× CLOSE

初食感! シェラカップだけで作り上げるパリツルな日田やきそばのミニマムクッキング

大分県リスペクト! 衝撃のやきそば文化に驚き!

はじめて大分県日田市を訪れたときの衝撃は、いまでも忘れられません。

大分自動車道・日田インターチェンジを降り、一般道を走って市の中心部へと向かっていったわけですが、その異様な光景に驚きが!

これまで数々の地域を取材で訪れているので、それなりに免疫はあります。

でも明らかに、ほかの町とは違ったんです。

なんと、日田市はほかにはない「やきそば文化!」の地域だったです。

そりゃあね、東京などの大都市に行けば、「やきそば専門店」を掲げるところはいくらでもありますよ。

ところが人口わずか6万人の地域に、いったい何件の「やきそば専門店」が軒を連ねていることやら。

ラーメン店より、そば屋より、ファストフードチェーン店より、コンビニエンスストアより「やきそば専門店」のほうが断然多いんです。

やきそばって、昔ながらの中華店とか定食屋のメニューにはあるけど、決して主役じゃない。

きっとナンバー5にも入らないメニューですよ。

お弁当にだって付け合わせのナポリタンの代わりにちょっと入るだけ。

あくまでも代役なんです。

それなのに日田市では堂々たるオンリーワンの存在。

専門店が何店あるやら。

そして「やきそば専門店」に突入してみたのです。

店舗の存在すら驚きなのに、出てきた「日田やきそば」にもまた強烈に驚きました。

どこでも見たことのない焦げ目、どこでも味わったことのない衝撃のパリツル食感だったのです!

そんな「日田やきそば」をシェラカップ で作りたいと思います。

下準備

万能ネギを、のちほど登場するモヤシサイズに切ります。

豚バラ肉を、やはりモヤシサイズに切ります。

調理開始

まずは豚バラ肉を炒りますが、調理するシェラカップ に油は敷きません。

SOTO レギュレーターストーブフュージョン ST-330を着火。

最初は強火、煙が立ち上がりはじめたら弱火にします。

こういった火力調整に、ストーブとボンベが別体式のSOTO レギュレーターストーブフュージョン ST-330はとても使いやすいのです。

弱火調理することで豚バラ肉からでラードを抽出します。

やきそばは1人前ですが、ラード抽出なども含め大きめのシェラカップ が調理しやすいので、チャムスの ブービーシェラカップ1リットルを使います。

ラードがたっぷり出たら、麺を投入。

使うのはチャンポン用の太い生麺です。

豚バラ肉を麺の上に逃がします。

麺をほぐさないように、まるで皿のように使うと豚バラの救出がしやすいです。

バーナーを中火にし、麺をラードでじっくりと揚げ焼きにします。

揚げ色がついてきたら、万能ネギを投入。

万能ネギがしんなりしてきたら、モヤシを投入。

具材を混ぜ合わせ、モヤシにラードが絡んだらウスターソースをたっぷりとかけます。

強火にし、モヤシのシャキシャキ感が残る程度に軽めに炒めます。

オリジナルシェラカップ に移し替えます。

生タマゴをトッピング。

さらに紅生姜を添えたら完成です。

実食!

ラードで揚げ焼きした日田やきそばは、硬やきそばともまた違った食感。

たとえるなら、ラーメンは「ツルツル」、一般的なやきそばはラーメンと比べて水分がないので「ズルズル」、硬やきそばは「ぽりぽり」。

日田やきそばは、そのまま食べると「バリバリ」と「パリパリ」の中間って感じ。

そこに生タマゴと絡めて食べると「バリバリ」に近づき、「ツルツル」と滑りもよくなります。

なので「パリツル」って感じなのです。

 

前回の「シェラカップ」レシピはこちら!

ソロキャンプでも、家でも実践したくなるシェラカップで作るウルトラライトレシピ!

food coordinate:レオナルド45
photo:ULALA
text:アマキン

【PROFILE/アマキン】
本業はクリエイター。アウトドアアクティビティ、DIY、クッキングを得意とすると豪語しながら、すべてはプロフェッショナルには遠く及ばない「素人にしては、まあ上手だな」程度のレベル。それでも「アマチュア界の王様」と名乗る。


  • この記事が気に入ったらcazual(カズアル)に いいね! / フォロー しよう

  • キャンプアウドドアグッズ特集

  • アルペンでキャンプグッズを探そう

クラウドファンディングサイト「Fannova」

クラウドファンディングサイト「Fannova」

L-Breath

新着記事



PAGE TOP
COPYRIGHT © SHUFU TO SEIKATSU SHA CO.,LTD. All rights reserved.