× CLOSE

ガレージという名の秘密基地。仲間や家族と楽しむ斬新な”ガレージ付き住宅”に注目!

Dolive×GORDON MILLER

住宅エンターテインメントメディア「Dolive(ドライブ)と、カー用品販売最大手チェーン「オートバックス」が提案するガレージライフスタイルブランド『GORDON MILLER(ゴードン ミラー)』がコラボレーションを発表しました。

プロジェクト名は、「THE HOUSE GARAGE PROJECT by GORDON MILLER (ザ ハウスガレージプロジェクト バイ ゴードン ミラー)」。

従来のガレージ=男の秘密基地的な立ち位置ではなく、その空間を“仲間や家族と一緒に楽しむ場所”として捉えたり、“アクティブな趣味をもった大人が、相棒であるモノやギアを眺めたりコレクションしたくなるようなガレージがそのまま家になったら?”ということを想定して、プロジェクトがスタートしました。

デザインコンセプト

デザインは、GORDON MILLERのブランドトーンを踏襲。

ガレージを軸とし、「趣味空間」と「生活空間」を融合する今までにない空間は、新しいガレージライフの可能性を大いに感じます。

それぞれのライフスタイルに合わせ、機能的で開放感のある大胆な間取りが特徴的で、あえて仕切らず空間をゆるやかに分けることで、家族みんなが繋がれる空間を提案しています。

<FLATタイプ>

こちらは、家の真ん中にガレージがある大胆な間取りのFLATタイプ。

外観デザインは、素材感を生かしシンプルに仕上げた塗り壁の外壁がシックで現代的です。

落ち着きのあるモスグリーンの配色、 余計なディテールを入れず、倉庫のようなシンプルで大きな格子窓を採用しているため、アウトドア好きもきっと満足してもらえるはずです。

ガレージはあえて家の中に配置し、広さは28㎡、奥行は約7.7mと広々しているため、車を置いてもかなり余裕あり。

また、ガレージを孤立させない居住スペースと繋がりある空間を実現しているため、家とガレージの一体感が楽しめます。

<COMPACTタイプ>

外観はビルトインガレージを採用し、デザインコンセプトはFLATタイプと同じく大胆でシックな印象。

1Fのガレージは、ガレージとエントランスの仕切りに大きなサッシを採用し、床を一続きの土間にすることで空間に広がりを持たせています。

家の中から好きなものを並べているガレージを覗き込めるので、見るたびにワクワクすること間違いなし。これぞ究極の贅沢ガレージです。

2Fのワークスペースは、スキップフロアを用いることで2Fからのガレージとの繋がりを演出しています。

今までにない斬新な発想でガレージを大人の秘密基地に変えるTHE HOUSE GARAGE PROJECT by GORDON MILLER。

気になった方は、プロジェクトページをチェックしてみてはいかがでしょう。

プロジェクトページ
https://bit.ly/3txK5ee/

※「THE HOUSE GARAGE PROJECT by GORDON MILLER」資料請求はこちら https://bit.ly/3bgrYTD/

文/中山 圭
【Profile / 中山 圭】
東京都立川市出身。広告代理店、出版社2社での広告営業を経て2019年に独立。趣味はルアー釣り、カメラ、音楽(ベース)。学生時代に始めたバス釣りで、2年もの間釣れなかったことから、ルアー釣りにのめり込むことに。ここ数年はバラした70cm以上のGTを追い求めて、南の島遠征を繰り返している。将来の夢は風景写真で入賞を果たすこと。モットーは、“釣果と景色は足で稼ぐべし”。


  • この記事が気に入ったらcazual(カズアル)に いいね! / フォロー しよう

  • キャンプアウドドアグッズ特集

  • アルペンでキャンプグッズを探そう

クラウドファンディングサイト「Fannova」

クラウドファンディングサイト「Fannova」

L-Breath

新着記事





PAGE TOP
COPYRIGHT © SHUFU TO SEIKATSU SHA CO.,LTD. All rights reserved.