× CLOSE

牛肉のレア感がたまらない! 味噌カツのようなホットのサンド!

HOT NO SANDのレシピ第31弾発表!

 

前回のホットのサンドでは、豚ロース肉スライスをスーパーで売っているパックから取り出し、そのまんまの形状でミルフィーユ状にして作ったトンカツ風に仕上げてみました。

これがなんとも美味でスタッフ受けがよかったんです。

そこで出てきた言葉が、「豚ロース肉がアリなら、牛ロース肉だったら大アリじぇね!?」というもの。

豚ロース肉で作る場合、しっかり火が通ってるかやっぱり気になるので、それなりに手間がかかる。

しかし、牛ロース肉なら多少レアな方がおいしいし、むしろパサつかず柔らか仕上げになる。

「それ、いい!」とスタッフ一同から感嘆の声が上がりました。

「じゃあ、フィニッシュはどうする?」って声も同時に出てきました。

つまり味付けというか、タレの問題です。

牛カツの場合、いったいどんなタレが合うのか。

もちろん中濃ソースはばっちりハマるだろうし、大根おろしトッピングしてポン酢醤油であっさり仕上げてもおいしそう。

そこであるスタッフから出た案が「トッピングのことも考えるなら、ネギたっぷり乗せた味噌ダレでしょ」というもの。

「それだ!」

別に中部人が多いわけでもないのに、なぜか趣向が一致しました。

そこで今回は、牛ロース肉を使った味噌カツのようなホットのサンドを作ってみたいと思います。

牛ロース肉の味噌カツ風なホットのサンドのレシピ

牛ロース肉

マヨネーズ

パン粉

あさつき

つけてみそかけてみそ

ミニフランスパン

作り方

スーパーマーケットで販売されているパッケージから取り出した、そのまんまの牛ロース肉スライス。

せっかくキレイに並んでるんですから、そのまんま使いたいと思います。

ホットサンドメーカーにオーブンペーパーを敷き、その上に牛ロース肉スライを100g乗せます。

牛ロース肉スライスを焼きはじめ、フチが色づきはじめたら火から外します。

ホットサンドメーカーを入れ替え、牛ロース肉スライスは余熱で火を通します。

もう一方のホットサンドメーカーでパンを焼きます。

焼き目がついたら、パンにたっぷりのマヨネーズを塗り込みます。

その上に、牛ロース肉スライスをトッピングします。

パンの片面を焼いているあいだ牛ロース肉スライスを余熱調理していたのに、十分焼けてる感じですよね。

そして牛ロース肉スライスにもたっぷりのマヨネーズをトッピング。

そしてパン粉を振りかけます。

先ほど肉を焼いていたオーブンペーパー被せ、ホットサンドメーカーを閉じます。

ホットサンドメーカーを閉じたらすぐにターンして、パン粉の面を焼くようにします。

実際に焼くのは本当に短時間。

パン粉に軽く焼き色がつく程度でOKです。

オーブンペーパーを剥がし、つめてみそかけてみそをトッピングします。

さらにあさつきをトッピングすれば、牛ロース肉の味噌カツ風なホットのサンドの完成。

牛ロース肉の味噌カツ風の断面は豚ロース肉と違い、やはりレア感が味も見た目もポイントです!

 

前回の「ホットのサンド」レシピはこちら!

家でも外でも! ホットサンドに不可能な「映える!」を可能にしたホットのサンド!

food coordinate:レオナルド45
photo:ULALA
text:アマキン

【PROFILE/アマキン】
本業はクリエイター。アウトドアアクティビティ、DIY、クッキングを得意とすると豪語しながら、すべてはプロフェッショナルには遠く及ばない「素人にしては、まあ上手だな」程度のレベル。それでも「アマチュア界の王様」と名乗る。


  • この記事が気に入ったらcazual(カズアル)に いいね! / フォロー しよう

  • L.L.Bean公式ショップ

  • 登山グッズといえば好日山荘

  • キャンプアウドドアグッズ特集

  • アルペンでキャンプグッズを探そう

クラウドファンディングサイト「Fannova」

クラウドファンディングサイト「Fannova」

L-Breath

新着記事





PAGE TOP
COPYRIGHT © SHUFU TO SEIKATSU SHA CO.,LTD. All rights reserved.