× CLOSE

意外と冷える!キャンプの夜を暖かく過ごす焚き火テクニック

キャンプで暖を取るにはやっぱり焚き火

夜のキャンプ場は、想像以上に冷え込むもの。冬はもちろんのこと、春夏キャンプであっても油断は禁物です。

そんな時、暖を取る方法と言えば、ずばり焚き火!

今回は、初心者でも焚き火を安心・安全・快適に楽しむための道具や、コツについて紹介します。

焚き火に必要なアイテムを揃えよう!

キャンプ中に焚き火を楽しむためには、専用のアイテムをいくつか用意する必要があります。

「まだ何も持っていない!焚き火について何もわからない!」という初心者さんは、まずはここからスタートしましょう。

焚き火を楽しむために、最低限必要となるのは以下のアイテムです。

・焚き火台
・薪
・火ばさみ
・耐火グローブ
・ナイフや鉈
・持ち手部分が長いライター
・バケツ

「キャンプ場なら、そのまま地面で焚き火を楽しめるのでは?」なんて思いがちですが、これは大きな間違いです。

たとえキャンプ場であっても、「直火OK」の表示がなければ、地面で直接焚き火するのはNG。近年は、環境保護や利用者のマナー対策のため、「直火NG」とするキャンプ場も増えてきています。

どこでも気軽に焚き火を楽しみたい!と思うのであれば、専用の焚き火台を用意しておいて損はありません。キャンプを楽しむ人数や用途(料理に使うかどうか等)に合わせて、ぴったりなものを選択しましょう。

火ばさみや耐火グローブは、火傷を防ぎ、安全に焚き火を楽しむために欠かせないアイテム。

特に手袋は、ついつい作業用の軍手などで代用してしまいがちですが、軍手では熱や火の粉から、皮膚を完全に守ることはできません。専用グローブを用意することで、焚き火中の作業効率・安全性が大幅にアップします。

ナイフや鉈で薪を細かくすれば、着火しやすくなりますし、着火点までが遠いライターであれば、初心者でも安心です。

バケツは火事予防に必須のアイテムです。ただ持っていくだけではなく、水を汲んで、いつでも使えるようにスタンバイしておきましょう。

焚き火タイムをもっと充実させるには?

上記のアイテムにプラスしてこの2つを準備しておくと、焚き火タイムがもっと充実します。

・ローチェア
・火の粉が飛んでも大丈夫な上着

焚き火をすれば、周辺の空間がポカポカと温まります。そんな快適な空間で長時間過ごそうと思ったときに、欠かせないのがチェアです。キャンプ用の折り畳み可能なタイプであれば、持ち運びの手間もさほどかかりません。

ローチェアは深く腰かけられるので、リラックスタイムにおすすめ。また薪が燃えていく様子を真横からの視点で楽しみやすいので、焚き火の魅力を満喫できます。

キャンプ中の寒さを和らげるのに効果的な焚き火ですが、薪を燃やせば衣服に臭いが移りやすくなります。またそれだけではなく、勢いよく飛んだ火の粉が衣服に付着すれば、コゲや穴あきといったトラブルが発生してしまうことも。

しかし、これらのトラブルを避けるために焚き火から距離を取ってしまえば、温かさを実感できなくなるでしょう。

実は、キャンプで活躍する機能性衣類の多くは化学繊維で作られるものが多く、”火の粉に弱い”という特徴があります。

気を付けていたつもりでも、帰宅してみてビックリ!なんてケースも少なくありません。焚き火を楽しむ際には火に強いアウターを身につけると、より充実した時間を楽しめるでしょう。

季節によって薪の種類を使い分けよう!

焚き火に欠かせないアイテムといえば薪ですが、実はこの薪にも種類があることをご存知ですか?

薪の種類は、主に針葉樹(松や杉、ヒノキなど)と広葉樹(ナラやクヌギ、ブナなど)の2つに分けられます。

針葉樹は、木の中に油分を多く含んでいるので、火をつけると一気に燃え上がりやすい一方、短時間で燃え尽きてしまう特徴があります。

広葉樹は火がつくまでに時間がかかり大変ですが、いったん燃え始めると長く使えます。針葉樹と比較すると火力調整もしやすく、調理に向いているのもこちらのタイプと言われています。

特に寒さが厳しい冬の夜は、針葉樹の薪をどんどん使って温度を上昇させるのがおすすめ。使う薪の量は増えますが、体感的にも見た目的にも、十分な温かさを実感できるでしょう。

一方、寒さが冬に比べて厳しくない春夏キャンプには、針葉樹の薪で着火したのちに広葉樹の薪へと切り替えるスタイルがおすすめです。

穏やかな火が長く続くのでメンテナンスも楽になりますし、またこまめな温度調整で快適な温度を保ちやすくなります。

季節に合った焚き火を選択して、ぜひ快適なキャンプ時間を楽しんでみてくださいね。

焚き火マスターになってキャンプをもっと楽しもう!

キャンプの夜には、焚き火を囲んでゆったりとした時間を楽しみたいもの。会話に花を咲かせるのも良いですし、大自然の中でお酒を楽しむのも良いですね。

焚き火を囲んでいるからこそ気分もリラックスし、非日常の雰囲気を楽しめるのではないでしょうか。

焚き火に必要なアイテムや薪ごとの特性を知った上で、焚き火を心ゆくまで楽しんでください!


  • この記事が気に入ったらcazual(カズアル)に いいね! / フォロー しよう

  • L.L.Bean公式ショップ

  • 登山グッズといえば好日山荘

  • キャンプアウドドアグッズ特集

  • アルペンでキャンプグッズを探そう

クラウドファンディングサイト「Fannova」

クラウドファンディングサイト「Fannova」

L-Breath

新着記事





PAGE TOP
COPYRIGHT © SHUFU TO SEIKATSU SHA CO.,LTD. All rights reserved.