× CLOSE

セリアのボトルがキャンプの調味料入れに抜群です!【100均キャンプギア】

セリアの100均調味料ボトルは、液体調味料の持ち運びに便利!

キャンプの際に、液体調味料を持ち運ぶ容器は、どのようなものを使用していますか?

車で揺られたり、持ち運びの際に衝撃を受けたりして、オイルなどの調味料が漏れてしまった、などの経験がある方もいることでしょう。

キャンプ場到着時に収納ボックスの中で、調味料やオイルが漏れてしまっては、楽しい時間が台無しです。

手頃にそろえられる、100均の調味料ボトルを利用されている方も多いと思いますが、実はセリアにはアウトドアへの持ち運びを考慮した調味料ボトルが販売されているのです。

今回は、その調味料ボトルを紹介するとともに、本当に漏れないのか、実際に調味料を入れて検証してみました。

セリアの調味料ボトルの販売サイズ

・15ml(2本入り)
・30ml(2本入り)
・60ml
・125ml

現在セリアで販売されているボトルのサイズは、全部で4種類です。15ml、30mlは、2本入りでの販売です。

大さじ1の液体容量が約15mlになるので、15ml、30mlのボトルは少量の調味料の持ち運びや、ソロキャンパーの方にオススメです。

私は、液体調味料は余裕をもって多めに持っていくので、60ml、125mlの調味料ボトルを利用しています。

漏れない容器の作りを見てみよう

表記には、「液体調味料を入れても漏れない!」とありますが、漏れない構造のポイントはどのあたりにあるのでしょうか。

家庭で使用する調味料ボトルのタイプに多い、パチンと閉めるフタとは少し違う作りになっています。

持ち運ぶことに重点を置いて考えられた作りで、スクリュー式のプラスチックのフタです。

旅行用シャンプーのボトルのフタと、似たような作りになっています。

ゴム製のパッキンなども付いていないので、洗う際の手間は少なそうです。

口の広さもある程度あるので、容器の中を清潔に保つことができます。

フタの部分には、ギザギザの溝が施してあるので、しっかり閉めても、回しやすく開けやすい構造になっています。

実際に調味料を入れて確認してみる

色がわかりやすいように、中に醤油を入れ、本当に漏れないのかを検証してみます。

容器を逆さまにして確認をしましたが、漏れる様子はありません。

持ち運びのシュチュエーションとしては想定し難い状況ですが、試しにボトルを激しく振って検証をしてみました。

中の液体が泡立つほど振りましたが、漏れる様子はありませんでした。

今までさまざまな調味料入れを試してきましたが、100均の商品でここまで漏れずに安心して使用できるボトルははじめてかもしれません。

このクオリティの商品が100均で手に入ることに、驚くばかりです。

もちろん、使い続けることでフタが劣化したり、しっかり閉まっていないことで、漏れが発生する確率は充分にあるので、注意しながら使用しましょう。

持ち運び前には、逆さまにして漏れの状態を確認することも、忘れずに行いましょう。

フタにシールなどで内容表示をする

中に入っている調味料などがひと目でわかりやすいように、フタの部分にシールを貼りました。

何度も洗って使用することを考えると、100均で入手できる、耐水・耐熱の調味料シールがオススメです。

持ち運びの際は調味料ボトルの活用を!

オイルや液体調味料を安心して持ち運べるアイテムは、キャンプでは大活躍です。

調味料以外にも、少量の生クリームや、牛乳などをクーラーボックスに入れたい際にも活用できます。

今までは漏れてしまうか心配で、調味料ボトルをさらに保存袋に入れて持ち運びをしていましたが、この容器を使うことで、そのストレスからも解放されそうです。

ぜひ、セリアの調味料ボトルをキャンプでご活用ください。

【PROFILE/さとう あい】

宮城県仙台市在住の料理家。料理教室の運営や、レシピ提案などのフードコーディネーター業をする傍ら、ライターとしても活動中。やんちゃ盛りの2児の母であり、子どもと海や川、山などアウトドアへ出かけ、休日は自然の中で遊ぶのが日課。


  • この記事が気に入ったらcazual(カズアル)に いいね! / フォロー しよう

  • L.L.Bean公式ショップ

  • 登山グッズといえば好日山荘

  • キャンプアウドドアグッズ特集

  • アルペンでキャンプグッズを探そう

クラウドファンディングサイト「Fannova」

クラウドファンディングサイト「Fannova」

L-Breath

新着記事





PAGE TOP
COPYRIGHT © SHUFU TO SEIKATSU SHA CO.,LTD. All rights reserved.