× CLOSE

MILLET(ミレー)が開発した次世代ダウンジャケットの魅力とは

MILLET(ミレー)が最新技術「シンセシスコンストラクション」を採用!

今までのダウンジャケットは、羽毛の片寄りを防ぐためにキルティング構造で作り上げるため、針穴から羽毛が抜けやすく、暖気も抜けていきました。それを解決する最新技術が「シンセシスコンストラクション」。2016年10月から新発売となったMILLET(ミレー)のダウンウェアは、キルティング部分から縫い目を無くす「シンセシスコンストラクション」の導入で、羽毛抜けの少ないダウンジャケットとなったのです。161110111sub6

「シンセシスコンストラクション」は、布地を織る際に、独自の二重織りを行い、布自体が交差し間仕切りを作り出す技術で、針穴のない、丈夫なダウンジャケット生地を実現することに成功したのです。

 

 

MILLET(ミレー)ってそもそも、どんなブランド?

MILLET(ミレー)は、1921年にマルク・ミレー夫妻によってフランスで設立された軍事用援助物資を入れるバッグとハーバーザック製造に特化した会社でした。1934年、オリジナルコンセプトに基づいた強固なフレームのザックが誕生。これがはじめてのミレー・ザック・コレクションとなったのです。

また1930年代、MILLETの名は初のショルダーストラップ付きショッピングバックの製造によって有名になりました。数年後、ショルダーストラップはザックにも取り入れられ、MILLETは瞬く間にフランスのトップアルパインブランドとなったのです。
マウンテニアリング製品の技術開発は、歴代の優秀な登山家からのフィードバックによって強化され、強いブランドイメージを確立させした。

161110111sub4

 

MILLETが送り出す革新的なダウンジャケット

フランス生まれの本格マウンテンブランドMILLETの製品中、最高峰の技術を惜しみなく注ぎ込んで作るフラッグシップシリーズが「TRILOGY(トリロジー)」。そのラインナップに、この冬、革新的な技術を採用した新製品が追加されたのです。

従来のダウンジャケットは、羽毛の片寄りを防ぐための間仕切りを縫って作るため、縫い目の針穴から羽毛が抜け出る原因になっていました。縫わずに作る技術として、熱による溶着や接着剤で仕上げる方法はすでにありましたが、耐久性に大きな問題があったのです。

それらを解決したものが、今回、MILLETが先駆けて採用した「シンセシス・コンストラクション」です。中に封入しているダウンは一枚一枚撥水加工が施されており、針穴がないことと合わせて、従来のダウン製品より湿度に対して強く暖かいジャケットが誕生しました。

 

161110111sub1

2016年11月末まで、トリロジーキャンペーンも実施!

この新製品の発売と同時に、スイスの老舗時計メーカーSWIZA(スウィザ)との限定コラボ腕時計(非売品)を制作しました。100m防水スペックでサファイヤガラスを用いた、TRILOGYを冠するにふさわしい機能性と重厚感のある本格腕時計です。その限定100本のコラボ腕時計を、抽選にてプレゼントするキャンペーンを開催。応募の条件は、キャンペーンの期間中にトリロジー製品(下記ロゴマークのついた製品)を5万円以上お買い上げいただくこと。ご購入をご検討の方には、11月末までが確実におトクなキャンペーンです

161110111sub2


  • この記事が気に入ったらcazual(カズアル)に いいね! / フォロー しよう

  • L.L.Bean公式ショップ

  • 登山グッズといえば好日山荘

  • キャンプアウドドアグッズ特集

  • アルペンでキャンプグッズを探そう

クラウドファンディングサイト「Fannova」

クラウドファンディングサイト「Fannova」

L-Breath

新着記事





PAGE TOP
COPYRIGHT © SHUFU TO SEIKATSU SHA CO.,LTD. All rights reserved.