× CLOSE

水辺のアクティビティで活躍してくれる完全防水多機能バッグがクラファンに登場!

完全防水多機能バッグ「andback」

昨今のアウトドアブームの影響を受け、最近ではSUPや渓流釣りなどのアクティビティを楽しむ方が増えています。

しかし、アクティビティを終えた後に水気のあるウェットスーツやウェーダーを脱いだり、片付けたりするのが面倒で苦手という人も多いはず。

そんなときに役立つのが、クラウドファンディングサイトのMakuakeで話題の完全防水多機能バッグ「andback」です。

キャンプ・サーフィン・釣りなどを愛するアウトドア愛好家のメンバーによって、さまざまなシーンでの使用を想定して開発され、考案から約3年でようやくリリースが決定しました。

①風呂敷のような使用感

「andback」はバッグを解体してシート状にできるため、歪な形のモノであっても問題なく持ち運べます。

約20Lの荷物が収納可能で、マリンスポーツのウェットスーツやウェーダー、濡れたテントなどもバッチリ収納することができます。

②生地へのこだわり

選び抜かれたこだわりの生地を採用している「andback」。

表面は撥水、裏面には防水加工がされているため、水に漏れて車や他の荷物を汚す心配がありません。

また、汚れても簡単に水洗いができるので、手入れも簡単です。

③考え抜かれた形状で長持ち

防水加工の生地は性質上折れ目や角にとても弱く擦れやすいため、そこから劣化が進んでしまうという特性があります。

「andback」ではそれを防ぐために、あえてフードの中に丸めて収納することによって、常に同じ箇所が折れないよう工夫を施しています。

これにより、一箇所に負担がかからなくなり、防水加工特有のダメージを大幅に軽減しました。

④車のシートカバーとしても使える

通常のバッグのほか、車のシートカバーとして使用することが可能。

渓流釣り時にウェーダーを着たまま車でポイント移動する際も、いちいちウェーダーを脱ぐ必要がありません。

また、ペットを乗せるときなどにも活躍してくれます。

⑤ポンチョに変身

急な雨が降った時には、ポンチョとして着用することができます。

傘がないときでも「abdback」があれば、水に濡れることがありません。

⑥レジャーシート使いもOK

たたむと25×25×15cmと非常にコンパクトに折りたためますが、広げればレジャーシートに早変わり。

ウェットスーツやウェーダーの着替えのときなど、足元に広げておけば地べたに足をつけずに済みます。

お問い合わせ先
株式会社 美創
TEL:042-489-6666
メール:andback@bisoh-p.co.jp/
担当:伊藤

クラウドファンディング概要
ウエットスーツの着替え・移動・収納を一挙解決!アクティブから日常まで使える!

クラウドファンディング期間:2021年6月28日まで

一般販売予定価格:14,0800円

キャンペーンURL:https://www.makuake.com/project/andback/

文/中山 圭
【Profile / 中山 圭】
東京都立川市出身。広告代理店、出版社2社での広告営業を経て2019年に独立。趣味はルアー釣り、カメラ、音楽(ベース)。学生時代に始めたバス釣りで、2年もの間釣れなかったことから、ルアー釣りにのめり込むことに。ここ数年はバラした70cm以上のGTを追い求めて、南の島遠征を繰り返している。将来の夢は風景写真で入賞を果たすこと。モットーは、“釣果と景色は足で稼ぐべし”。


  • この記事が気に入ったらcazual(カズアル)に いいね! / フォロー しよう

  • L.L.Bean公式ショップ

  • 登山グッズといえば好日山荘

  • キャンプアウドドアグッズ特集

  • アルペンでキャンプグッズを探そう

クラウドファンディングサイト「Fannova」

クラウドファンディングサイト「Fannova」

L-Breath

新着記事





PAGE TOP
COPYRIGHT © SHUFU TO SEIKATSU SHA CO.,LTD. All rights reserved.