× CLOSE

“平昌パラリンピック悲願の金メダル獲得へ” アルペンスキー森井大輝選手が40人を超えるTOYOTAのエンジニアと挑む チェアスキー開発の軌跡を追った特別ムービー公開!

チェアスキー開発の軌跡を追った特別WEBムービー公開!

平昌パラリンピックで悲願の金メダル獲得を目指す トヨタ自動車所属のアルペンスキー日本代表森井大輝選手。

森井大輝選手が40人を超えるTOYOTAの技術チームとともに平昌パラリンピックで使用するチェアスキーを開発しました。

その開発する様子に密着した特別WEBムービー「パラリンピック・ドキュメンタリーシリーズ WHO I AM特別版~森井大輝 チェアスキー開発の軌跡~」がYouTubeトヨタ公式チャンネルおよびWOWOWの無料動画サイトWOWOW動画にて公開されました。

「パラリンピック・ドキュメンタリーシリーズ WHO I AM特別版~森井大輝 チェアスキー開発の軌跡~」は全5回(1話5分程度)の内容となっています。

「パラリンピック・ドキュメンタリーシリーズ WHO I AM特別版 ~森井大輝 チェアスキー開発の軌跡~」とは

ワールドワイド・パラリンピック・パートナーのトヨタ自動車と、「悲願の金メダルを狙う世界王者:森井大輝」<2018年2月18日(日)初回放送>にて、所属のアルペンスキー森井選手の平昌パラリンピックまでの軌跡を描く、WOWOW「パラリンピック・ドキュメンタリーシリーズ WHO I AM」がお届けするWEB特別ムービー。

「これまで世界タイトルも獲得してきましたが、パラリンピックの金メダルをまだ持っていません。4年に1度しかない特別な大会でどうしても金メダルを獲得したい。トヨタ自動車の技術チームの皆にその想いを伝え、今回のプロジェクトが実現しました」と語る森井選手。

ムービーでは、平昌パラリンピックで金メダルを目指す森井選手が所属するトヨタ自動車の車両開発の最前線にいる技術チームと協力して最高のチェアスキー開発に挑む様子を密着取材。

選手の実力はもちろんのこと、用具も常に進化していくことが必須といわれるアルペンスキー競技において約2年の開発期間をかけて森井選手と40人を超えるエンジニアが「金メダル獲得」という一つの目標に向けて奮闘する姿を全5回に分けてお届け。

WOWOW パラリンピック・ドキュメンタリーシリーズ「WHO I AM」とは

「WHO I AM」は、2016年にスタートしたIPC(国際パラリンピック委員会)とWOWOWの共同プロジェクト。

東京パラリンピック大会が開催される2020年まで5年にわたり、世界最高峰のパラアスリートたちに迫るスポーツドキュメンタリーシリーズ。

平昌パラリンピックに挑む森井選手を追った「悲願の金メダルを狙う世界王者:森井大輝」は2月18日(日)夜9:00に放送。

シーズン2 冬季競技3番組 2月4日(日)スタート![毎週日曜夜9:00/2月4日は無料放送]

シーズン2 夏季競技5番組 2月3日(土)、2月4日(日)一挙放送!

【過去の全作品をWOWOWメンバーズオンデマンドにて配信中】

wowow.bs/whoiam   Twitter & Instagram: @wowowparalympic #WhoIAm

アルペンスキー日本代表森井大輝選手プロフィール

森井大輝選手(トヨタ自動車/アルペンスキー)

1980年、東京都あきるの市出身。

4歳からスキーを始め、アルペン競技でインターハイ出場を目標に練習に励んでいたが、1997年バイク事故で脊髄を損傷。

リハビリ中に見た長野パラリンピックの選手たちの笑顔に感動し、チェアスキーの世界へ。

2002年のソルトレークシティー以来、パラリンピックに4大会連続出場。

3個の銀メダルと1個の銅メダルを獲得。

2014年のソチでは日本選手団の主将を務める。2018年の平昌で悲願の金メダルを狙う。

特別WEB公開のムービー 一覧

Episode 1 ~より速いチェアスキーを~(2018年1月23日公開)

森井選手に平昌パラリンピックで金メダルを獲得してもらいたい。そんな想いからトヨタ自動車の技術チームが立ち上がった。トヨタ自動車の中の専門分野のエンジニアが志願して集結。チェアスキーの軽量化と剛性のアップに向けて試行錯誤を繰り返す。

 

Episode 2 ~勝てるセッティングを求めて~(2018年1月23日公開)

出来上がった試作品を持って雪上でテストを実施。何度も滑りながらさまざまな数値を計測し、ミリ単位の調節を行ないより良いチェアスキーを作り出す。昨季ワールドカップ個人総合優勝を果たしたモデルにトヨタ自動車の技術は勝ることができるのか。

Episode 3 ~空気を操りタイムを削る~(2018年1月30日公開予定)

最高時速100km/h以上のアルペンスキーではわずかな空気抵抗もタイムの遅れをもたらすため、抵抗を減らすことが勝負のカギとなる。トヨタ自動車のクルマの開発時に使用する風洞実験施設を使って空気抵抗をなるべく受けないチェアスキー作りを目指す。

Episode 4 ~部品を削りタイムを削る~(2018年1月30日公開予定)

アルペンスキーではコース取りがタイムに直結する。そこでレーシングドライバー/TOYOTA GAZOO Racing アンバサダーの脇阪寿一氏の協力の下、チェアスキーと共通するコース取りを学ぶ。また、部品を最小限まで軽量化するためにトヨタ自動車技術者が1部品ずつ丁寧に削り、手で磨くことで最高のチェアスキー部品を作り出す。

Episode 5 ~平昌モデル完成~(2018年1月30日公開予定)

出来上がった部品を組み立てる。一つの順番の狂いがゆがみを生む非常にデリケートな作業を終えついに完成。森井選手の熱い想いに応えたトヨタ自動車の技術者たちの力が結集した平昌モデル。それぞれの想いの詰まったチェアスキーで森井選手は平昌パラリンピックへと挑む!

 

 


  • この記事が気に入ったらcazual(カズアル)に いいね! / フォロー しよう

  • キャンプアウドドアグッズ特集

  • アルペンでキャンプグッズを探そう

クラウドファンディングサイト「Fannova」

クラウドファンディングサイト「Fannova」

L-Breath

新着記事





PAGE TOP
COPYRIGHT © SHUFU TO SEIKATSU SHA CO.,LTD. All rights reserved.