり、心躍る野鳥との出会いを年齢性別を問わず楽しんでいただきたいと、ピッキオは考えました。

しかし、バードウォッチングは、どちらかというとシニア世代向きの趣味と思われる傾向があります。

そこで、自転車というアクティブなツールを使うことで、30〜40代の比較的若い世代がバードウォッチングに興味を持ってくれることを願って、この「自転車で巡る夜明けのバードウォッチング」ツアーを開催。

特徴1 春の夜明けは、まるで野鳥のさえずりコンサート!

軽井沢で野鳥との出会いに最も適しているのは、春の夜明けです。

まだ木々の葉が生い茂っていないので、小さな野鳥の姿を見つけやすいのです。

また、野鳥の恋の季節なので、オスがプロポーズのために盛んにさえずります。

特に夜明け前後は、美しい声が森や草原に満ちていて、まるで野鳥のさえずりコンサートのようです。

軽井沢は標高1,000メートルの高原にあり春がゆっくりとやってくるので、5月上旬〜中旬がベストシーズンです。

特徴2 自転車で森林と草原をめぐり、40種類の野鳥に次々と出会う!

異なる環境には異なる種類の野鳥が生息しています。

自転車で移動することで、「森林」と「草原」、2つの環境をめぐることができ、徒歩でのバードウォッチングよりも効率よく多くの野鳥を観察することができます。

その数は約40種類に上ります。

車と違い、野鳥の気配がしたらどこでもすぐに停車して観察できることも、自転車の利点です。

森林は中西悟堂とゆかりの深い「国設軽井沢野鳥の森」を、草原は軽井沢南部の「発地(ほっち)」という地域を予定しています。

特徴3 鳴き声だけで種類が分かる、ベテランガイドが丁寧にサポート

「自転車で巡る夜明けのバードウォッチング」ツアーには、ピッキオのベテランガイドが同行します。

野鳥の声だけで種類を識別できるガイドが、双眼鏡の使い方から野鳥の見分け方まで丁寧に教え、小さな野鳥の姿も素早く見つけ出します。

定員4名の少人数制のツアーなので、じっくりと野鳥との出会いを楽しめます。

「自転車で巡る夜明けのバードウォッチング」概要

■期間:2018年5月7日〜21日
■時間:5:00出発〜8:30まで
■料金:15,000円(税込)
*含まれるもの:自転車(マウンテンバイク)・ヘルメット・手袋のレンタル料、 ホットドリンク、ビスケットなどの軽食
■対象:大人
■予約方法:ピッキオ公式ウェブサイトから
■予約期限:3日前の17:00まで
■定員:4名
■最少催行人数:1名
■走行距離:約20km

 

お問い合わせ先

ピッキオ

ピッキオでは「森本来の姿を経済的な価値として高く評価できれば、未来に森を残していける」という理念の下、1998年より野生動植物の調査およびツキノワグマの保護管理、自然の不思議を解き明かす自然観察ツアーを行っています。

長野県軽井沢町星野

TEL 0267-45-7777
http://picchio.co.jp/sp/

 


  • この記事が気に入ったらcazual(カズアル)に いいね! / フォロー しよう

  • L.L.Bean公式ショップ

  • 登山グッズといえば好日山荘

  • キャンプアウドドアグッズ特集

  • アルペンでキャンプグッズを探そう

クラウドファンディングサイト「Fannova」

クラウドファンディングサイト「Fannova」

L-Breath

新着記事





PAGE TOP
COPYRIGHT © SHUFU TO SEIKATSU SHA CO.,LTD. All rights reserved.