× CLOSE

廃館を改装したオシャレな店舗、移住者スタッフも多い「キャピタル(KAPITAL)」/その1

日本を代表するデニムの街、岡山県倉敷市児島。その児島で廃館になっていた旧図書館と旧公民館を改装し、製造工場とショップにして再活用しているキャピタル。

その建物の外観は印象的な赤土色だけど、塗り替えたわけでもなくもともとの色。

赤土の色を日本の古語で表現すると<赭(そほ)>というらしい。

一方で<SOHO>とアルファベットで綴れば、ニューヨーク・ソーホー地区を連想させ、とても都会的な印象を受ける。

<赭>と<SOHO>はキャピタルの、クリエーションのルーツである温故知新の精神を象徴しているという。

全国に17店舗を構えるアパレルブランド・キャピタル。

そのキャピタルに入社して14年になる真鍋さんに、旧児島公民館内となる瀬戸内児島赭店を案内していただいた。

キャピタル瀬戸内児島赭店から歩いて2〜3分のところにあるキャピタル本店

「僕は香川出身なんですけど、高校生のときにアメカジブームだったので、ここから歩いて2〜3分のところにあるキャピタル本店に1回だけ来ました。

キャピタルに入社してからは、10年以上東京のお店で働いてて。

ここが3年前にできて、それで東京からこっちへ。だから移住というより転勤ですね」

キャピタル本店の店内

東京からこっちにきて、暮らし難かったことはありますか?

「僕はこっちのほうが暮らしやすいですね。

アパレルの仕事をしてるので、いろんなとこを見に行ったりとかは好きで、東京だとお店がたくさんあって、時間があれば色々見てまわってました。

だけどこっちにいると、本当に見たいものはどこへでも見に行きますけど、興味がなかったら行かない。それが結構明確になりました。

暇つぶしにって、ウインドウショッピングするとこもないですからね(笑)。

東京に住んでるときは普通のワンフロアの部屋だったんですけど、いまは一軒家。まず広さが違いますし、本当に海のそばで生活スタイルも全然違ってきました」

瀬戸内児島赭店の店内にある『赭BOOKS』

キャピタル店舗の中で、独特なスタイルを持つのが、このキャピタル瀬戸内児島赭店。

「瀬戸内児島赭店には『赭BOOKS』っていう古本屋も併設していて、キャピタルの店舗の中でも本屋があるのは、ここだけなんですよ。

昔から本はやりたかったですけど、専門分野なので、アパレルとは全然違ってなかなか簡単にはできなかったんです。

銀座のほうにある森岡書店の店主・森岡さんが元々お客様で、ご縁があり、オープンすることができました。今も年に2回、森岡さんセレクトの本が入荷しています。

2階には秘密のアウトレットもあって。アウトレットがあるのもここだけ。

アウトレットには過去のシーズンのものとか、サンプル品とか、B品とか。生地も販売しています。生地もオリジナルが多いので、ほかでは手に入らないものがたくさん並んでいます。

それとここでは、ギャラリーとミュージアムも併設してます」

 

廃館を改装したオシャレな店舗、そしてギャラリーも併設してるキャピタル瀬戸内児島赭店の話は、次回へと続く

 

「キャピタル瀬戸内児島赭店」の情報は、こちらからどうぞ!

岡山県倉敷市児島小川町3672-10

TEL 086-486-2339

営業時間 11:00〜20:00

http://kapital.jp/shop/detail/13.html

 


  • この記事が気に入ったらcazual(カズアル)に いいね! / フォロー しよう

  • キャンプアウドドアグッズ特集

  • アルペンでキャンプグッズを探そう

クラウドファンディングサイト「Fannova」

クラウドファンディングサイト「Fannova」

L-Breath

新着記事



PAGE TOP
COPYRIGHT © SHUFU TO SEIKATSU SHA CO.,LTD. All rights reserved.