× CLOSE

【新作】ホカオネオネの防水ハイクシューズ「TenNine Hike GTX」が革命的すぎる!

大胆で革新的なハイキングブーツが発売

独自のテクノロジーによって極上の履き心地を実現する革新的なプレミアムランニングシューズブランド「HOKA ONE ONE(ホカ オネオネ)」。

ランニング、トレランを趣味としている人やアウトドア愛好家だけでなく、ファッション好きからも注目されている人気ブランドです。

そんなホカオネオネから、待望の新作が発売決定!

今回登場したシューズは、階段や運転での使用不可、登山やハイクなどのアウトドア専用ギアとして設計されたストイックな一足。

ホバークラフトのようなスムースな歩き心地を実現する、大胆で革新的なハイキングブーツ「TenNine Hike GTX(テンナイン ハイク GTX)」の全貌に迫ります。

TenNine Hike GTX

「TenNine Hike GTX(テンナイン ハイク GTX)」は、地面との接地面を最大限にするHOKA独自のHubble®ヒール形状により、クッション性と推進力が格段にアップ。

このヒール形状とメタロッカーのソール構造により、足の衝撃を優しく受け止め、踵からつま先までの体重移動が効率的に行えます。

アウトソールには、耐久性を低下させることなく重量を軽減するVibram(R)Litebase構造を採用。

アッパーには水濡れから足を快適に守るGORE-TEXファブリクスの防水メンブレンを備えているため、ぬかるんだ山道もなんのその。

これ1足あれば、日帰りハイキングから数日間のバックパックトレッキングまで幅広いシチュエーションに対応してくれるので、登山やハイキング好きにとって欠かせない相棒となりそうです。

<アッパー>

・撥水素材
・リップストップ生地
・金属製シューレースアイレット
・つま先の摩擦を軽減するラバーパーツ
・rPET(リサイクルペットボトル)素材と組み合わせたGORE-TEXファブリクスの防水メンブレンを裏地に使用

<ミッドソール>

・特許を取得したトレイルテスト済みホカオネオネ独自の形状により、トレイルでのスムースな動きが可能
・独自の新しい圧縮形成EVAフォームミッドソールが安定した踏み込みを導き、着地の衝撃を吸収

<アウトソール>

・Vibram(R)Litebase構造
・Vibram(R)Megagripを使用した5mmのラグが高いグリップを保持

環境に配慮した製品づくり

ホカオネオネでは、アスリートが駆け巡る自然を保護する観点から、持続可能な環境に優しい素材を使用。

「TenNine Hike GTX」では、 アッパーのGORE-TEXファブリクスにはリサイクル繊維素材を、ARIAPRENE(R)にもリサイクルポリエステルを使用しています。

また、アッパーの裏地、靴ひも、ヒールのプルタブ、カラーライニングにもリサイクルポリエステル素材を使用。

アッパーに施している耐久性の高い撥水処理は、環境に有害なパーフルオロケミカルを使用せずに行っています。

ホカオネオネが開発した、”街履きNG”の本格的な登山・ハイクシューズ。

こちらは、登山靴の課題を見事に覆した逸品になる予感。

登山やハイク中でも、あまりの履き心地の良さとスムーズな体重移動に、履いていることすら忘れるかもしれません。

これから登山を始める初心者からベテランまで、その期待に応えてくれることでしょう。

製品概要

製品情報ページ:https://www.hokaoneone.jp/tennine-hike-gtx/

販売店舗:スポーツ・アウトドア専門店、スニーカーショップ

取り扱い店舗一覧:https://www.hokaoneone.jp/blog-post/?id=storelist-tenninehikegtx

ホカ オネオネ公式サイト https://www.hokaoneone.jp

展開:Men’sのみ(25.0cm – 30.0cm ・ 1色 ・ 504g/27cm)

ソールスペック:オフセット33mm/ヒール29mm/フォアフット4mm

カラー:Moroccan Blue/Saffron

お問い合わせ先
デッカーズジャパン
TEL:0120-710-844
URL:https://www.hokaoneone.jp

公式facebookアカウント @HOKAONEONEJapan

公式Instgram / Twitterアカウント @hokaoneone_jp

文/中山 圭
【Profile / 中山 圭】
東京都立川市出身。広告代理店、出版社2社での広告営業を経て2019年に独立。趣味はルアー釣り、カメラ、音楽(ベース)。学生時代に始めたバス釣りで、2年もの間釣れなかったことから、ルアー釣りにのめり込むことに。ここ数年はバラした70cm以上のGTを追い求めて、南の島遠征を繰り返している。将来の夢は風景写真で入賞を果たすこと。モットーは、“釣果と景色は足で稼ぐべし”。


  • この記事が気に入ったらcazual(カズアル)に いいね! / フォロー しよう

  • キャンプアウドドアグッズ特集

  • アルペンでキャンプグッズを探そう

クラウドファンディングサイト「Fannova」

クラウドファンディングサイト「Fannova」

L-Breath

新着記事



PAGE TOP
COPYRIGHT © SHUFU TO SEIKATSU SHA CO.,LTD. All rights reserved.