× CLOSE

サイクリストの聖地”しまなみ海道”を水陸両用機で空から巡ってみた

せとうちから水陸両用機で海→空へとひとっ飛び

サイクリストの聖地として、国内外から多くのサイクリストが訪れるしまなみ海道。広島県・尾道市〜愛媛県・今治市を橋で結んだ全長約60kmにも及ぶこの架橋ルートは、CNNで「世界で最も素晴らしい7大サイクリングコース」に選ばれるなど、その美しさや絶景は全世界に知られるところだ。

そんな絶景を、空の上から楽しむことができるのが、2016年8月にお目見えした「せとうちSEAPLANES」。

尾道市にあるオノミチフローティングポートから、水陸両用機で瀬戸内海から離水、しまなみの空へと飛び立つ約50分の遊覧飛行が体験できる。サイクリングで見るしまなみの景色とは一味違うダイナミックさがウリだ。

さっそく搭乗してみたのでレポートしてみる。

まずはオノミチフローティングポートでチェックイン!

せとうちSEAPLANES」のフライトの拠点となるオノミチフローティングポートは、JR福山駅から車で40分ほど。尾道方面からは船でもアクセスできる。まずは、こちらにあるチェックインカウンターに立ち寄って、ボーディングパスを発券してもらうのだ。

併設するおしゃれなラウンジは、全面ガラス張りの瀬戸内海を望む開放感ある空間。

地元産の柑橘類を使った搾りたての自家製のジュースやスイーツなどが楽しめるから、余裕を持って出かけ、フライトまでの時間は、ここで優雅に過ごしたい。

あっという間に離水、空からのしまなみの美しさにただ感動!

フライト時間が近づくと保安検査室へと移動。機内持ち込みや注意点など、搭乗の流れは普通の飛行機の搭乗とまったく同じ。そしていよいよ搭乗だ。

目の前に停泊中の機体は10人乗り(パイロット含む)の水陸両用機KODIAK100。思ったより小ぶりだが、低速でも安定飛行が可能で、最大巡航速度は300Km、航続距離も500〜1000kmという。海上交通の要である瀬戸内海は渡船や輸送船など、行き交う船は多い。「それを避けて進むのが難しい」とこの日のキャプテン、小川和朗さんは話す。

機体は水上をゆっくりと進んでいく。視界がクリアになると一気に出力があがり、離水態勢に入った。ドキドキと心臓が高鳴る。期待と不安が入り混じる瞬間だが、海上を500m滑走したあと、心配をよそにあっという間に離水した。700mの高度に達すると、安定感もあり快適なフライトに。

革製のシートは座り心地も良い。小川さんは大手航空会社でボーイングの機長を長年勤め、1万Km以上のフライト経験があるベテランだ。「島の美しさ、地形を、くまなく見て欲しい」と話す小川さん。気流の関係で少し揺れたりして、手に汗に握る場面もあったりするが、それも醍醐味の一つなのだ。安全性にはまったく問題ないし、小型機の操縦を心から楽しんでいる小川さんの様子が搭乗者にも伝わってきて楽しい。

キャプテンの小川和朗さん。「ボーイングにはなかった、こまわりの利く操縦性が魅力」とも

瀬戸内水軍の雄「村上海賊」の拠点を空からたどる

窓から眼下に見るしまなみの島々はこんな感じだ。古代から東西の船が行き交い、海外の交易船も訪れた海の大動脈と言われる瀬戸内海。

その発展を支えた「村上海賊」は、緩急に富む潮流を熟知し、操船技術を培い、この海域の水先案内人となった。瀬戸内を制した彼らは、戦国時代の行く末を大きく左右するほど絶大な力を誇ったのだった。上空からは、村上海賊の城址が残る因島やその本拠地、能島などをたどることができる。

それにしても、海上に連なる島々の美しさは目を見張るものがある。高度700m。そこにいる人たちの生活の息づかいさえも、手に取るように見えるのだ。サイクリングとはまた違う、空からの冒険旅行。ぜひ体感してみてほしい。

しまなみ海道を”あえて空から”が瀬戸内の新スタイル!

さて、気になるお値段だが、約50分の定期遊覧は大人ひとり32,000円(平日)。決して安くはないが、「誕生日や特別な日のプレゼントとして、フライトされるカップルも多いですよ」とはスタッフの弁。そうか、大切な人と…密室でスリリングな時間を共有するのも悪くない。

島旅というと船で巡るのが定石だが、いつもとは趣向を変えて空から瀬戸内の自然を堪能するのも面白いはず。この絶景、死ぬまでにぜひ一度見ておきたい!

瀬戸内海を空から巡る遊覧飛行の詳細は「せとうちSEAPLANES」のHPまで。

text:ナイキミキ
【PROFILE/ナイキミキ】
ナイキミキ=ジャングル・ジャパン主宰。
京都を拠点に、媒体の企画編集〜取材、執筆、コーディネィトを行う。近頃は、地方を軸足にコンテンツマーケティング、イベントの企画、運営、ブランディングなども行う。専門分野はファッション、伝統工芸、地場産業、旅。
サイト http://jangle-japan.strikingly.com

 

cazual SNS始めました! ぜひフォローお願いします!
Facebook>> https://www.facebook.com/cazualtv/
Twitter>> @cazual_tv
Instagram>> @cazual.tv


  • この記事が気に入ったらcazual(カズアル)に いいね! / フォロー しよう

  • L.L.Bean公式ショップ

  • 登山グッズといえば好日山荘

  • キャンプアウドドアグッズ特集

  • アルペンでキャンプグッズを探そう

クラウドファンディングサイト「Fannova」

クラウドファンディングサイト「Fannova」

L-Breath

新着記事





PAGE TOP
COPYRIGHT © SHUFU TO SEIKATSU SHA CO.,LTD. All rights reserved.