× CLOSE

スパイスで作る手の込んだ本格カレーも、ダッチオーブンなら簡単!

カレーの隠し味はやっぱり・・・!

 

キャンプのディナーはカレーって神話は、もうなくなりつつありますね。

だって、金曜日の夜にカレーを食べて、下手すりゃ土曜の朝もカレーライスかカレーうどんを軽く食べてアウトドアへと向かう。

キャンプ場に昼について、テント立てて、「さあ、夕飯はカレーだぞ!」って話にならないですよね。

でもちょっと待ってください。

金曜の夜に食べたのは、市販のルーを使ったカレーじゃなかったですか?

手の込んだ方なら、市販のルーを何種類かミックスして、家庭独自の味を追求してたり。

でも作った方の心のどこかに「これは、本物のカレーじゃない・・・」なんて感覚があったり、なかったり。

そう、やっぱりスパイスで作らないと、胸を張れないような気がしちゃいます。

なんていうんですか、「ルーで作る=手抜きカレー」で「スパイスで作る=本格カレー」なんて格差を、作り手が勝手に作っちゃってる。

市販のルーで作れば失敗はないし、手軽だし、好みのルーを見つければ時短で作れるわりに本当においしい。

これ以上ないって、話ですよね。

しかし、1泊2日で行くのんびりキャンプで、時短する必要あります??

時短で作れて、飲み物みたいに食べられちゃうカレーなら、あとはキャンプサイトを撤収して帰るだけ。

1泊2日どころか、昼に張ったテントを夕方には撤収して帰るってくらい、やることをなくしてしまいそう。

そこで提案です。

キャンプでたっぷりある時間で、手の込んだスパイスで作った本格的カレーにチャレンジしてみませんか?

手の込んだというよりは、いつものカレーよりちょっと時間がかかるだけ。

ダッチオーブンで作れば、本格カレーも超簡単なんですよ!

 

肉煮込み!

まずはバーナーにコンパクトな SOTO ステンレスダッチオーブン 8インチ ST−908 をセットします。

コンパクトといってもダッチオーブンならそれなりに直径が大きいので、バーナーにはストーブとボンベが別体式のSOTO レギュレーターストーブフュージョン ST-330 を使用します。

8インチダッチオーブンに大さじ2くらいのオリーブオイルを注ぎます。

そしてバーナーを着火。

ダッチオーブンが温まったら牛肉400gを投入。

硬そうな部位でも、ダッチオーブンで煮込めば柔らかくなります。

逆にスネ肉とかスジ肉とかの超硬い部位でも、トロトロになっちゃいますよ。

表面に焼き色がついたら、肉がひたひたに隠れる程度の水を注ぎます。

これくらいの量の水ならば、SOTO レギュレーターストーブフュージョン ST-330 を最大火力にすれば、一瞬で沸騰します。

そしたらキッチンペーパーで表面をなでるようにしてアクを取ります。

キレイにアク取りできたら、ベイリーフを数枚入れてください。

そしてフタを閉じ、1分だけ炊き込んだ後、バーナーを消火。

つまり余熱調理するのです。

ダッチオーブンって、省エネですね。

ダッチオーブンを手で直に触れるくらいまでそのまま放置します。

 

野菜下ごしらえ!

大きめのタマネギを1個、すべて粗めのみじん切りにします。

ここではバーナーに SOTO ステンレスダッチオーブン 10インチ ST−910 をセットします。

8インチダッチオーブンは余熱調理しているので、バーナーは1台でOKですが、ダッチオーブンが2台必要になってくるというわけです。

10インチダッチオーブンには、大さじ3くらいのオリーブオイルを注ぎます。

そこへ、みじん切りしたタマネギを入れ、中火で焦げ付かないようときどきかき混ぜつつ、飴色になるまで炒めます。

そのあいだに、リンゴ1個をすりおろしてください。

タマネギが飴色になったところで、すりおろしリンゴを投入。

そのまま中火で水分を飛ばします。

そのあいだにほかの野菜を準備。

大きめのジャガイモ2個を、皮付きのままざく切りに。

さらに大きめのニンジン1本も、ざく切りに。

切れたころにはリンゴの水分も飛んでるはずです。

そこへ野菜を投入!

肉と野菜の融合!

さて、こんなタイミングで、8インチダッチオーブンを素手で触れるくらいに冷えてるんじゃないですか?

そしたら10インチダッチオーブンに全部移し替えます。

そのとき、ベイリーフを取っちゃってください。

そしてフタを閉じ、沸騰してフタから蒸気が漏れ出すまで、数分間強火で煮込みます。

カレーといえば、ライスが定番。

「ステンレス製のダッチオーブンでは、ゴハンを炊くのが難しい」なんて話を耳にしますが、それは炊き方を知らないだけ。

ゴハンの炊き方と合わせて、カレー作りの後半戦に続きます!

 

前回の「ダッチオーブン」レシピはこちら!

牛すじトロッ! 野菜ゴロッ! 家でもキャンプでもダッチオーブンで作るカレーは最高!

food coordinate:レオナルド45
photo:ULALA
text:アマキン

【PROFILE/アマキン】
本業はクリエイター。アウトドアアクティビティ、DIY、クッキングを得意とすると豪語しながら、すべてはプロフェッショナルには遠く及ばない「素人にしては、まあ上手だな」程度のレベル。それでも「アマチュア界の王様」と名乗る。

 


  • この記事が気に入ったらcazual(カズアル)に いいね! / フォロー しよう

  • キャンプアウドドアグッズ特集

  • アルペンでキャンプグッズを探そう

クラウドファンディングサイト「Fannova」

クラウドファンディングサイト「Fannova」

L-Breath

新着記事





PAGE TOP
COPYRIGHT © SHUFU TO SEIKATSU SHA CO.,LTD. All rights reserved.