× CLOSE

あおり運転対策!ウワサのルームミラー型ドライブレコーダを設置してみた【クルマ改造計画(前編)】

ドライブレコーダを自家用車に取り付けたい!

いまや社会現象にまで発展している”あおり運転”。最近では、この悪質な運転を防止するためにドライブレコーダを自家用車に付ける人が増えている。とりわけ、前方の録画だけでなく、後方も録画できる前後録画タイプが人気だ。

筆者はアウトドアに繰り出すために日常的にクルマ乗っているが、実はドラレコをまだ付けておらず、「一体どれがいいのだろうか……」とずっと悩んでいた。そんなときに、知人から「これはどう?」とおすすめされたのが、今回搭載したルームミラー型ドライブレコーダというもの。

そこで、今回はこのレコーダを実際に取り付けてみたので、その方法を2回にわたって紹介する。

そもそも、ルームミラー型ドライブレコーダとは?

ルームミラー型ドライブレコーダとは、ドラレコの機能をもったバックモニター機材。バックミラーに装着して使い、後ろの様子をリアルタイムで写しながら前後の様子を録画してくれる。

一番の特徴は、実際に撮影している様子をバックミラーサイズの広角で見られること。目視できない左右の風景も確認でき、いま利用者が増えている人気のドラレコである。

なお、記事内ではルームミラーとルームミラー型ドライブレコーダが混在するため、取り付けるルームミラー型ドライブレコーダをドラレコとして説明していく。

どうやって搭載するの? ドラレコを取り付けてみた

では実際に装着してみよう。「あれ、なぜお店に持っていかないの?」と疑問に感じる人もいると思うが、多くのお店はフロントとリアの両方に設置すると1万5000円近い工賃がかかる。さらに、商品持ち込みだと倍くらいの費用がかかってしまうので、かなり高額になる。そこでDIYでつけることにしたのだ。

とはいえ、筆者はクルマのシステムや設置方法は無知かつ無経験! そんなわけで、今回は設置経験のある人にやってもらうことにした。

付けていただいたのは、DIYが大好きというISAOさん。ふだんは大手電機メーカーに勤めながら、休日はクルマやキャンプ道具、さらには車庫の屋根まで作ってしまうDIYのベテラン!

まずは装着する道具をチェック。

上はドラレコ本体、右下はmicroSDカード、中央と左下はヒューズ電源からシガーソケットを新たに取り出すプラグロック電源ソケット、配線のためのギボシ端子、そして入っていたケース。本体以外は別で購入して用意した。

※クワ型端子や配線コネクタなど、配線部材はISAOさんの私物を使用

今回設置するドラレコは『MAXWIN(マックスウィン)』という中国メーカーの「9.88インチ 前後フルHDデジタルルームミラーモニター」。同ブランドは車載用液晶モニターや地上波デジタルチューナーなどを開発、製造しており、ここ最近はドラレコを精力的に販売している。

詳しい機能は別の記事で紹介するとして、商品を購入すると本体のほかにリアカメラ、接続ケーブル、GPS受信機などが付いてくる。

今回使用する工具はこちら。右からペンチ、ドライバー、電工ペンチ、配線ガイド、内張りはがし。

では装着スタート! とその前に、今回はヒューズボックスから電源を引き出す。

まずはどのヒューズから電源を分岐して引き出すか確認。クルマの電源は、大きくACC電源(アクセサリー電源)とIG電源(イグニッション電源)の2種類がある。

前者はエンジンを入れる前に起動する電源で、後者はエンジンを入れてから起動する電源。

今回はオーディオと同じACC電源から引っ張る。このACC電源からドラレコ本体への配線と、後ろのリアカメラからドラレコへのケーブル配線が重要なポイントだ!

筆者のクルマはヒューズボックスが運転席の下にあったため、最初に運転席の下からカーナビ下のヒューズボックスの空間を通して、助手席の下へプラス電源の配線を伸ばしておく。ヒューズボックスに配線を装着する作業から始めても問題ないが、周辺に部品が散らかり、作業しづらくなることを考慮した。

配線を伸ばす際には、配線ガイドの尾にコードを絡ませておき、ガイドの先端を助手席に出して引っ張れば簡単に通すことができる。

配線を助手席の下へ通し終えた状態。

次にヒューズボックスのACC電源から配線を引っ張る作業。ヒューズから取り出した電源ラインがあったため、そこから分岐して電源を取ることにした。

その際に使ったのが、この配線コネクター。配線を包む被覆を剥ぐ作業やハンダ付けする作業がなくなり、簡単に配線分岐ができる便利アイテムだ。

ヒューズのACC電源に配線をつけ、このコネクターをかませる。

こちらがヒューズ。赤い丸がオーディオのACC電源。そこから配線分岐してドラレコの配線とつなぐ。※今回は諸事情で配線コネクターを固定するためにグリーンのテープを使用。

装着が完了したら、実際に電気が流れているかチェックする。その際に便利なのが、検電テスターという道具。

尾に付いているクリップをドアのヒンジにつけ、先端のテスターを配線に付ければすぐにチェックができる。赤いランプが付いたので、これで通電できていることが確認できた!

配線の先端にギボシ端子を装着し、電工ペンチでかしめる(=付ける)。

こちらがかしめた状態。さらに、その先にはクワ型端子を付ける。

助手席前のボードを外し、アースをとるためにクワ型端子を固定する。

赤い丸印部分が装着完了したところ。クワ型端子をネジで固定し、通電できるようにした。

次に配線を上へ引っ張り、フロントのドラレコを取り付ける作業に移る。

と、突然ガバッと大きな音を立てながら、助手席側Aピラーのカバーを大胆に外した! これには筆者も驚いたが、中を見るとすでに数本の配線が入っており、ナビのバックモニターやウインカーといった後ろの電子機器の線が使われていたことを知った。クルマは奥が深そうだ……。

ドア周辺に付いているウェザーストリップ(ゴムパッキン)もこの段階で剥ぐ。その後、配線ガイドで助手席の下から上に向かってケーブルを伸ばす。

上に向かってケーブルを伸ばしたらミラーの裏へ伸ばす。

その際、クルマのフレームと内張りの隙間に配線を挟み込むように入れる。引き回すケーブルはリアカメラ、GPS、電源の3本。

フロントのドラレコ本体に、それぞれのコードを差し込みながらミラーに付けていく。

取り付けは付属のゴムバンドで純正ミラーに固定するだけ。フロントカメラも伸ばして設置で完成だ!

ただ、リアカメラを設置しないと使えないので、とりあえずフロントはこれにてストップ。

GPS受信機や両面テープを貼るのに便利なもの

カー用品に限らず、両面テープを貼る際にはその箇所を脱脂しておく必要がある。なぜなら、貼る部分に油汚れやゴミがたまっているとテープの粘着力が落ち、外れることがある。そこで便利なのが、パーツクリーナーという洗浄液。今回はホームセンターで販売されていた安いものを使用した。

布などにその洗浄液を染み込ませ、貼る箇所を拭くだけ。これで簡単に汚れが落ちる。今回はGPSアンテナとリアカメラの設置の際に使った。

これでGPSアンテナの取り付けは完了し、第一段階はこれで終了。次に後方のリアカメラの設置へ進む。

<後編【いま話題のルームミラー型ドライブレコーダを設置!DIYでリアカメラを付けてみた】へ続く>

今回設置するMAXWINの公式ページはこちら

撮影・文/小川迪裕(オガワミチヒロ)

【Profile/小川迪裕(オガワミチヒロ)】

フリーランス編集者、ライター。得意ジャンルはキャンプとファッションで、雑誌からWEBまで幅広く寄稿する。最近はタブロイドやイベント冊子の製作、イベントの企画、ブランドPRなどもやる何でも屋に。


  • この記事が気に入ったらcazual(カズアル)に いいね! / フォロー しよう

  • キャンプアウドドアグッズ特集

  • アルペンでキャンプグッズを探そう

クラウドファンディングサイト「Fannova」

クラウドファンディングサイト「Fannova」

L-Breath

新着記事



PAGE TOP
COPYRIGHT © SHUFU TO SEIKATSU SHA CO.,LTD. All rights reserved.