× CLOSE

京都ファン必見! ご当地グルメの衣笠丼をシェラカップだけで作るミニマムクッキング!

京都府リスペクト! まさか京都にB級グルメなんて存在しないと思ってたのに!

「日本の地方×アウトドア」をメインテーマとしているcazualで、47都道府県のご当地グルメをご紹介するこの企画。

やはり「×アウトドア」がキーワードですから、ご当地グルメだってシェラカップだけで作っちゃうのです。

しかもご当地グルメといっても、通りすがりの観光では気づかないようなB級グルメ的なメニューをご紹介してます。

そして今回の「シェラカップだけで作るミニマムクッキング!」は京都が舞台。

京都在住以外のみなさんは、京都にどのような印象をお持ちでしょうか?

ワタクシ、アマキンの印象では「何事にもこだわりがスゴイ!」って感じでしょうか。

そんな京都にB級グルメなんて存在するんでしょうか・・・。

はい、ありました!

九条ネギのアクセントがたまらない衣笠丼こそが、ご当地B級グルメそのものです。

メイン食材が油揚げなので贅沢ではなく安価で庶民的!

しかも京都特産の九条ネギをたっぷりと使っている郷土料理!

これなら肩肘張らず、気軽に食べられそうです。

そんな「衣笠丼」をシェラカップだけでミニマムクッキングしたいと思います。

 

ご飯を炊く!

「丼」というからには、ご飯を使います。

今回の「衣笠丼」はご飯を炊いているあいだにすべて準備できてしまうお手軽料理の王様!

というわけで、まずはご飯を炊きます。

洗米の必要がないので水を汚すことなく、アウトドアクッキングでも手軽な無洗米を使用します。

計量には、もうお馴染みとなりましたチャムスの ブービーシェラカップ210ミリリットル を使用。

ちょっと汁気たっぷりの「衣笠丼」に仕上げるので、ご飯を固めに炊きます。

なので無洗米180mlに対し、水も同量の180mlにします。

お米と水をチャムスの ブービーシェラカップL に移し替え、ご飯を炊きます。

SOTO レギュレーターストーブフュージョン ST-330を着火し、まずはフタを閉じずにフルパワー加熱。

その間、お米が固まらないようにグルグルとかき混ぜ続けます。

沸騰したら火力を限界までトロ火にし、フタを閉じて10分間炊きます。

 

下準備!

ご飯が炊けるまでのあいだで、具材の下準備をします。

京都のご当地グルメですから、やはりネギは京都ブランドの「九条ねぎ」を使う。

これこだわりですね。

食材となる部分は3〜4センチと大きめに。

ネギ先の細い部分は薬味としてトッピングしますので、細かく輪切りにします。

油揚げはたっぷり1枚を使用。

ネギと同じくらいの大きさに油揚げをカットします。

そしてご飯を炊いてるとなりで、調理します。

シェラカップ 半分ほどに水を入れ、沸騰させてください。

すなわちバーナー2台使いです。

バーナーを1台しかお持ちでない方は、ご飯の蒸らしタイムを使って手早く調理してください。

発熱量2.9kWのSOTO レギュレーターストーブ ST-310 は瞬時に沸騰します。

キャプテンスタッグ ステンレス ビッグシェラスタッキングザル に油揚げを入れ、湯通しして余分な油を抜きます。

そしてしっかりと湯切りしてください。

続いて溶きタマゴを準備します。

下準備が終わったころ、ご飯も炊けるタイミングなんじゃないでしょうか。

バーナーを消火し、10分ほどの蒸らしタイムに入ります。

調理開始!

ご飯の蒸らしタイムに具材を調理します。

調理用には食材がくっつきにくいキャプテンスタッグ ブルーブラックコート シェラカップ320ml を使用。

チャムス ブービーシェラカップ210ミリリットル で水を100ml計量し、SOTO レギュレーターストーブ ST-310 を着火します。

100mlの水なんて、ホントにすぐ沸騰しちゃうのでグズグズしてる時間はありません。

ライトマイファイヤー スポーク チタニウムのスプーン1杯分のめんつゆを加えます。

バーナーを弱火にし、先ほど湯通ししてクタクタになった油揚げを投入。

さらに九条ネギを投入。

ネギが柔らかくなるまで煮込み、溶きタマゴを全体的に流し込みます。

フタを閉じ、バーナーを消火。

余熱でタマゴに火を通します。

さあ、ここでご飯をチェック。

お米が立ち、キレイに炊けてますね。

ご飯粒を潰さないよう、ていねいにほぐします。

ご飯をほぐし終わったら、タマゴとじをチェック。

こんな感じで完全に火が通っていない半熟タマゴな状態がベストです。

まずは具を乗せず、ツユだけをご飯全体にかけていきます。

ツユがなくなったところで具材を乗せ、シェラカップ全体に広げます。

さらに輪切りにした九条ネギをトッピング。

煮込んだ九条ネギにはない薬味感がアクセントになるのです。

最後に山椒をパラパラと振りかけたら完成です。

 

実食!

「衣笠丼」のことをメイン食材が油揚げだから贅沢ではなく、安価で庶民的な京都のB級グルメなんて冒頭でお伝えしましたが、実食するととてもB級だなんて思えません!

作るのも簡単だし、肩肘張らず気軽に食べられそうなのは間違いないのですが、九条ネギのアクセントがたまらないA級品のグルメです!

 

前回の「シェラカップ」レシピはこちら!

ソロキャンプでも、家でも実践したくなるシェラカップで作るウルトラライトレシピ!

food coordinate:レオナルド45
photo:ULALA
text:アマキン

【PROFILE/アマキン】
本業はクリエイター。アウトドアアクティビティ、DIY、クッキングを得意とすると豪語しながら、すべてはプロフェッショナルには遠く及ばない「素人にしては、まあ上手だな」程度のレベル。それでも「アマチュア界の王様」と名乗る。


  • この記事が気に入ったらcazual(カズアル)に いいね! / フォロー しよう

  • L.L.Bean公式ショップ

  • 登山グッズといえば好日山荘

  • キャンプアウドドアグッズ特集

  • アルペンでキャンプグッズを探そう

クラウドファンディングサイト「Fannova」

クラウドファンディングサイト「Fannova」

L-Breath

新着記事





PAGE TOP
COPYRIGHT © SHUFU TO SEIKATSU SHA CO.,LTD. All rights reserved.