× CLOSE

高知県黒潮町移住ライフ・サーフスクール/ブルース&潤・ディロンさん 夫妻 2

>>前回の記事はこちら

ブルースさんはオーストラリア出身で、潤さんはニュージーランドに住んでいた南半球同士という共通点がある。

「ニュージーランドへは最初ワーキングホリデーで入って、そのあとワークビザを取ってそのままニュージーランドに残って」

ブルースさんはワーキングホリデーで日本に来て、そのまま日本に残る。潤さんはそのまったく逆のパターンですね。

「日本とニュージーランドは北半球と南半球で季節が反対だから、ニュージーランドが冬になると日本が夏。だから夏の日本に帰って来てたりしてたんですけど、そのときに東京に長居するのは無理だったんで、高知の友だちのところへ遊びに行ったんです」

画像提供:幡多サーフ道場

画像提供:幡多サーフ道場

なるほど。夏を追いかけて旅するのは、サーファーにとって永遠の憧れのスタイルですもんね。やはりブルースさんも日本の冬にはオーストラリアに帰るんですか?

「昔はオーストラリアに3、4ヶ月帰ることもあったけど、いまはオーストラリアの物価が上がったので、とてもそんなことができない。こっちで仕事も月曜から金曜まであるし」

 

月曜から金曜までサーフィンスクール?

画像提供:幡多サーフ道場

画像提供:幡多サーフ道場

月曜から金曜までサーフィンスクールのレッスンがビッチリ埋まっていますか?

「サーフィンスクールは趣味として10年前からはじめた。最初はほかの仕事をしながらだったので、ちゃんとビジネスになりはじめたのは2年前」

 

ということは、スケジュールが埋まってる月曜から金曜までは?

「メインは英会話教室の先生。四万十市まで、毎日教えに行ってる。月曜から金曜の午後1時から9時までは英会話教室。サーフィンスクールもだんだん忙しくなって来たから、夏は大変。休みない」

17041018caz3

画像提供:幡多サーフ道場

地方移住者で、しかも外国人で休みがないほど仕事が忙しいっていうのは、逆に嬉しいことですよね。ところで潤さんのお仕事は?

「いまは育児のため仕事をしてないけど、その前はいろいろ事務所で働いたり、保育園のお手伝いをさせてもらったりとかやってました」

 

潤さんが移住を決意した理由は・・・?

17041018caz23

潤さんが高知へ移住を決意したのは、ブルースさんとの出会いですか?

「実際に移住へと踏み切るきっかけはその出会いだったけど、ニュージーランドにいたときから、もう都会に暮らすのは難しいかなって思ってたんです」

17041018caz19

でも潤さんは東京出身で、吉祥寺といえば十分すぎるほどの都会ですよね。しかも住みたい場所ランキングで、いつもナンバー1に選ばれるほどの人気の場所。

「もちろん吉祥寺は楽しかったですよ、ずっと育って来た場所だったから。楽しかったけど、ニュージーランドの大自然の中で長く住んだら、ちょっと都会の暮らしにはもう戻れないかなあって」

南半球から高知へと移り住んだブルース&潤・ディロンさん夫妻の黒潮町移住ライフは、次回へと続く

画像提供:幡多サーフ道場

画像提供:幡多サーフ道場

ブルース・ディロンさんのサーフィンスクールにご興味のある方は以下へどうぞ

幡多サーフ道場

TEL:0880-43-3309

http://www.hatasurfdojo.com/index.html


高知県に移住した方の記事はこちら

大豊町移住ライフ・宿泊施設<みどりの時計台>運営/野田さん夫妻

高知市移住Uターンライフ・鉄のクラフトデザイナー/宇田津 毅さん

高知県黒潮町移住ライフ・サーフスクール/ブルース&潤・ディロンさん 夫妻

cazual SNSやっています!
Facebook>> https://www.facebook.com/cazual.tv/
Twitter>> @cazual_tv
Instagram>> @cazual.tv


  • この記事が気に入ったらcazual(カズアル)に いいね! / フォロー しよう

  • キャンプアウドドアグッズ特集

  • アルペンでキャンプグッズを探そう

クラウドファンディングサイト「Fannova」

クラウドファンディングサイト「Fannova」

L-Breath

新着記事





PAGE TOP
COPYRIGHT © SHUFU TO SEIKATSU SHA CO.,LTD. All rights reserved.