× CLOSE

かつてのアウトドア名品を、D.I.Y.で復刻!

手が入らない絶版品をD.I.Y.で復刻する!

アウトドアブームも手伝って、ヤフオクなどを見ると絶版となっているアウトドアギアがスゴく高値で取引されていることに気がつきます。

ヴィンテージアイテムって、もう簡単には手が入らないっていう大きな付加価値がついてるから、高値もうなずけちゃいますよね。

でも「簡単には手が入らない」っていうのは、D.I.Y.したアイテムだって同じこと。

手がかかった分だけ、簡単じゃありません。

そこで、現行品のアウトドアギアに色を塗って、世界にひとつだけのアイテムを作ることにしました。

どうせやるなら、高値で取引されている絶版品のあのキャンプケトルにそっくりなレプリカカラーで!

 

<材料>

caz04_h04d_m_A

キャンプケトル

caz04_h04d_m_B

直接火が触れるギアだから、塗料は耐熱スプレー

caz04_h04d_m_C

針金とニッパー、スコッチブライトとマスキングテープを用意。

caz04_h04d_m_D

さらにリベッター。高価に見えて1000円前後で買うことができる。

 

caz04_h04d_m_01

Start!

1_いきなりニッパーでリベットを破壊。しょっぱなから、もう後戻りできません。

caz04_h04d_m_02

2_塗装を乗りやすくするため、スコッチブライトでケトルにキズを付ける。

caz04_h04d_m_03

3_色を塗りたくない場所にマスキング。針金で持ち手を作る。

caz04_h04d_m_04a

4_塗料が付きやすくする下地材を薄く満遍なく塗る。

caz04_h04d_m_05

5_下地材が乾いたら赤、その次にクリアの順で塗っていく。

caz04_h04d_m_06b

6_クリアコーティングが液垂れ寸前のテッカテカになるまでたっぷり吹き付ける。

caz04_h04d_m_07

7_ケトルを塗り終えたら家族の許可をいただき、乾燥は電子レンジのオーブン機能で焼付仕上げ。

caz04_h04d_m_08

8_焼付時間は150度で30分ほど。オーブンは温度が一定になるので便利。

caz04_h04d_m_09

9_塗料が乾燥したらマスキングを剥がす。

caz04_h04d_m_10

10_<1_>で外したハンドル金具をリベッターで固定。

caz04_h04d_m_E

Finish!

焼付塗装は表面がカチコチに硬く艶ありで美しい。

*塗装や改造を加えることで、メーカーから修理・保証を一切受けられなくなる可能性がありますのでご注意を。

caz04_h04d_m_00

DIY planning:トリップ・オン・ザ・プラネット
photo:ULALA
text:アマキン

【PROFILE/アマキン】
本業はクリエイター。アウトドアアクティビティ、DIY、クッキングを得意とすると豪語しながら、すべてはプロフェッショナルには遠く及ばない「素人にしては、まあ上手だな」程度のレベル。それでも「アマチュア界の王様」と名乗る。


  • この記事が気に入ったらcazual(カズアル)に いいね! / フォロー しよう

  • L.L.Bean公式ショップ

  • 登山グッズといえば好日山荘

  • キャンプアウドドアグッズ特集

  • アルペンでキャンプグッズを探そう

クラウドファンディングサイト「Fannova」

クラウドファンディングサイト「Fannova」

L-Breath

新着記事





PAGE TOP
COPYRIGHT © SHUFU TO SEIKATSU SHA CO.,LTD. All rights reserved.