× CLOSE

軽量なナイロン素材を採用! ソロ用ツールームテント「カマボコテントソロUL」発売!

ソロテントだけどツールームって至極の贅沢!

ソロテントとして発売されているアイテムはどうしても窮屈。

アウトドアフェスに行っても、ソロテントではなかなかリラックスできない現状があります。

かといって、ファミリーテントを持っていくには大げさすぎる。

しかもファミリーテントの設営時はリラックスできる大型サイズですが、収納サイズは巨大!

そして重い!

「なんかいいテントないかなあ」と新製品情報に注目していたところ発売されたのがDODの「カマボコテントソロTC」だったんです。

DODがブランド創設10周年記念テントの300張限定生産モデルを抽選発売!

一人で十分運べるサイズ感で、ベッドスペースのほかリビングスペースもあるツールームタイプ。

しかも「カマボコテントソロTC」は火の粉に強いポリコットン(ポリエステル65%、綿35%)素材。

これぞ最強!

なんて思っていたのですが、正直な話、約10.3kgという重量は気にかかっていました。

焚き火を楽しむキャンプなら、そもそも薪があったり、焚き火台があったりと装備も重くなるんで、10.3kgなんてわけないいんですがね、焚き火のできないアウトドアフェスとなるとポリコットンはオーバースペックとなるし・・・。

同構造だけど軽量素材を採用!

「カマボコテントソロTC」と同構造を採用してるけど、軽量素材を用いることで重量が半分近くになったツールームテント「カマボコテントソロUL」が、2019年3月7日に発売となったんです。

その重量はわずか約5.4kg!

アウターテントには登山用テントにも使われるシリコン&PUコーティングを施したナイロン素材を採用。

さらにできるだけコンパクトで軽量に収納できるよう、各部位の素材を選定したそうです。

「カマボコテントソロUL」は、これまで発売されているDODの「カマボコテント」シリーズ同様、リビングスペースも寝室スペースもゆったり過ごせます。

夏や冬でも大活躍!

今回発売となった「カマボコテントソロUL」は、渋いブラックの本体。

写真に撮れば、SNS映えすることは間違いなしです。

・・・一方で「黒は光を吸収するため、夏は暑くなるのでは?」なんて懸念も。

でもご安心ください。

そこは「カマボコテント」シリーズの特徴である、ドアもキャノピー仕様が役立ちます。

追加のポールを持参すれば日陰面積を増やすことが可能。

日差しが強い日中はドアやキャノピーを開放することでテント内をクールダウン。

そうすれば夜は涼しく眠れます。

そして冬は、テント裾部のスカートによりテント生地の下から風が入り込むのを防ぐことができ、暖かく過ごせるようになっているのです。

なのでオールシーズン使えちゃう!

ソロテントといってもベッドスペースは225×170cmもあるんですからカップルでの使用どころか、マットレスは3枚以上敷ける計算です!

製品スペック

カマボコテントソロUL

【型番:カラー】T2-605-BK:ブラック

【サイズ】組立時外寸:(約)W450×D170×H120cm

収納時:(約)W47×D20×H20cm

【重量】(約)5.4kg

【付属品】ペグ、キャリーバッグ

【材質】アウターテント:40Dナイロン(シリコン&PUコーティング)

フレーム:アルミ合金

インナーテント:40Dナイロン

インナーテントフロア:70Dナイロン

【最低耐水圧】アウターテント:2000mm、フロア:5000mm

【希望小売価格】オープン価格(税別参考:43,500円)

【製品ページ】https://www.dod.camp/product/t2_605_bk/

 


  • この記事が気に入ったらcazual(カズアル)に いいね! / フォロー しよう

  • L.L.Bean公式ショップ

  • 登山グッズといえば好日山荘

  • キャンプアウドドアグッズ特集

  • アルペンでキャンプグッズを探そう

クラウドファンディングサイト「Fannova」

クラウドファンディングサイト「Fannova」

L-Breath

新着記事





PAGE TOP
COPYRIGHT © SHUFU TO SEIKATSU SHA CO.,LTD. All rights reserved.