× CLOSE

「サーモス」からゼリー飲料を”着け運び”できるウェアラブル保冷バッグ登場

ウェアラブル保冷バッグの進化版登場

まだまだスノースポーツもやり足りないですが、そろそろ春の気配もしてきて、アウトドアやスポーツに絶好の季節がやってきます。東京マラソンも開催されたり、春からの新生活に向け冬に肥えた体を絞ろう、なんてことでマラソン・ランニングでもしてみようか、なんて人もいるんじゃないでしょうか。

まだまだ寒さが感じられるとは言え、運動で火照った体には水分・栄養補給が必須。

マラソンレースなら給水ポイントがありますが、個人でトレーニングしているときにはそんなものはありません。水筒やペットボトルを持って走るのはわずらわしいし、タイムなんか測っていたりするときにはキャップを開けたりする程度ならまだしもコンビ二や自販機に立ち止まったり、なんてしてられないですよね。

そんな人に、サーモスから発売されるウェアラブル保冷バッグを紹介します!

パウチ入りゼリー飲料を冷たいまま「着け運び」できる保冷バッグ、サーモスから発売!

グローバルな魔法瓶メーカー『サーモス』から、2018年3月1日に『サーモス ウェアラブルハイドレーションバッグ(REM-001)』が発売されます。

『サーモス ウェアラブルハイドレーションバッグ』はパウチ入りゼリー飲料専用の保冷バッグで、ゼリー飲料を保冷しそのまま飲めるため、運動中の水分・エネルギー補給に最適です。

長時間のランニングやトレッキングなどでは、運動中の水分補給はもちろんエネルギー補給も必要。そこでサーモスは運動中の水分・エネルギー補給に最適なゼリー飲料を身につけたまま動きを止めずに飲めるこの商品を開発。

サーモス独自の5層構造「IsoTec2」を採用し、使用開始後1時間でも運動中の水分補給に最適な5℃~15℃をキープ。さすが世界的魔法瓶メーカーの技術力です。 運動が中断されてしまう水筒やボトルのキャップの開け閉めも、この商品は付属のバイトバルブに付け替えれば噛むだけで中身を飲むことができるので解決。

ランニング中、ポケットに入れておくと邪魔な家の鍵や小銭なども、フロントポケットに収納しておくことができます。手やショルダー、カラビナを付けてカバンなどにも装着することができるので、ランニング以外にもトレッキングやボルダリング、自転車に乗りながら水分補給など、工夫次第でさまざまな場面で使えます。春からの運動におすすめです!

『サーモス ウェアラブルハイドレーションバッグ(REM-001)』仕様一覧

品番:REM-001

色:[LMY]ライムイエロー、[NVY]ネイビー

適合サイズ:(180~200g程度の)パウチ入りゼリー飲料 1個

本体寸法:幅10×奥行き5×高さ12(約cm) ※バイトバルブ及びベルトは含まず

本体重量:約0.1kg ※バイトバルブ及びベルトを含む

※保冷バッグはすべての形状のゼリー飲料に対応はしておりません。

※ゼリー飲料の形状によってはバイトバルブが抜けたり、中身が漏れたりすることがあります。


  • この記事が気に入ったらcazual(カズアル)に いいね! / フォロー しよう

  • L.L.Bean公式ショップ

  • 登山グッズといえば好日山荘

  • キャンプアウドドアグッズ特集

  • アルペンでキャンプグッズを探そう

クラウドファンディングサイト「Fannova」

クラウドファンディングサイト「Fannova」

L-Breath

新着記事





PAGE TOP
COPYRIGHT © SHUFU TO SEIKATSU SHA CO.,LTD. All rights reserved.