× CLOSE

NANGAにドテラ! 冬キャンプにおすすめの焚き火ダウンウェア3選

燃えにくい焚き火ウェアがあると安心

冬キャンプで焚き火を楽しむ人は多いと思いますが、焚き火に適したウェア選びしていますか?

マウンテンパーカーやウィンドブレーカーなどに用いられる化学繊維のジャケットは、実は焚き火には適していません。

火に弱く、火の粉を浴びると穴が空いてしまうこともあるからです。

高価なウェアを焚き火でダメにしないためにも、穴の空きにくい難燃性の素材や、コットン、ウールなどの天然素材を選ぶようにしましょう。

特に難燃性の素材でできた焚き火ウェアは長く使えておすすめです。

ひと口に難燃性といっても、メーカーの企業努力によりさまざまな素材が開発されています。

デザインも上からかぶるだけのポンチョタイプやダウンジャケットを兼ねたものなど、おしゃれ着としても活躍するものがたくさんあります。

焚き火ウェアは中に化繊の衣類を着ていても、上から着るだけでカバーできます。

火元に近づく袖口は、付属のアジャスターで締めたり、グローブをかぶせて火の粉が入ってこないよう工夫するとよいでしょう。

焚き火シーンで使える難燃ダウンウェア3選

焚き火を楽しみながら冬キャンプを快適に過ごせるダウンウェアを紹介します。

難燃性能、デザイン、暖かさのバランスがよいウェアを3つピックアップしました。

NANGA(ナンガ)/焚火 ダウンジャケット TAKIBI DOWN JACKET 

表地に難燃生地を採用したNANGAのTAKIBIダウン。

メイドインジャパンにこだわり、良質なダウンアイテムを提供しているNANGAだけあって保温性能は抜群です。

高さのある襟が首元の冷えをシャットダウン。ぬくぬく暖かく冬キャンプを楽しめる頼もしいダウンウェアです。

GRIP SWANY(グリップスワニー)/ ファイアープルーフダウンジャケット

GRIPSWANYが独自開発した難燃ファブリック「FIRESHIELD」を使用した焚き火でも使えるダウンジャケット。

この生地は自己消火性が高く、火の粉に接しても溶融することなく炭化し、衣服を守ってくれます。

それだけでなく、胸元に同ブランドのグローブが収納できるポケットが2か所付いているなど、収納力にもすぐれています。

THIS IS MADE IN JAPAN/DOTERA DOWN 60/40クロス

THIS IS MADE IN JAPANというブランド名が示すとおり、日本での生産にこだわっているだけでなく、日本独自の創造性を生かしたアイテムをリリースしています。

日本伝統の防寒着、ドテラをモチーフにストリート感あふれるダウンに仕上がっています。

生地はロクヨンクロスを採用し、化繊よりも燃えにくくなっています。撥水性能もあるためさまざまなシーンでの着用が可能。


【焚き火関連記事】

キャンプの焚き火を快適にする囲炉裏テーブルのオススメ3選

アウトドアライターが実際に使ってみてよかった焚き火台5選

【レビュー】ノースイーグル「焚き火台mini」がコンパクト&頑丈でソロキャンプに最適!


  • この記事が気に入ったらcazual(カズアル)に いいね! / フォロー しよう

  • L.L.Bean公式ショップ

  • 登山グッズといえば好日山荘

  • キャンプアウドドアグッズ特集

  • アルペンでキャンプグッズを探そう

クラウドファンディングサイト「Fannova」

クラウドファンディングサイト「Fannova」

L-Breath

新着記事





PAGE TOP
COPYRIGHT © SHUFU TO SEIKATSU SHA CO.,LTD. All rights reserved.