× CLOSE

ホカ オネオネの”新作個性派スニーカー”が7月に発売!その全容をレビュー!

ホカ オネオネのイノベーションが止まらない!

プレミアムランニングシューズブランド『HOKA ONE ONE(ホカ オネオネ)』が2020年の新作シューズ「CLIFTON EDGE(クリフトン エッジ)」を発表した。

先日、紹介したカーボンフレーム搭載の「CARBON X-SPE(カーボン エックス エスピーイー)」に続き、今度はランニングから街中まで幅広く使えるロード向け。しかも、ソールのボリュームがとても大きいのだ!

関連記事>>インパクト抜群!HOKA ONE ONE の最新シューズに注目

ひと足先に借りる機会があったので、どんな商品かあますことなく紹介する。

TenNineに次ぐ特殊なソールがポイント

今回紹介する「CLIFTON EDGE」は、ボリュームたっぷりのミッドソールと圧倒的な軽さで、数々の業界賞を獲得した名作シューズ「CLIFTON(クリフトン)」の新作。

いちばんの特徴は、後ろに出っ張ったソール形状。従来のクリフトンよりさらに大きくなっており、以前に紹介したトレランギアと位置付けるシューズ「TenNine(テンナイン)」にとても似ている。

関連記事>>なにこのかかと! ホカ オネオネの新作トレランシューズを試してみた

このボリュームにより安定感が増し、ラン&ウォーキング時の着地をサポートしてくれる。また、ビビッドなオレンジカラーが差し色になり、ファッショナブルに仕上げているのも特徴。

オフセット(つま先とかかとの高さの差)は5mmで、これはホカ オネオネの他のシューズとほぼ同じ。フォームは復元力の優れた新素材を採用し、たしかなクッション性でスムーズな足運びになった。

アッパーは肉抜きされたニット素材を採用。ニットといってもウールやコットンではなく耐久性のあるTPUを使用しているので、伸びてしまうことはない。

肉抜きすることで、ボリュームのあるソールによる増量を抑え、片足252 g (27.0cm)を実現。一般的なスニーカーより軽いところが驚き!

履き口も特徴あり。長く伸びたヒールのプルタブは、足の裏を覆ってくれるので保護する役割がある。履く際もここを持てばラクに足を入れられる。

シュータンは薄く、肌触りの良い素材を採用。両サイドを内側の底に縫い付けられているので、左右にずれてしまうこともない。細かいところにまで配慮したクリフトン エッジは、きっとユーザーの足を満足させてくれそうだ!

クリフトン エッジを実際に履いてみた

クリフトン エッジの特徴を紹介したところで、実際に足を入れて街中を歩いてみた。思った以上のボリュームで、低身長な自分は「あれ、なんだか身長が伸びた?」と思ってしまった。

自分は早足で歩くことが多く、大股になりがちなので足の着地はかかとから地面に着く。一般的なシューズだとすぐにすり減ってしまい、かつクッション性が低いので痛くなることがあったが、クリフトン エッジは痛くなることはなかった。

また、ホカ オネオネの一部のシューズには「メタロッカー」という機能があり、正しい足運びをサポートしてスムーズに前へ歩けるようになる。歩けば歩くほど、その感覚を実感した。

街中だけでなく、ランニングに最適なので購入したらぜひ走っていただきたい。

このクリフトン エッジは7月1日から本販売がスタート。独自の形状に加えて軽く、なおかつファッショナブルであるこのシューズは完売必至かもしれない。

気になった人はぜひホームページをチェックしておこう!

ホカ オネオネ「クリフトン エッジ」商品詳細

価格:20,000円+税

重量:252 g (27.0cm)

商品の詳細はこちら

【文/撮影】小川迪裕

【Profile/小川迪裕(オガワミチヒロ)】

フリーランス編集者、ライター。得意ジャンルはキャンプとファッションで、雑誌からWEBまで幅広く寄稿する。最近はタブロイドやイベント冊子の製作、イベントの企画、ブランドPRなどもやる何でも屋に。


  • この記事が気に入ったらcazual(カズアル)に いいね! / フォロー しよう

  • キャンプアウドドアグッズ特集

  • アルペンでキャンプグッズを探そう

クラウドファンディングサイト「Fannova」

クラウドファンディングサイト「Fannova」

L-Breath

新着記事





PAGE TOP
COPYRIGHT © SHUFU TO SEIKATSU SHA CO.,LTD. All rights reserved.