× CLOSE

ユニフレーム「ちびパン」はソロキャンプにおすすめ 黒皮鉄板ならではの使いやすさも魅力

ソロキャンプのちょっとした料理に最適なフライパン

キャンプ用品で人気のユニフレームから、ソロキャンプでの料理にちょうど良い、小さなフライパンが販売されています。その名も「ちびパン」。製品の特徴をストレートに表現した、非常にわかりやすいネーミングです。

直径16.3cmと、普通のフライパンよりはるかにコンパクト。ですが決して、ネタ的なアイテムではありません。コンパクトサイズながらも小さすぎるというほどではなく、十分な実用性を有しているのがちびパンの特徴です。

そして可愛らしく、かつ洒落ている外観も魅力です。調理器具として使用することはもちろん、皿の代わりとしてそのままテーブルに出しても違和感がありません。

U字形状のハンドルもまた特徴的。使用しないときはフックなどに吊り下げておくことができます。ちびパンは日本製なので作りが良く、細部に渡って丁寧に仕上げられていることがわかります。これだけ小さくても実用的かつ高品質、そしてタフ。質実剛健なキャンプ用品を展開するユニフレームらしさを、存分に感じられる製品です。

「黒皮鉄板」の採用でスキレットより錆びにくい

ちびパンが持つ特徴のなかでも大きいのが、素材として黒皮鉄板を使用していること。

黒皮鉄板はプロ仕様のフライパンや鍋などにも使用されている素材であり、落としても割れない、急激な熱の変化に強いなどの特性があります。ちびパン本体はミニサイズですが、鉄板の厚さは1.6mmとなかなかの厚み。蓄熱性にすぐれているため、食材を入れても温度が一気に下がることがなく、完成した料理もなかなか冷めません。

また、お手入れが簡単であることもメリットです。スキレットの素材として使用されている鋳鉄よりサビにくく、使用後に食器用洗剤で洗えます。手間がかからないからこそ使うのが億劫にならず、毎回でもキャンプへ持っていこうという気になれます。

同じサイズのスキレットよりはるかに軽量

黒皮鉄板で作られた調理器具は、鋳鉄製の調理器具より軽量である点も見逃せません。キャンプで使用する調理器具としては、ちびパンと同じくらいの大きさのスキレットも人気です。

そしてスキレットの多くが鋳鉄製。ちびパンとほぼ同サイズの鋳鉄製スキレットは重さが1kg程度あるので、重量390gのちびパンはその半分以下ということになります。重さがネックとなりスキレットを諦めている方は、なおさらこのちびパンが向いていると言えるでしょう。

シングルバーナーや小型焚き火台と相性が良い

シングルバーナーや小型の焚き火台で使いやすい点も、コンパクトサイズのちびパンならでは。普通は鉄製のフライパンを持っていけないシチュエーション、たとえばハイキングなどで本格的な料理を楽しめます。そこらへんに落ちている枝を集めて焚き火をし、その火で作った料理の味は格別です。

ただし、ちびパンごと転倒しないように、道具選びは少し慎重におこなわなければなりません。重心が低く安定したシングルバーナーや焚き火台であれば、安心して料理ができます。

IH調理器にも対応

直火だけでなく、IH調理器に対応していることも、ちびパンの便利な点です。直火よりも温度管理が簡単で、手軽に料理ができます。自宅のキッチンはもちろん、スペースに限りがあるキャンピングカーで使うのにもおすすめです。

料理ができたらそのまま食卓に出せるので、洗い物を増やさずに済みます。ちびパンどうしを重ねられるため、キッチンスペースや食器棚を圧迫しないのも良いところです。

使用する前にシーズニングが必要

新品のちびパンは、表面にクリアラッカー塗装がほどこされています。この塗装を取り除いて料理で使用できる状態にするため、購入後はまずシーズニングをおこないます。

シーズニングのやり方はごく簡単。食器用洗剤でよく洗い、空焼きをして煙が出なくなってから野菜くずを油で炒めるというもの。

以降は料理で使用したあとに洗剤でしっかり洗い、水分を完全に飛ばすだけでOKです。

そして新品のときは真っ黒なちびパンですが、使用するたびに少しずつ色が変わっていきます。その変色していく過程のなかで、鉄板を育てる楽しさを感じられる。これもまた、ちびパンの良さです。

フタやハンドルカバーなどのオプションも!

ちびパンはフタ(リッド)やハンドルのカバー、専用ケースなどのオプションパーツも充実しています。蓋があると蒸し料理に対応できるようになり、さらに油はねでテーブルを汚さずに済むなどのメリットがあります。

ハンドルカバーも、ちびパンにおいてはかなり有用なオプションです。ちびパンはハンドルが非常に熱くなるので、ヤケドの防止になります。そしてハンドルカバーにはカラフルな「シリコンハンドル」と、ユニフレームの刻印がほどこされた「レザーハンドル」があり、いずれもちびパンをより個性的にしてくれます。

使うと便利なだけでなく、見た目でも楽しませてくれるのが、ちびパンのキャラクター。ソロキャンプで使ってみると、その絶妙なサイズ感と、これで焼いた肉の美味しさにやられてしまいます。

ユニフレーム ちびパン 詳細


サイズ:直径16.3×深さ3.5cm
重量:390g
素材:黒皮鉄板、スチール
価格:1500円(税込)

楽天市場で商品詳細を見る

写真・文/斎藤純平

【Profile/斎藤純平】

キャンプ、バイクツーリング、スキューバダイビングを趣味とするアウトドアライター。加えてこれから狩猟を始めようかと画策中。何をするのにも基本的にすべて一人で、キャンプもツーリングも思い立ったら即出発。読み手にとって本当に役に立つ情報を発信します。

【キャンプでオススメの料理道具レビュー記事はこちら!】

メスティンサイズのダッチオーブン!? キャプテンスタッグ「角型ダッチオーブンmini」をレビュー

アウトドアブランド「ユニフレーム」が作った中華鍋がキャンプも家でもいい感じ!

【レビュー】シーズニングいらず!鉄フライパン「COCOpan」がキャンプ&家で活躍しまくり


  • この記事が気に入ったらcazual(カズアル)に いいね! / フォロー しよう

  • キャンプアウドドアグッズ特集

  • アルペンでキャンプグッズを探そう

クラウドファンディングサイト「Fannova」

クラウドファンディングサイト「Fannova」

L-Breath

新着記事





PAGE TOP
COPYRIGHT © SHUFU TO SEIKATSU SHA CO.,LTD. All rights reserved.